こんにちは。

暖かな春の週末になりました。
皆様のところも 暖かな春の日差しが
届いていますように。

春眠・・・ねむいーーー。
でもやることいっぱいなので
えいえいおー!と起きています。


お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。

1aykogIMG_8790



今週も黒幕も私も自宅で色々しなくちゃいけないことがあります。
せっかくいいお天気なのに・・・なあ・・・と
ユウと遊びたいと思っていたけれど・・・
当の本人は特に親と遊ぼうとも思ってないらしく、

昨日もお友達と図書館へ出かけ
今日はお友達が家に来ています^^

にぎやかで かわいい♪
女の子のおしゃべりの声を贅沢にもBGMにして
作業がはかどります^^

1aykogIMG_8809


お礼(?)代わりに作ったミニブッセ。
カスタードと生クリームのダブルクリームで
いちごをサンド。

全粒粉で作ると香ばしくておいしい。

1aykogIMG_8812


カスタードも全粒粉で作ったので
なんだか落ち着いた色合いです。

1aykogIMG_8806


上面に粉糖を振ってから焼くので
カリッと香ばしい生地になります。

1aykogIMG_8795

いちごのお菓子って
それだけでワクワクするなあ。

お友だちも喜んでくれました。
良かったー。

***全粒粉のミニブッセ。約15個

卵白・・・2個分
卵黄・・・2個分
砂糖・・・30g

全粒粉・・・40g
粉糖・・・適量

*カスタードクリーム*
卵黄・・・1個
牛乳・・・100cc(レンジで20秒くらい温める)
砂糖・・・大さじ2
全粒粉・・・大さじ1

生クリーム・・・50cc

苺・・・5個くらい

*下準備*
オーブンを180度に温めておく。

B-1)ブッセを焼く。
卵白を泡立て角がたったら砂糖を加えさらに泡立てしっかりしたメレンゲを作る。
卵黄を合わせて、さらに泡だて器で混ぜ、全粒粉をふるい入れる。
絞り袋にいれる(底面の角を切ったビニール袋で代用しても)

B-2)天板にオーブンペーパーなどを敷いて、
1を直径4㎝位の円形に絞り、粉糖を上から振る。

180度に予熱を上げたオーブンで12~15分焼く。


*焼いている間にカスタードクリーム、生クリームを作る。

C-1)卵黄に砂糖を合わせてクリーム色になるまですりたてる。
C-2)薄力粉をふるい入れゴムべらで切りまぜ、粉っぽさが無くなったら
牛乳を加え混ぜ、フライパン(出来ればテフロン加工のもの)に入れて
絶えずなべ底をかきながら沸騰させ、とろみがつくまで炊く。
C-3)清潔なバット等に流しいれ、ラップをして保冷材などをのせて急冷させる。

C-4)生クリームは角が立つまで泡立て、星口金のついた絞り袋に入れる。

*組み立てる

ブッセにカスタードクリーム、生クリーム、苺をのせ、もうひとつのブッセで
サンドする。



*読んでいただいてありがとうございます。


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!


***続きは家族日記です。
皆様良い日曜日の夕方を迎えていますように。








82c51ca9.gifお兄ちゃんだった。b3468f4a.gif

1aykogIMG_8813


昨日は3月11日。
近所の男の子が毎年毎年毎年
あの地震からずっと
お花を届けてくれます。

東日本大地震の日、
両親ともに都内で働いている彼を
夢中で学校へ迎えに行った。
そして我が家で朝まで一緒に過ごした。

そして我が家も同じく
黒幕は会社から当日中には戻ってこれず、

夜、我が家は お仕事仲間2人
ユウと私、そして彼。

ユウは年長さんで
彼はまだ 2年生だった。6年前。

去年彼には身長を抜かれてしまって
地震から5年経ったことを彼の身長で感じたんだった。

6年経った今年は
”大きくなった”彼よりも
”小さかった”彼を思う。

だって たったの2年生だったのか。あの時の彼は。


繋がらない電話の伝言ゲームで
両親と満足に話も出来ないまま
近所のおばさんの家とはいえ、
朝まで過ごしたこと、

どんなに
どんなに
心細かっただろう。


夜カップラーメンを
みんなで食べて
彼はちゃんと
”ごちそうさまでした”と言ってくれた。

女性だらけの中で
彼の存在は どことなく
心強かった

ぺろりと平らげたラーメンのたぺっぷりに
ほっとした。

”もっとたべなよ―!”と
お腹空いたよね?と やいやい
女性陣が声かけると

あどけない顔で笑ってくれて
やっぱり・・・小さかったよな。

あの日はこの辺りは停電になってしまったので
暖房も切れて
夕方にはまっくら。
小さい懐中電灯の中
みんなでお布団をあわせて寝た。

あの時彼は 
寒くなったかな。
寂しかっただろうな。

でも
泣き言どころか
今の状況や
親のこと
地震のことを
聞くでもなく

ただただ
ユウと遊んでくれて
お兄ちゃんだった。

私も ただ”ユウより”大きいというだけで
お兄ちゃん扱いで

”遊んでくれてありがとう”なんて言って
甘えていたけれど

2年生だったんだよな。
まだ2年生だったんだよな。

停電の中
早くに夜が来て
随分と早い時間に就寝したと思うのに

彼は翌朝、彼のお母さんが迎えに来た朝10時過ぎ
熟睡してた。

多分長い時間
眠れなかったんだろう。
寝付けなかったんだろう。
2年生だった彼は。

あの日は
混乱の中一晩子供と離れて過ごした
彼のお母さんを想うと 胸がつぶれそうになったけど

大きくなった今年の彼を見て
2年生だった彼が
自分の家じゃないところで
両親に会えず混乱の中一晩過ごしたのは

どんなに
どんなに
怖かっただろう

と思う。

小さい
小さい
でも
ちゃんと”お兄ちゃん”だった彼は

毎年
お母さんと一緒に
お花を持ってきてくれて

去年は一人で来てくれた。

あまりおしゃべりでない
彼は

話しかけると
答えてくれる感じだった去年。

今年は
ありがとうございました。の後
お花の説明までしてくれた^^

声変わりした彼の声に
ようやく慣れたな。私。
去年よりまた背も伸びて。

すくすくとまっすぐ大きくなってる彼を見てると
お兄ちゃんだった彼は
ますます
お兄ちゃんになってた。

気持ちが引き締まる。
忘れちゃいけないことちゃんと胸に。私も。






コメント

コメント一覧

    • 1. 美弥
    • 2017年03月12日 19:31
    • 5 よめちゃん。

      小さいブッセ 可愛い~♪
      イチゴとカスタードと生クリーム ナイスな組み合わせですね。

      昨日、パン教室へ行って来ました。
      昨日はパンとシュークリームを作ったんです。
      シュークリームと相性が悪いのか(笑)膨らまず 先生の温情で3回もやらせてもらったのに・・・
      3回とも失敗!
      しかも4人中1人だけ・・・ちーんでした。
      先生も 申し訳なさそうで・・・その姿を見て 申し訳ないが倍増してしまいました。
      練習あるのみです。
      昨日のシュークリームに入れたのか、正にこの組み合わせ。
      ぺちゃんこのシュー生地に無理やり切り目を入れ、突っ込みました。
      あ~可愛そうなシュークリームでした。イチゴもカスタードも生クリームもガッカリだっただろうな~。

      あの日から6年ですね。
      毎年 この少年の事を よめちゃん書いてくれますよね。
      毎年 涙します。あの時の心細さ、強さ、時が経つに連れて あの時には感じなかった感情も知る事があるんですね。
      あの時、よめちゃんやユウちゃんが居てくれて良かったですね。
      そして、よめちゃんやユウちゃんも 少年が居てくれて良かったですね。

      風化させちゃいけない。と改めて思う3月11日でした。
    • 2. YOME
    • 2017年05月24日 05:06
    • 美弥さま

      いつも 温かい優しい嬉しいコメントをありがとうございます。
      またしても いつもお返事がこんなにも遅くなってしまってごめんなさい。

      シュークリーム・・・私も何度も何度も失敗したことがあります。
      私的にシュークリームは 絞り出すときの温度!と思っていて
      あつあつ(生地が40度位)で絞ってすぐに焼くと失敗がないかな。と思っています^^

      ”がっかり”なんてしませーーん!
      カスタード&生クリーム&果物は手作りシュー生地に挟まれて幸せなはず!
      美弥さんのシューだし!!

      3月11日の日記
      毎年読んでくれているんですね。
      とてもうれしいです。
      共感も本当にありがとう。

      毎年彼の成長に沢山のことを学んでいます。

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット