おはようございます。
神奈川県は青空の気持ちのいい1週間でした。
青空だと、寒くて背中が丸まっても
しゃん!として 上を向きたくなります。

ありがとう!青空!!

皆さま、温かく過ごしていますように。

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。
よかったらゆっくりしていってください。

1aykogIMG_4840




鶏スープをとりました。
またまた出し殻&鶏スープ生活。
ラクチンで献立が出来るのでやめられません♪

出し殻と白菜、切昆布と 梅干しをあわせて
炊きました。
煮汁が沸騰して白菜に火が通ったらもう出来上がり♪
白菜からも甘みが出て煮汁事くいーっと食べられます。


1aykjogIMG_4856


昨日の献立は

出し殻お肉の 梅昆布煮。 
茶碗蒸し・トマト・おかかのっけ。
べか菜・京菜・しょうがのお浸し。
かぼちゃの焼いたの・・・。

へるしごはん。
ちぢみ小松菜と端っこ大根のお味噌汁。

IMG_4795



茶碗蒸しにはかつおぶしと トマトのっけ。
ごま油ちょこっととお塩をかけて食べました。

お浸しはごくごくシンプル。
お出汁100ccに小さじ1弱の薄口しょうゆ。
しょうがたっぷり♪

かぼちゃは きんぴらにしようかなーと思ったけど
茶碗蒸しにごま油かけるしなあ・・・
と ただ、焼いただけ。でもこれがおいしかったー。
もっと焼けばよかったです。

お味噌汁には
先日のぶり大根の残りの大根の皮がたっぷり。

1aykogIMG_4814



そして
出し殻お肉の 梅昆布煮。

鶏スープに昆布・梅干し・白菜のうまみが入って
おいしい♪
さっと煮るだけでOKなのは出し殻お肉だから♪
1aykogIMG_4828


煮汁がたまりません♪

1aykogIMG_4822


***出し殻お肉の 梅昆布煮。 4人分

鶏ももスープの出し殻お肉・・・1枚
鶏ももスープの取り方はこちら→☆

白菜・・・1/8株
切昆布・・・8g
人参・・・1/4本

梅干し・・・2~4個

鶏スープ・・・400cc(なければ400ccの水に鶏ガラスープの素小さじ1)
薄口しょうゆ(市販の鶏がらスープの素を使った場合は加減してください)・・・小さじ2


1)白菜は幅5㎝に切る。人参は花形で抜き、お好みでねじり梅にする。
出し殻お肉は食べやすい大きさに切る。

2)鍋に1・鶏スープ・うめぼしをあわせて(スープが少ない感じですが
白菜からも水が出るので大丈夫です。)

3)中火にかけ沸騰したら
蓋をして白菜がくたっとするまで煮る。
火を止めて薄口醤油で調味する。

1aykogIMG_4849



夜は寒かったので
つゆだく煮物、あたたまりましたー。

*読んでいただいてありがとうございます*
*皆様良い金曜日の朝を過ごしていますように*




3bdf26e1今週のお買い物はこちらです→☆3bdf26e1

3bdf26e1今週の仕込みはこちらです→☆3bdf26e1






b3468f4a.gif一緒に本。82c51ca9.gif

1aykogP1010036


去年のクリスマスは
ユウへ ダウンベストを お父さんサンタから。
そして お母さんサンタからも、
何か・・・と探していました。

ベストも一緒に選んだけど、
私からは この本も。

これが なかなか面白くて
家族で はまってます^^

ユウが 好きな本の シリーズものは知っているんだけど
いつも読んでいる小説みたいのではなくて
あまりユウが自分からは見つけないものがいいかなあ・・・と

と探していて見つけた本。

世界の”危険動物”とかも好きな彼女なので
きっと”ざんねん”も楽しいはず!!


一緒に選んでくれた 黒幕も気に入って
もちろんユウも気に入ってくれて

ユウの本棚には収まらず
リビングの新聞いれの常連本になりました。

朝食が出来るまでの 数分とか
習い事に行く前のちょっとの間とか
お風呂が沸くまでの 合間とか

ユウ一人で、そしてかなりな確率で
お父さんとユウで
一緒に本を囲んで読んでます^^


一緒に本を開いて
一緒に笑って
”これも、おもしろかった。”
”あれは 知らなかった。”と
ページを行き来しながら楽しそう。

もう6年生のユウに
絵本を読むことはなかったから
(時々、絵本開くとくっついてきて
「よんでー」とかも言ってくるけど^^)

こんな風に本を挟んで笑い合えるのは
うれしいなあと

ユウとお父さんの二人の様子を眺めています。

コメント

コメント一覧

    • 1. あづくみ
    • 2017年02月04日 14:46
    • いつも楽しく拝見しています。
      質問&リクエストです。

      煮物が一緒に煮ているとは思えないぐらい、キレイに盛りつけされていますが、鍋の中の写真も見てみたいです。

      昆布が野菜と混じったりとかしていないので、不思議に思って質問させていただきました。


    • 2. つばめ
    • 2017年02月07日 07:53
    • 我が家もこの本が大好きで、パパと娘2人で楽しんでます(≧∀≦)

      私はこーゆーのは怖くてちょっと苦手なのでw

      でも結局後から勉強の成果を披露されて、聞かされることになるんですけどねw
    • 3. YOME
    • 2017年02月19日 08:29
    • あづくみさま

      コメントをありがとうございます。
      見ていただいてうれしいです。
      リクエストも嬉しいです。

      >>>煮物が一緒に煮ているとは思えないぐらい、キレイに盛りつけされていますが、鍋の中の写真も見てみたいです。
      →遅くなってしまいましたが
      鍋の中日記、書きました^^

      http://yomecafe.blog.jp/archives/13835307.html

      ”鰤の照り焼き。と 献立。と鍋の中。 ”

      良かったら見てみてください。

      母は、ここぞ!という煮物(来客の時やおせち料理とか)は
      野菜別、食材別に煮ていたのですが
      私の場合は、(ここぞ!という時も)鍋の中で
      なんとなく分けて煮るスタイルです^^

      肉じゃがとかシチューとかは
      一緒に煮ちゃうんだけど
      油揚げと蕪 とか なんとなくお鍋の中で
      分けて煮てます。

      お揚げや昆布のうまみは煮汁を通して
      他の素材に絡んでいくので
      しっかり混ぜずとも味がなじみます^^

      質問ありがとうございました♪
      お返事遅くなってしまってごめんなさい!!!

    • 4. YOME
    • 2017年03月01日 08:58
    • つばめ さま

      うれしいコメントをありがとうございます。
      お返事がとってもとっても遅くなってしまってごめんなさい。

      この本、かわいいですよね。
      あ・・・つばめさんは 怖いのか・・・。

      怖いって感想がまた かわいいな^^

      全然関係ないけれど
      そろそろ”つばめ”の季節ですね。
      GW頃から つばめ が来るのが毎年楽しみな私です♪

      ”つばめ”さんがコメントくださったお陰で
      春の楽しみを早くも思い出しました。

      ありがとうございます♪
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット