おはようございます。
寝落ちしましたー(>_<)

昨日アップしようと思っていたページです。

こんばんは。
ぽかぽか陽気が増えて来ました。
今年の桜は早いのかな。

雨でも、晴れでも、風でも
そして気温も。なにより開花も気になる
たのしくいそがしい時期です。

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。
IMG_9743

もう 春キャベツが出て来ていて
嬉しくてお買い上げ。
ちょこちょこ副菜に浸かっているけれど

キャベツと言えばやっぱり
ロールキャベツ♪

昨日はシチューに合わせました。

IMG_9761

昨日の献立は

ホワイトシチューロールキャベツ
トマトとレタスとバジルのサラダ
海老とブロッコリーのサラダ
茄子のチーズ焼き
キャベツと人参の柚子塩もみ

へるしごはん。
IMG_9720

柚子塩もみ、
和洋献立問わず登場。

家族がお気に入り なのと
何より簡単^^


IMG_9731

今日のレシピはこれ。

***ホワイトシチュー ロールキャベツ

*ロールキャベツ*

 

合挽き肉・・・200g

玉ねぎ・・・1/8個

パン粉・・・1/2カップ

牛乳・・・大さじ2

卵・・・1個

ナツメグ・・・少々

 

キャベツの葉・・・4枚

 


*さっぱりホワイトシチュー*

玉ねぎ・・・1個
人参・・・1本

水・・・400cc
牛乳・・・300cc
片栗粉・・・大さじ2
バター・・・大さじ1/2
コンソメ・・・小さじ1
塩・・・少々

ローリエの葉・・・1枚

2)ロールキャベツを作る。

玉ねぎはみじん切りにする。パン粉・牛乳・卵はあわせておく。

キャベツの葉は塩(少々分量外)を加えた熱湯で茹でて冷水にさらす。

芯の部分はそぎ切りにする。

3)ボウルに合挽き肉を入れて、ナツメグをふり粘りが出るまでよく混ぜる。

2の玉ねぎを加え、パン粉・牛乳・卵をあわせさらに混ぜる。

2のキャベツで肉だねを包む
4)っぱりホワイトシチューを作る。玉ねぎは幅2㎝のくし形切り、人参は乱切りにして

水・コンソメ・塩・3のロールキャベツ・ローリエを合わせて野菜が柔らかくなるまで蓋をして煮る。
5)バター・牛乳・片栗粉を加えとろみがつくまで加熱する。

IMG_9753

ナイフを出してきて
切ながら食べる様子が
楽しかったな^^

向かい合って食べるご飯はやっぱりおいしい。

皆様良い木曜日の夜を迎えていますように。

家族日記はこの下です。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!!

82c51ca9.gifどうしてご飯を作るのか。82c51ca9.gif

日々の家事やお仕事で(年齢もある?)
どうにも こうにも 身体が
動かず、

料理は大好きだけど(お片付けは苦手だし)
ああ、今日はご飯作るのが大変だー。という日がある。

そんな話を友人としていた。

ごはん作れなくて
時間もなくて
諦めて食べに行く。買いに行く。
時もあるけれど

それでも 奮い立たせて、
”やっぱり作るぞ”って
なる時の底力の源ってなんだろう。

って言う話もしていた。

私は日記なんてつけてるから
”見栄っぱり”な自分に引っ張ってもらってる部分が多数。
写真も撮るし。

はい。今日はこれしか出来ませんでした。って
”おうどん”と即席お漬物だけ。みたいな日もあって
それを写真に撮らない、残さない見栄っぱりな私。

見栄っぱりの”ハリ”具合はかなりなモノだと思う。
お肌のハリは年々衰えるのに。

この”ハリ”が時に
家事や仕事にかかわらず
自身にまとわりつく長年の
コンプレックスさえも支える。


見栄っぱりが頑張っていつもの献立が
出来たら
いつものように
写真を撮って いただきますをして
いつものように日記を書く。

今日は実は すごく怖い顔して
ご飯作ってましたってことは
隠して。

家族の顔を見て思う。
ありがとう って思う。

やっぱり、作ってよかったな。
スピードご飯でも、手抜きでも

同じお皿を並べて食べて

見栄っぱりごはんなのに
いただきますって言ってくれる。
おいしいって言ってくれる
ごちそうさまって言ってくれる。

笑ってくれる。

疲れている時に
どうしてご飯を作るのか。って考えると

お料理大好き!だけでは
乗り越えられない

すぐ諦めたくなるところ
見栄っぱりなところ
沢山沢山沢山
だめな
自分が出てくる。

身体が弱ると
心が弱ると
みえないふりして過ごしている
コンプレックスさえも
芽をだしてくる。

でも
でも

それも全部全部全部
包んで
許して
笑って
食べてくれる人がいる。

ううん。作らなくっても
隣に居てくれる人がいる。

やっぱり、
私は大好きな人たちに
ご飯を作りたい。

仕方ないコンプレックスが
苦い味にならないように
やっぱり、いい顔して作るぞ。私。