こんにちは。
春分の日。朝はさーっと雨が降りました。

雨上りのにおいと温かさに
しっかり春を感じます。

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。
IMG_0239

これは火曜日の献立。
お豆腐たっぷり入れたつくねにしました。
生姜風味の照り焼きで。ご飯に合う定番。
温泉卵のせたかったなーと思いながら
食べました。
IMG_0254

火曜日の献立は

お豆腐つくね。
こんにゃくのおかか炒り煮
白菜としめじの炊いたの
わかめときゅうりの柚子酢の物

玉ねぎとすりごまのお味噌汁
へるしごはん
IMG_0264

よーく見ると(見なくても・・・)
きゅうりの厚さがイロイロな雑な感じ・・・。

IMG_0268

今日のレシピはこれ。

***お豆腐つくね。小さ目つくね9~10個分

鶏挽き肉・・・200g(ここでは胸肉を使いましたがモモ肉でも)
木綿豆腐・・・1/2丁(150g)
=A=
長ねぎ・・・1本
おろししょうが・・・小さじ1
酒・・・小さじ2
片栗粉・・・大さじ1
=B=
砂糖・みりん・酒・しょうゆ・・・各大さじ2

サラダ油・・・小さじ2

1)鶏挽き肉に塩(少々:分量外)を加えて粘りが出るまでよく混ぜる。
木綿豆腐を(水切り不要です)崩しながら加えさらによく混ぜる。

2)長ねぎはみじん切りにして1に加えAもあわせて加えよく混ぜる。

3)2を好きな大きさに丸めてサラダ油を熱したフライパンで
両面焼く。焼き色がついたらBを加え蓋をしてタレに少しとろみがつくまで蒸し焼きにする。

*もも肉を使うと焼いたあと脂が出ます。
その脂はふきとってからBを加えた方がタレの絡みがよくなります。
IMG_0247

皆様良い水曜日の夜を迎えていますように。

家族日記はこの下です。

******************


もしよかったら、読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!!
82c51ca9.gifお手紙とおでこ82c51ca9.gif

昨日はユウの部活の3月公演がありました。
3月公演という名の 1年間の部活の集大成舞台。
そして 3月公演という名の 先輩の引退舞台。

この日を最後に最高学年の先輩は
部活を引退します。

先輩に気持ちよく踊ってもらえるように
先輩に安心して引退してもらえるように
頑張って
頑張って
頑張って
頑張って
頑張って・・・たなあ。

そして前日お手紙をせっせと書くユウ。
中学生になって 手紙を時々書く彼女です。

部活で”お世話になった人へ感謝の気持ちを”
と日々伝達があるらしく。

良い事学んでいるね。ユウ。

スマホで簡単に文字のやり取りが出来る今に
手紙を書く彼女を嬉しく眺めてます。

今回は部活バックを(沢山!)作ってくれた
私の友達へお手紙を書いていました。

真剣な横顔。なんて書いたんだろう。
伝わるよ。きっと^^
ユウに沢山の”ありがとう”を教えてくれた
私の友人にも心から感謝です。

お手紙を書いて
当日の衣装にアイロンをかけ
最終チェック。最後の最後まで衣装の手直しもあったけど
それだけ真剣に突き詰めて、100%のその上まで
仕上げたい気持ちが
あったんだよね。

そして先輩に応えたい気持ちが。
みんなに。

着替える順番
その都度の髪型の確認
もちろん最後に全体の練習も。

早く寝なくちゃと
言いながらめいっぱい”前日”してました。

お手紙を書くユウ
アイロンをかけるユウ
まだ肌寒い夜に汗かいて一人リハーサルするユウ
当日異様に早起きするユウ
緊張して家を出ていくユウに

本番が始まる前から
胸がいっぱいになる。

頑張った
頑張った
頑張った
頑張った
頑張った記憶は
将来自分を強く強く支えるよ。

開演して幕があがり
おでこ全開のユウや皆をみたら
もう涙が止められない。

ただの一人の部員の保護者で
何をしてきた訳でもないのに
泣いちゃうのは図々しい気さえしたけれど。
ありがとう が とまらなくて。

ユウの側にいる大人として
伝えられること
出来ることは ごくごくわずか。

かわいい
愛しい
10代の彼女たちの
沢山の おでこ に
ありがとう でいっぱい。

努力から逃げずに
ただただ頑張ること
精一杯考えること
集中して取り組むこと

誠実から逃げずに
仲間を思って心を配ること
小さな自分が何が出来るかを見つけること
支えてくれるみんなに感謝すること


沢山の おでこは
みんな純粋に清々しく同じ方向を向いてる
気持ちを表しているようで。

本番の舞台は
かけがえのない10代の まぶしさで
前が見えないくらい泣いちゃうけど
でもどこも見逃したくないから
すごく怖い顔して目を見開いて観ました。


お手紙とおでこと
当日までの今まで含め

ありがとう。宝物の日々です。