おはようございます。

昨日は立冬とはいえ
ぽかぽか温かい日でした。

気温や風や季節の変化を
丁寧に楽しみたいと思いつつ・・・
実際はドタバタ・・・
毎日更新できずにごめんなさい(>_<)

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。
IMG_9428


以前スタバのシーズンフラペチーノイメージの
を作って、またしても。
前回はコーヒーとチョコとりんごのハロウィンウィッチ→☆

今回は白い ハロウィンプリンセスイメージです^^
もうこのハロウィンシリーズは終ってしまったのだけど。
クリスマスのフラペチーノも
作りたい♪パンで^^

IMG_9422

低温焼きにしました^^
そしてプリンセスフラペチーノには
水色とピンクのアラザンが乗っていたので
それも真似っこ。

IMG_9437
中はクリームチーズとりんご。
かわいい色です♪

IMG_9417
白いりんごの枝は
いちごチョコ入りぷれっちぇる。

IMG_9441

白パンは家族も大好き。
黒いりんごパンに引き続き
こちらもぺろりと
なくなりました^^

IMG-9173
これ、かわいい^^
魔女集会中で
売り切れだった日の。


***白いりんごチーズパン。 8個分

=A=
強力粉・・・50g
ドライイースト・・・小さじ3/4
砂糖・・・大さじ2
水・・・90cc(ぬるま湯90ccに
大さじ1のインスタントコーヒーを合わせる)

=B=
強力粉・・・100g
バター・・・20g
塩・・・小さじ1/4


クリームチーズ・・・160g
りんご・・・1個
砂糖・・・大さじ1
レモン汁・・・大さじ2

*下準備*
りんごのレモン煮を作る。
(一次発酵中でもOK)

りんごは皮付きのまま塩(少々:分量外)でこすってあらう。
皮ごと4等分のくし形切りにして長さを半分に切る。


耐熱ボウルにりんごとレモン汁・砂糖を入れて
ふんわりラップをして電子レンジで3分加熱し、そのまま冷ます。



1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。


生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。

3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして丸め直す。
8等分にして丸め、硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。

成形する。

IMG-9165-2



綴じ目を上にして麺棒をあて
直径12㎝位の円形にする(A)
水気を拭いて下準備したりんごをのせ(B)
クリームチーズをのせ(C)
包み、綴じ目を下にする(D~E)
バターを薄く塗ったタルトレット型に入れる。
同じように残り7個を作る(F)


ラップをかぶせ、固く絞ったふきんをのせて、40度くらいの所で
2次発酵させる。(1,2倍くらいの大きさになるまで写真右下位まで)
IMG-9167


チョコ入りプレッチェルを
IMG-9169

上面にさして

5)焼成する。
130度に予熱を上げたオーブンで15~22分焼く。

**家族日記はこの下です。
皆さま穏やかな木曜日の朝を迎えていますように。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!!

 82c51ca9.gif中学生の帰り道82c51ca9.gif

ユウの学校に用事があって
夕方、授業が終わる時間に行ってきました。

ちょうど部活が始まる時間で
・・・ユウも居た^^

じっくり がっつり見たかったけど
練習の邪魔しちゃいけないから
ささっと通る。

先輩の指示に答える”はい!”という返事の
沢山の声の中からもユウの声がわかる。

放課後の雨上りの
学校のにおい。
秋の夕方のにおい。
お昼とはまた違う学校の
風景。

どこも、いつも 変わらないのかもしれないけれど
30年前に中学生だった私には
懐かしいような
新鮮なような
羨ましいような
恥ずかしいような

中学生
中学校の色々。

先生と色々話して
校舎を出たら真っ暗でびっくり。

そうだ。もう夕方5時には
こんなに暗いんだよね。

まだ部活は続いていて
暗闇にユウをみつけて
またささっと通り過ぎて
帰り道を急いだ。


学校からの帰り道
この夜の色もまた
仕事帰りの夜空や
都内から帰る時の夜空とも違ってみえる。
懐かしい。部活帰りの冬の夕方の空の色。


あー
ユウは秋冬はこんな空の色の中の
帰り道なんだな。
駅の風景はこんなで
人混みはこんな感じで。

色々味わいながら帰り道。

途中、周りの中学生らしき子を見ると
愛しくなる。

がんばってね。
勝手におばちゃん、応援しています。



お家について
”今から帰る”というユウを
バス停まで迎えに行っちゃいました。

なんとなく
学校の帰り道を
少しだけだけど
一緒に帰りたくなったからでした。