こんばんは。
朝 すごい顔して起きちゃいます。
すごい怖い顔して洗濯物干してます

寒い!!!

皆様暖かく過ごせていますように。

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。

1aykogIMG_1905


MY BIRTHDAYの今日です。
釣りの師匠からキンメダイを頂いたので
1aykogIMG_3034
じゃじゃーーん!


これしかないでしょ!ってキンメのお刺身。
そして一緒にいただいたクロムツもお刺身で。

1aykogIMG_3082
↑師匠の現場
こんなだったらしい!!!
す・す・す・すごすぎる!!


いつかこんなの釣ってみたい!

1aykogIMG_1918


今日の献立は
キンメとクロムツのお刺身。
白菜と豚肉のさっと煮
平茸入り茶碗蒸し
大根と人参の梅和え

ほうれん草と大根の皮のお味噌汁
へるしごはん

1aykogIMG_1881



副菜、いつもと変わらない感じ
いつものごはん
いつもの手順
そして家族の好きな いつも

は 私が”特別な日”に食べたいものに
なっていました。

1aykogIMG_1927


お刺身定食にケーキって合わないけど
でもいいの。
おうちごはんだから
家族の好きなものが一番!
お誕生日だしね。

1aykogIMG_1945



おめでとう を ありがとう。
何度お誕生日を迎えても思う。
ユウに会えた私の人生はなんて幸せなんだ!!!

1aykogIMG_1913

小・中・高・短大時代の友人
20代 30代 40代になってからの友人も
ママ友も ユウのお友達も!!
メッセージをありがとうーーー!

***続きは家族日記です。

ほったらかしパンの本 発売中です→☆


***家族日記はこの下です。
皆様良い金曜の夜を迎えていますように。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!
 


82c51ca9.gif真ん中っこ症候群。82c51ca9.gif


三姉妹の真ん中に生まれた私。
みんながみんな 決してそうではないのだろうけど
よく言われるように
”扱いにくい””ひねくれもの”な真ん中っこな私。

自負しているくせに
時折そんな自分を目の当たりにして
勝手に落ち込んだり
自分を嫌いになったり
開き直って歩き出す、私。

十代の頃なんて特に
親が困った顔をするたびに
理由は別のところにあるのだろうに
”あ、扱いにくいって思ってるんだろうな”とひねくれた。

病弱な姉や妹に嫉妬して、いつも忘れられているような気がしていた。
両親に認めてほしくてなんでも一人でやろうとした。

認めてほしいのに家族の輪に入るのは
恥ずかしいような難しいような、迎え入れてもらってないような気にもなった。

三姉妹で歩く時は 姉と妹が手を繋げばいいと、初めからこちらからは
手を伸ばさず、あえて忙しそうに常に手に何かを持って手が繋げないようにした。
”二人”が居心地悪くならないように離れて歩いた。
優しい姉が大好きなのに
かわいい妹が大好きなのに
一人が楽しいふりをしてた。

随分長い事ひねくれもので
今でも ねじねじしたままの自分を見つけることもある。

けど
でも

こんなひねくれものの私の
根っこを 真から ゆっくりとまっすぐにしてくれたのは
ユウだと思う。

両親も姉も妹も私を 大切にしてくれたと感じるし
信頼する友人も 尊敬する友人も 
かけがえのない家族も

私を救ってくれたと
感謝でいっぱい

その感謝に気づけたことも
ユウに会えたから。

我が子というかわいらしさよりも
もっと助けられている
助けてくれているユウ。

”ひねくれもの”の私のこと。

ユウは一人っ子で
私とは全然違う。
ねじねじした私とは全然違う。

素直に怖がる
素直に怒る
素直に笑う
素直に泣く

やせ我慢したり
苦笑いしたりしない
かっこつけたり
気持ちをごまかして過ごしたりしない。

ユウが13歳になって
ますます思う。
私が13の時とユウの13歳は全然違う。

ユウの素直な そのままな
喜怒哀楽が
ゆるゆる私を溶かしてくれてる
今の私を。

思春期反抗期の当時の私を
ユウが優しく許してくれるような気がする。

ねじ曲がった私の根っこを優しく気持ちよく
戻してくれるユウ。

ありがとう。ユウ。
13歳だった私からも ありがとう。


・・・今日沢山の お誕生日メッセージをもらいました。
ユウが居なければ会えなかった人ばかり。
ユウが居てくれたから今ももっと強く繋がれていると思う人ばかり。


ひねくれ真ん中っこの私が
ユウにどれだけ助けられているか

年齢を重ねるほど強く感じる誕生日。

ありがとう。ユウ。
ユウのお陰で
大袈裟でなく
”生まれてきてよかった!”と思うんだよ。