こんばんは。


今週末はクリスマス。
去年からサンタさんではなく
家族でそれぞれに贈り合うクリスマスにしました。

すごーーーく悩んで決めてきました。

クリスマスイブまであと3日!

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。

1aykogIMG_2472

今日はぶり大根。
この冬何度食べるだろ^^

大根炊いてる香りをユウが察知して
”やったー”といいます♪

1aykogIMG_2491

今日の献立は

ぶり大根。
ごぼうの梅きんぴら
白菜の生姜煮
平茸入り茶碗蒸し。

お豆腐とねぎのお味噌汁。
へるしごはん。

1aykogIMG_2459

ぶり大根や青魚料理の時は
梅風味の副菜をつけるのが好きです。

さっぱりしておいしいー。
生姜たっぷりの白菜の煮物も好きな感じでした。

1aykogIMG_2478

昨日具合が悪くなって帰ってきたユウだけど、
すっかり熱も下がって
朝から元気に登校しました。

”席替えだから絶対休みたくない!”んだそうで・・・。

いいなー。席替えのドキドキワクワク。
大人になったらないもんな。

***続きは家族日記です。

ほったらかしパンの本 発売中です→☆


***家族日記はこの下です。
皆様良い木曜の夜を迎えていますように。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!

82c51ca9.gif大切な人の年齢 大切な人の時間。82c51ca9.gif

友人のお誕生日だったので
おめでとうと連絡をしたら

亡くなった父の年齢になったよと
返ってきた。

変な感想だけど
お誕生日にしっかりと死に向き合う彼女が
清々しくて

返信のメッセージを何度も読み返してしまう。

大切な大切なかけがえの無い人をなくして、
その人の年齢を超えるときというのは
どんな気持ちなんだろう。

そういえば私の母も随分前、
母の母が亡くなった年齢の誕生日を迎えた時に
同じことを言っていた。

スマホを抱えて
言葉の出ない私に
ユウが”おかあさん?平気?大丈夫?”と
手を繋いできてくれる。

昨日まで具合の悪かった彼女なのに。優しいな。(親ばか)

13歳のユウだけど
今のユウなら大人同士話せそうな気がして

そのまま伝えた。

大切な人がこの世を去った時の年齢を
超える時ってどんな気持ちなんだろうね?

と言ったら

だまってしまった。

ユウはまだこんなに小さいのに
大切な友人をなくしている。
毎年友人の命日周辺になると
急に泣き出したり、怖がったり、眠れなくなったりする。

私自身は23の時に
大切な大切な友人をなくした。

連絡を受けてからの1週間は
どんな風に過ごしたかを思い出せない。
眠れなくても朝が来て
会社に行き、夜はただただ友人の友人に連絡をして
見送ることを手伝った。

13歳にはまだまだ重いであろう
私の友人の話まで共有させてしまったけれど

ユウと一緒に考えたかった。

生まれることと
この世を去ることと。


二人で 答えらしい答えが出た訳ではないし
言葉に出来ない気持ちばかりだけど

例えば誰かに言う言葉一つ、
誰かに向ける表情一つ
感情そのまま簡単に投げちゃいけないなと思う。

大切な人が欲しかったであろう時間を想う冬の夜。