おはようございます。
お立ち寄りいただいてありがとうございます。

今日は 大寒ーーー(>_<)(>_<)
暦通りな気温とお天気です。

でもここまで来たら、むしろ春はすぐそこ!という気もします^^

朝の白い息を楽しんで
来る春を心待ちにすることにします。

皆様暖かく過ごせていますように。

訪問とっても嬉しいです。
よかったらゆっくりしていってください。
1aykogIMG_0337

昨日は 先日仕込んだ 挽肉のロールキャベツ。
なんちゃってデミグラス風なソースで煮込みました♪

一緒に人参も玉ねぎも煮ちゃって
寒い寒い昨日 ソースたっぷり ほかほかロールキャベツ。

1aykogIMG_0357



昨日の献立は

デミグラスソース風・ロールキャベツ。
焼きかぼちゃサラダ。
大根サラダ。
ねぎのチーズ焼き。

かきたまスープ。
へるしごはん。

1aaaaykogIMG_0322


かぼちゃは 柔らかく茹でたあとそのまま焼き付けて
はちみつとカレー粉をちょこっと。

大根サラダは千切りにして
レモン・お塩・オリーブオイル・粒マスタード。 シンプルにシャキシャキ食べました。

寒い昨日は 汁物もたっぷり欲しくて
かきたまスープ。

1aykogIMG_0288


デミグラス風ソースには
お野菜が色々合います♪
玉ねぎ・人参・ブロッコリー。
良い冷蔵庫掃除にもなりました。

1aykogIMG_0303



***デミグラス風ソース

玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・1/2本
ブロッコリー・・・1/2株


薄力粉・・・大さじ2
バター・・・20g
=A=
水・・・300cc
コンソメ顆粒・・・小さじ1
とんかつソース・・・大さじ3
トマトケチャップ・・・大さじ4

1)玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにする。
人参は乱切り、ブロッコリーは小房にわけ、塩(少々:分量外)を加えた熱湯で茹でる。

2)フライパンにバター、玉ねぎ、薄力粉、人参をあわせて
薄力粉が茶色くなるまでしっかり炒める。

1aykogP1010244


3)Aを加え沸騰させ、ロールキャベツを加えて
蓋をして15分煮込みブロッコリーを添える。

*ロールキャベツをさっと焼いたハンバーグに変えてもおいしいです。
*ロールキャベツは
挽肉150g 水切りしない絹豆腐150g ナツメグ少々をあわせた肉だねを
茹でたキャベツで包んだものをここでは使用しました。

1aykogIMG_0344



デミグラス風ソース、オムライスにかけたいー。と
ユウからリクエストがあったので
週末作ろうと思います♪


3bdf26e1今週のお買い物はこちらです→☆3bdf26e1
 3bdf26e1今週の仕込みはこちらです。→☆3bdf26e1



***読んでいただいてありがとうございます。
続きは家族日記です。
b3468f4a.gif離れていても 守られてる。82c51ca9.gif

母方の 祖父母の25回忌の話が出て
ああ、もうおじいちゃんと おばあちゃんと お別れしてから
そんなに経つのかと 祖父母と母の 故郷の
山形の風景を思い出していました。

仲の良かった
おじいちゃんと
おばあちゃん。

おばあちゃんが病に倒れてから
おじいちゃんの方が元気がなくなってしまって

”みやこさん(←おばあちゃんの名前)が いなくなったら
どうしよう・・・”と 

おばあちゃんが 元気なころの
色々を集めて泣いていた おじいちゃん。

そして急に おじいちゃんは、 お昼寝したまま
この世からいなくなってしまった。

本当に
本当に
おばあちゃんが 大好きだったから

先に行き過ぎて
結局は
おばあちゃんを迎えるように
先に逝ってしまった おじいちゃん。

”おじいちゃんらしいよね”と
おじいちゃんは 最後まで 子供や孫 親類たちを笑わせて
和ませてくれた。

おばあちゃんは 脳の癌にかかっていて
子供や孫が病院に行っても
私たちの名前もなかなか思い出せず、上手に話すことも出来なかったのに

最後はきっと 横におじいちゃんが居たんだと思う。
お見舞いに行くと おばあちゃんは
みんなの名前をゆっくり呼んで
笑って手を伸ばしてきてくれた。

雪国育ちのおばあちゃんの手は白くて 孫のわたしから見ても
とてもかわいらしくて いつも ニベアのにおいがした。

そしてそれからひと月も経たないうちに
おじいちゃんはおばあちゃんを迎えに来た。


***

母が 私の手に ニベアを塗りながら ちょっと笑って

もう、おじいちゃんと おばあちゃんは この世にいないのに
離れているのに 子育てされている気がするの。
離れているのに 守られてる気がするの。と言った。

おじいちゃんが おじいちゃんになる前
母のお父さんだったころ
おばあちゃんが おばあちゃんなる前
母のお母さんだったころは

もうずっとずっと昔なのに
まだ お父さんとお母さんに ”育ててもらってる”気がするの。

今は お母さんこそが、おばあちゃんなのにねーと
また笑う母。

私の手に塗った ニベアを 今度は
お父さんの手にも塗る母を見て
塗られるままの父の様子を見て

”離れてるけど 守られてる”

私も。と思う。

そうか。それは
今から もっともっと経っても 変わらないものなんだな。

そしてきっと私もそうでありたい。と思う
今は一緒に居れるユウだけど
離れても ずっとずっと守ってたいと思う。

そんなことを考えて
ユウの帰りを待ちました。
かけがえのない今を ぎゅーーーっと
抱きしめて

おかえりーと言いました。






コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. ふぅまま
    • 2017年01月20日 12:02
    • 親って…すごいですよね。
      母親になって、初めて気づく、親の暖かさ。
      老いていく両親に気づかないように過ごしている自分がいます。
      それと反対に、元気に大きくなっていく娘。
      私に親を教えてくれる娘。
      大切に大切に、守っていきたいです。
      おばぁちゃんの暖かさも、全部そのまま伝えたい。もちろんじぃじも(笑)

      何が書きたいのかわからなくなっちゃいましたが、いろいろ考えるきっかけをYOMEさん、ありがとう。
      さて、気合い入れて、とびきりの笑顔で、プレ幼稚園の娘をお迎えに行ってきます!
    • 2. ゆう
    • 2017年01月20日 17:14
    • デミグラスソースって難しく考えちゃってたのですが
      材料も少なく工程も少ないから
      料理初心者の私にでも出来そうです^ ^
      来週試してみますね^^
    • 3. りーぽん
    • 2017年01月20日 22:54
    • 私、よめちゃんのお母様のファンです^^
      おばあちゃんも素敵な方だったんですね~
      そしておじいちゃんも^^

      20代で母を亡くした私。よめちゃんのお母様話、好きです。
      母が生きていたらこんなふうに温かい言葉をかけてくれるんだろうな~
      なんて(笑)勝手にごめんなさい・・・

      親ってありがたいですよね。この世の中で誰よりも自分を護ってくれる。
      両親が亡くなったとき、無償の愛を無くした気がしました。
      今はその愛情を子供に注いでいます。
      時々うざがられるのでほどほどにしていますけどね。
    • 4. 美弥
    • 2017年01月21日 00:21
    • よめちゃん。

      離れているからこそ、守られてるな~と強く思う時もありますね。

      親元から離れて30年(笑)
      今の家族の方が長く居る。
      離れてる両親と後どれ位一緒に居られるか?計算式があると聞きやってみたことがある。
      2日と出た時にはびっくりして、寂しくなったのを覚えている。
      寂しいと思いつつ、いつまでも両親は居る。と思ってる自分も居る。
      両親の年齢を考えると、いつまでも居ないよな。って思う。
      なかなか帰れないけど、ちゃんと帰ろうと思った。

      おばあちゃん、みやこさんなんですね。
      同じ名前(笑)
      小さい頃から、この名前が好きではない。
      でも、よめちゃんのおばあちゃんと一緒と思うと、少し好きになれそう(笑)
      よめちゃんのおばあちゃんの様に、可愛らしく、おじいちゃんに愛される人でありたいな~♪
    • 5. YOME
    • 2017年01月30日 17:40
    • ふぅまま さま

      温かい 優しい 嬉しいコメントをありがとうございます。
      ほんと、ほんと
      ふぅままさんのいう通り。親ってすごいな。と思います。
      そして同じく
      >>>老いていく両親に気づかないように過ごしている自分がいます。

      →私も。です。

      白髪交じりの髪の毛を見て勝手に怖くなったりして・・・
      でも親は笑って”終活”の話なんてしてきたりするんです。

      そして、そこも 親ってすごい と思う。

      ”私”を生んで そだてて、 そしてこの世からの去り方までも
      教えてくれているのかと思うと・・・。
      >>>私に親を教えてくれる娘。
       本当にその通りだと思います。

      過去からずーっとずーっと繋がってきた
      愛情をしっかり伝えたいと私も!思います。

      >>>何が書きたいのかわからなくなっちゃいましたが、→ううん。
      絶対伝わっている、わかる!と言いたい!

      プレ幼稚園のお迎えお疲れ様です^^

      娘さんも ふぅままさんも
      離れた時間 さみしくもあり、頼もしくもある時間でしたよね^^

      貴重な時間にコメントいただいてありがとうございました!



    • 6. YOME
    • 2017年01月30日 17:43
    • ゆう さま

      嬉しい温かい優しいコメントをありがとうございます。
      デミグラスソース、本格的に作ったら
      子牛の骨を・・・みたいなこともするのだと思うのですが
      ポイントは 薄力粉をしっかり焦がすこと!位です。

      あとは とんかつソースに入ったスパイスや
      煮詰めるケチャップで お手軽ですが
      いい感じに仕上がると思います。

      ゆうさんのお好みの味に
      お口に合いますように!
    • 7. YOME
    • 2017年01月30日 17:52
    • りーぽん さま

      いつも暖かい、優しい 嬉しいコメントをありがとうございます。
      >>>私、よめちゃんのお母様のファンです^^
      → うれしいです。ありがとうございます。
      全くの余談ですが ワタシと母の顔、そっくりなんです^^
      30歳違いの母と 学生時代から間違われる私・・・。
      私が犬の散歩してると、母の友人が話しかけてくるし、
      私のいない場所で 母を見た同級生が
      ”お前にそっくりな人がヨーカドーで買い物してた!”とか
      言われちゃうくらいそっくりです。

      なので、母のファンと言われると
      これまたうれしい^^

      そして、子供を産んで思うのは
      この子を思う気持ちはどこにも行かない!ということ。
      身体はここからいなくなっても
      気持ちはずっとずっとユウのそばにいる。いれるはず!と
      思って信じている自分がいます。

      りーぽんさんのお母様、今もずーっと守ってくれていますね。
      りーぽんさんの子供も。子供との間の空気も。今も。

      りーぽんさんの”うざがられるほどの(笑)”愛情は
      お母さんから受け継がれたもの。
      お母さんの分もと思うりーぽんが 素敵で
      そんなりーぽんさんを誇らしくお母様は傍で見ている!と
      思っています。

      なんだか大声に(?)なっちゃいましたが。

      りーぽんさんへ
      そしてりーぽんさんを護ってくれているお母様へも
      想いが届くように送信ボタンを押します!
    • 8. YOME
    • 2017年01月30日 17:59
    • 美弥 さま

      いつも暖かい 優しい 嬉しいコメントをありがとうございます。
      そうなんですよ。
      美弥さんからコメントをいただいた時から思っていました。
      あ。大好きなおばあちゃんと同じ名前だー!って・・・。

      ただ、美弥さんよりずっと年上なみやこさんなので
      ”同じ”と言うのもな・・・と思っていましたが・・・。
      みやこさん、かわいいです。孫の私から見ても。
      美弥さんみたいに子供が好きだったおばあちゃん。子供ながらに愛されているなあと
      思って幸せでした。私。みやこさんの孫でよかったと思います。

      私は24歳で結婚して、今結婚19年目なので
      あともう少しだ・・・。でも一人暮らしを始めたのは22歳だったから
      もう離れて暮らしている時間と”子供”としてお家に居た時間と
      同じになったんだなあ。と改めて考えました。

      気持ちはまだまだまだまだ甘えっぱなしだけど・・
      ほんとちゃんと帰らなくちゃ
      感謝の気持ちを伝えていきます。私も!
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット