こんばんは。

お風呂の中で 合唱コンクールの練習をするユウ、
横で聞いてて、もうすっかり覚えちゃいました。

お風呂の中ってエコーが効いて気持ちいいんだよね。

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。
IMG_3388

今日は鯖の味噌煮。
甘辛味噌味とごはん、最高♪

IMG_3399

献立は
鯖の味噌煮。→☆recipe
ちゃわんむし・残ったちくわと枝豆のっけ
キャベツ・人参・きゅうりの柚子塩もみ
大根の海苔煮。

えのきとねぎのお味噌汁
へるしごはん。
IMG_3368

大根の海苔煮は
冷蔵庫で眠ってた海苔の佃煮とだし汁で煮ました。
柚子胡椒をちょちょっと溶いて
好きな味になりました。

七味でピリッとさせるのもおいしいです。
IMG_3353

鯖の味噌煮→☆
真冬の味噌煮は煮汁たっぷりで
ちょっと煮汁にとろみをつけます。
IMG_3359

煮魚のお供は
ごぼう。煮魚と一緒に煮るごぼう、
好きなんだよなー。
IMG_3393

お魚は
煮魚も
焼き魚も
猫のようにきれいに食べるユウ。

今日もいい顔で食べてくれました。
ユウ猫^^ありがとう。

皆様良い月曜日の夜を迎えていますように。
家族日記はこの下です。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!!


***読んでいただいてありがとうございます。
続きは家族日記です。
82c51ca9.gif インフルエンザ。82c51ca9.gif

ずーっとインフルエンザにかかったことが
なくて、初めてかかったのは
結婚して、ユウが生まれた 2年目。

黒幕が”感染したかも”と帰って来て
小さいユウを守るべく実家に避難。

でも時に既に遅し。

小さい身体がたちまち熱くなって
ユウも発症。
怖い位熱くなるユウを抱えて
救急病院へ行った。

何枚もの毛布やひざ掛けでユウを包んでいるのに
身体の熱さが伝わって来る位。

小さい、熱いユウを ぎゅーっと抱っこして
私の全部全部で インフルエンザを吸い取れればいいのに!
無理な妄想をして過ごした。

ユウが回復して
よかったよかったと
自宅に戻り 数日。

寒気を感じる私。

黒幕父さんが会社に行った後
ものすごい熱が出てるのが自分でも解る。
小さい小さいユウの横で。

どうしよう。
もう実家じゃないのに。
もしかして、今私インフルにかかっちゃったの?

同じ建物にも 近所にも
友人も何人か済んでいたけれど
みんな自分と似た環境。
小さい子を連れて過ごしているのに
”助けて”なんて言って
インフルをまき散らすわけにいかない。

どうしよう
どうしよう
連絡できない。
誰に言えばいいんだろう。
どうやって治せばいいんだろう。
私だけで。

どんどん
どんどん
怖くなる。

小さい2歳のユウは 歩きだすのが遅くて
ひょろひょろ歩いては転ぶのに
横についていられない。
こんな私じゃ。

熱でぼーっとしている間に
危ないものを口に入れちゃうかもしれない

当時住んでたのは4階。
ユウが急にベランダに出ちゃったら

ユウが急に階段の上から落ちちゃったら

歩くのが下手なユウに限って
そんなことはないのに
色々な怖い想像が私を襲って

どうしよう ユウに何かあったら
どうしよう ユウに何かあったら
どうしよう どうしよう
インフルエンザになっちゃった。

でも とにかく
夫が帰ってくるまでは
しっかりしなくちゃ。

大丈夫
大丈夫。
怖い
怖い
でも大丈夫。

の繰り返し。

震える手を握ってくれるユウの
手も指も冷たかったのを
今でも覚えてる。
ああ、私、今すごく熱があるんだ。と
ますます怖くなる。

どうしよう 熱出しちゃって私
ユウに 何かあったら
どうしよう。
どうしよう。

大丈夫
大丈夫
だって何かあったら困るから

怖い
怖い
怖い

大丈夫。
でも
どうしよう
どうしよう

ユウに何かあったら
ユウに何かあったら

大丈夫大丈夫と
ごはんを食べさせ
大丈夫大丈夫と
お風呂に入れて
大丈夫大丈夫と
絵本を読んで

夫が早めに帰宅してくれたとたん
怖さが安心に変わって
大泣き。
後にも先にも
こんなに泣いたこと ない。

泣きすぎて過呼吸になって
手足がしびれてきちゃったな・・・と

思ったら意識が遠のき、
きづいたら救急車の中だった。

私の初めてのインフルエンザの記憶

怖かった怖かった記憶
大丈夫大丈夫と唱えた記憶
大泣きして手足がしびれた記憶。

救急車の中で
ユウと夫が
私の指を握りながら
私の顔を覗き込んでいた記憶。

今でも昨日のように思い出しちゃう。
かなり情けなかった自分
インフルエンザの季節の度に反省。

とてもたのもしくて
優しい二人。
いつもいつもありがとう。