こんにちは。


台風が過ぎ去って青空が見えて来ました。
せみも元気に鳴いています。

立秋をすぎてもまだまだ夏!

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とってもうれしいです。

よかったらゆっくりしていってください。
yhf朝夜5

昨日に引き続きお弁当日記です・・・。
これは今週月曜日のお弁当。

部活は夏の大会・本番。
お昼も夜もお弁当がいるというので2つ作りました。

こんな日のお弁当は
おかずが被らないように同じ食材で2種類づつおかずを作り
組み立てます。

お昼弁当・夜弁当は他にもこんなのも♪
***

お昼弁当・夜弁当4→☆(お昼:生姜焼き ちくわの磯部揚げと夜:くるくるとんかつ おくら入りちくわのお弁当)
お昼弁当・夜弁当3→☆(お昼:チンジャオロースと筍の煮物と夜:お肉海苔巻き・たけのこフライのお弁当
お昼弁当・夜弁当2→☆(お昼:鮭バーグと夜:鮭ごはんのお弁当)
お昼弁当・夜弁当1→☆(お昼:つくねと夜:そぼろごはんのお弁当)

今回は


yhf朝夜3

油揚げで

甘辛お揚げを作ってから
・小松菜と合わせて煮物風
・お稲荷さん
yhf朝夜2

なす で
・なすのフライ
・なすの大葉梅和え
yhf朝夜1

合挽き肉で
・メンチカツ
・人参とれんこん入りハンバーグ

yhf朝夜4
れんこんで

茹でてから
・ゆかり和え
・チーズ和え
という感じでスタンバイ。

yhf朝夜6


大会だったので メンチ”カツ”がメインのお弁当
お昼用。

れんこんチーズ和え
なすの梅紫蘇もみ
小松菜と油揚げの煮物風
たまごやき

うめぼしおにぎり
くだもの
yhf朝夜7


夜弁当は結果発表待ちの間に食べるとのことだったので
おいのり(お稲荷)を込めました。

鮭と胡麻のお稲荷さん
人参とれんこん入りハンバーグ
なすフライ
れんこんのゆかり和え
たまごやき

くだもの

yhf朝夜5

お弁当詰めるのにこんなにドキドキするんだな。
せめて これくらいしか応援出来ないから!
悔いなく力が発揮できますように!と
お弁当入れに入れました。

***家族日記はこの下です
皆さま穏やかな木曜日のお昼を迎えていますように。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!!
82c51ca9.gif泣いた後に見える景色82c51ca9.gif


月曜日はユウの部活の大会でした。
ユウは朝早く出掛けてリハーサル&本番
私は本番時間に合わせて遅れて出発。

会場に着いたら
先輩ママが席を手配してくれたのもあって
真ん中のとっても良い席で保護者チーム集合。

”おつかれさま”と言い合いなんだか声も大きくなっちゃう。
今から緊張するねと
震える手をお互いに握り合いながら着席。

始まる少し前におトイレ・・・本当に生徒以上に緊張してるかも。と
笑われながら席を立つ。

おトイレ行く前のロビーで
部員皆が打ち合わせ中でした。

ユウの髪型大丈夫かな
衣装、ほつれてきてないかな
気になることは沢山。
挙句 ユウはおトイレ行ったのかな
なんて もう中学生だっていうのに
こんな心配まで出てきてしまう。

でも邪魔しちゃいけない。
”がんばれーーー”と心の中でエールを送り
静かに通り過ぎようとしたら

顧問の先生が私に気づいて
声をかけてくれた。

”さっき、円陣組んだんです。がんばります”と言われ
ああ・・・もうまた、手が震えちゃう。

そっか。円陣。
きっと力沸いたよね。

大丈夫
大丈夫

思う存分、仲間と一緒に力が出し切れますように!

祈る気持ちで
本番がスタート。

開会の言葉から胸が熱くなる。

各チームの本番前の
顧問の先生の言葉に

静かにまっすぐ並んで
客席を見る生徒たちの姿に

音楽が鳴る前から
もう苦しい。

どのチームも
色んな思いが込められていて
絶対ここまでに沢山あったであろう
仲間同士の 衝突、和解、努力。

が見えて もう
前が見えない。

写真撮影、動画撮影は禁止なので
肉眼でしっかり
空気もしっかり
身体に染み込ませる。

震えて 泣いて
そしてあっという間だった。

結果発表がすべて終わったら
握りしめた拳がゆるんで間に
涙がぽとぽと落ちた。

全国大会、届かなかった。

毎日毎日毎日毎日
筋トレしてストレッチして自主練してた様子を思い出すと
顔があげられない。

フラフラと席を立つと
生徒たちが見えた。
彼女たちの涙を見て

また苦しくなって涙があふれるけど
でも
簡単に私が泣いちゃだめだとこらえる。

”保護者の方々ありがとうございました”と言われたら
もうこらえきれなかったけど。

ミーティングで中三の先輩の言葉が涙で震えるのをきいて
中2もみんな泣いてた。
”はい!”と返事をする声が同じように震えていて

こちらも震えてしまう。


涙を拭きながら
ぴっちりまとめた髪の毛がすこしほぐれて
おでこをしっかり出していたところへ少し
前髪が落ちて そんな様子もかわいくて愛しかった。

彼女たちの夏がひとつ終わりました。

簡単な言葉はかけられなくて
だまってしまう。
ユウが”3年の先輩は最後の大会だから”と
よく言っていた声を顔を思い出し
やっぱり、簡単な言葉は
かけられないと思う。

でもひとつだけ。
心からありがとう。
本当に本当に本当にありがとう。

こんなキラキラした青春を目の当たりに出来て
なにものにも代えがたい”夏”。

泣いた後にしか見えない景色があるよ。
心も身体もきっと大きくなった夏。