こんばんは。

台風で月曜日が休校になったので
なんだか今日が月曜日のような感覚・・・。

なんだかワタワタしてしまいます。
そしてさむーーーい!

皆様体調管理などなどお気を付けください。

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。よかったらゆっくりしていってください。

1aykogIMG_2475

清々しかった昨日は
ハンバーグにしました。
暖かいお昼でしたが夕方からは
やっぱり秋の涼しさ。煮込み系が食べたくて
1aykogIMG_2491


昨日の献立は
煮込みハンバーグ
焼き蕪のマリネ
コールスロー
海苔ときのこのスープ
焼きカボチャ
1aykogIMG_2467

コールスローはレモンフレーバーオイル→☆とお塩で絡めただけ。
野菜がたっぷり食べられます♪

そして最近、海苔&パセリがおいしいなーと思っています。
しみじみした海苔の風味に緑の味が好きな感じ。

かぼちゃははちみつカレーでソテー。

1aaykogIMG_2503


煮込みハンバーグはお豆腐ハンバーグで。
しっとり柔らかくて火通りも早い&何より 罪悪感少な目^^
嬉しいハンバーグです。
1aykogIMG_2513


目玉焼きのっけてどうぞ♪


***煮込み豆腐ハンバーグ。 4人分


合いびき肉・・・300g
絹豆腐・・・150g

=煮込みソース=


玉ねぎ・・・1/4個
人参・・・1/4本
水・・・200cc


薄力粉・・・大さじ2

=A=
オリーブオイル・・・大さじ2
トマト缶・・・1缶
にんにく・生姜(みじん切り)・・・各1片
トマトケチャップ・トンカツソース・・・各大さじ3
赤ワイン・・・50cc
塩・・・二つまみ



ハンバーグを作る。

ハー1)ひき肉に塩(ひとつまみ:分量外)ナツメグ(あれば:分量外:少々)黒コショウ(少々:分量外)を加えて粘りが出るまでよく混ぜお豆腐(水切りしないでOK)を加えてよく混ぜる。



ハー1)

フライパンにオリーブオイル(大さじ1:分量外)を温めて1を並べ、両面焼き色を付けたら
50ccのお水を入れて 蓋をして弱火で蒸し焼きにする。


煮込みソースを作る。

ニー1)

人参は乱切りにして、玉ねぎは2,3ミリ厚さのイチョウ切りにして
分量の水(贅沢に野菜スープ→☆で 茹でても。)で柔らかくなるまで茹でる。


薄力粉をフライパンに入れてきつね色に
なるまで炒りつける。

これ位の色までしっかり。


ニー2)1の薄力粉にAと人参の煮汁ごと加え良く混ぜ、(煮汁だけで150ccは欲しいです)
沸騰させ、弱火で5分煮込んでとろみをつける。


ハンバーグとあわせて 軽く温めて出来上がり。
お好みでハーブを添える。

1aykogIMG_2481

ユウがこの食卓をみて
”ハロウィンってこと?”って聞いてきました^^

特に意識はしてなかったけど
黒いマットに紫のお皿&かぼちゃのおかず
確かにそうかも・・・です。


***家族日記はこの下です。


皆様良い火曜日を迎えていますように。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます 
82c51ca9.gif永遠を想う。82c51ca9.gif

お友達と居ること、話すことが楽しくて仕方がないという感じのユウ。
夕飯を食べながらそんな友達とのアレコレを
笑ったり、時には泣いたりしてまで話す。

あまりにも興奮していて
コトの成り行きがちょっと解らなかったり
あれ?話飛んだ?って事もよくあるんだけど

楽しそうだから まあいいか。

私も中学生の時、こんなことあったな。
いつまでも いつまでも お友達と話してた。
毎日会うのに、話すことは沢山あった。

母がよく言ってた
”高校時代の友人は一生よ”という言葉に
いやいや、中学時代もでしょう!なんて思っていて

”一生”という言葉をわりと簡単にとらえて
永遠を想ってた。

40歳を過ぎて
10代の初めに永遠を想っていたことを
振り返ると解ってる風だった自分に恥ずかしくなるけど でも

やっぱり
中学時代の友人も一生だった^^
もっと言えば小学校からの友人だってそう。
もちろん
高校やそれ以降、大人になってからの
友人とも勝手に永遠を願ってしまう。

会える頻度は想像したよりもずっとずっと少なくなって
しまったけれど。


そう。ユウ、一生だよ^^
良いお友達たちがいて良かったね。
楽しいありがたい出会いがあってよかったね。


どんなに ユウを想っていても
親が出来ることはほんのほんの少し。

何にも出来ないけど
でも ユウも人との出会いに永遠を感じたり
数十年後にそれをまた温かく思い出せたり
出来ますように と 祈ってる。

ユウが楽しそうにお友達とのことを話す様子に
永遠を想う夜でした。