こんばんは。
お気に入りものことです。

よかったらゆっくりしていってください。

1aykogIMG_7891


9歳まで父の勤務先の舎宅に住んでいました。
間取りはなんていうんだろ。3Kかな。
6畳二間4畳半一間そして4畳くらいのキッチンがついていました。

そこへ父と母と三姉妹、父の妹(私にとっては叔母)と住んでいました。
広いとは言えないけれど 父が押入れを二段ベット風にしてくれて
母がそこへカーテンをつけてくれて洋風(?)な感じに仕上げてくれて
なかなか楽しい舎宅生活でした^^

1aykogIMG_7916


そして2月になると大掃除。
おひな様を飾るために。
2か月前にしたばかりなのに
2月のおトイレ掃除は
学校に行く前から母がおトイレ掃除をしていて
帰ってきてもまだおトイレ掃除をしていた。

”さむいのにー”と言うと

”おひな様飾るからね♪”と
楽しそうな母。

1aykogIMG_7878

童謡、ひなまつりの歌をハナウタで歌いながらせっせとお掃除をしていて
おトイレ掃除をした翌日に
当時流行りだった7段飾りのおひな様が並んだ。

7段の飾りの中に並ぶ
おひな様たちが乗る籠
立派な花嫁箪笥
小さい小さいお茶の道具
を見るのが好きだったな。

1aykogIMG_7923


おひな様を飾るのは
おトイレ掃除をしてからなのだと思っていた。

母のように何時間も
おトイレ掃除をすることは
なかったけれど

きっとなんとなく
女の子のお祭りだから
おトイレ掃除をすると色白の子が生まれるとか
美人になるとか
そういう意味があるんだろうな。と思って過ごしてきた。

12年前のユウの初節句、
11月生まれの彼女なので
おひな祭りはまだまだ小さい彼女を抱えてバタバタな
私。本来はお客さんである母に
電話で”申し訳ないけどトイレ掃除の道具買ってきて?”とお願いしたら
不思議そうな母。

母は、買ってきた掃除道具を私に渡しつつまだ不思議そうな様子なので
”おひな祭りの時はトイレ掃除しなくちゃなんでしょ?”と言うと

”ええええ???”とびっくりする母。

1aykogIMG_7914



よくよく聞くと
あの舎宅時代から飾っていたおひな様は
母の母から買ってもらった大切なもの。
でも 当時住んでいたその 舎宅では
どうしても
どうしても
飾る場所が限られて
壁を隔てた反対側は
おトイレ。という場所しかなかったから

おひな様に申し訳なくて
数時間かけて毎年おトイレ掃除をしていたんだ。という母でした。

1aykogIMG_7902

そうか
日本全国、おひな祭りのお人形は”早く片づける”みたいに
おひな祭り前にはおトイレ掃除せねば。みたいなものがあるのだと
想っていたけれど、それは ただの我が家の当時の住宅事情
が理由だった様子。

1aykogIMG_7936


でも、
その事情がわかってからも
おひな祭り前のおトイレ掃除はなんとなく
色々な想いをこめて習慣化。

ユウが色白になりますように
ユウが美人になりますように
ユウが幸せになりますように。

1aykogIMG_7931


トイレクイックル、厚手で丈夫♪
ぐいぐい気持ち込めてお掃除できちゃうし
奇麗にするだけでなく、
におい汚れも分解
バラのいい香り。
一日消臭
ニオイプロテクト

そして箱もとってもかわいいな^^

小さなお部屋に
立派な7段飾りのおひな様が飾られたお部屋の風景
お掃除から始まって2日がかりで飾るおひな様
姉が嬉しそうにおひな様の顔を見る姿。
妹がいたずらな顔でおひな様のお道具に手を伸ばす姿
父が私たちをおひな様の前に並べて
”めんこい めんこい”とあえて母の故郷の言葉で
褒めながら写真をとってくれる姿。

そして
母の掃除姿。

1aykogIMG_7891


おひな祭りには思い出す風景が沢山。
一番に思い出すのは 母の掃除姿。
さ、私も女の子の親として

しっかり!おトイレ掃除して
そしておひな様を飾ろうと思います。


*****


お気に入りものこと、
最後まで読んでいただいてありがとうございます。


*読んでいただいてありがとうございます。

3bdf26e1今週のお買い物はこちらです→☆3bdf26e1

もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!


***皆様良い金曜日の夜を迎えていますように。
良い夢を♪





コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット