インスタにも投稿したのですが・・・
内容重なってます。

今日のストーリーにあたたかなメッセージやスタンプ

お気持ちをたくさんありがとうございいます。

少しでもはやく、みんなみんなのメッセージのような

あたたかい日常が戻ってきますように。


石川県に帰省していた姪っ子から

DMもありました。

彼女の明るいDMを読んで

心配を閉じ込めるよりも

家族は元気で過ごしているという

”いつも”を届ける方が

気持ちを持ち上げる何かになる気がして

投稿します。


今更の2023年のクリスマス日記です。

IMG_8323

毎年恒例 ピラフ入り丸ごとチキン。
今年は24.25日と家族がそろわなかったので26日に
家族クリスマスでした。
もう、24,25も居ないんじゃあ、チキン要らないかなあと思っていたけれど
ユウが”今年はチキン焼かないの?”と聞いてくれたので
うれしくなってウキウキうでまくり。
今年は”ゆる発酵お料理会”で作った万能麹で炒めたごはんを
鶏に詰めてばっちりいい感じに出来ました。
丸ごとチキンは毎年だけど
中のピラフはいろいろに変えてます。

IMG_8324

お料理会のメニューは家族にもう何度も試食してもらっているので
ちょこっと変えて
カニのムース・トマトカップ
カレーコロッケ
アボカドチーズ
クラムチャウダー
れんこんのバルサミコソテー
前のページ
オニオングラタンスープ

丸ごとチキンのレシピはこちら→☆


IMG_8321

ケーキは黒幕の好きなチョコバナナの組み合わせで
ムースにしたんだけど
あんまりかわいく出来なくて
いちごサンタも失敗したので
写真は遠くからだけ💦
ユウは”ジュウシマツみたいでかわいい”って言ってくれたんだけどね。
ありがと。ユウ。
IMG_8333

ジュウシマツ・・・うーん。
そうかな???
IMG_8325
丸ごとチキンは
おいしいもも肉の部分はいつも2人に分けます。
でも最近はこの”胸肉”も人気。
丸ごと焼くからこそしーーっとり。

IMG_8320

家族で乾杯出来てうれしかったです。
毎年ともに過ごす時間こそがクリスマスプレゼント
毎年の思い出が重なって
年々大きなプレゼントが枕元に届きます^^

ありがとう。ユウサンタ
黒幕サンタ。

***続きは家族日記です。
忘れられないクリスマスの想い出話です。


IMG_8316

ユウのサンタさんだったクリスマスは12回

その後は、家族が家族みんなのサンタさんになって7回。

イブ当日に3人揃うことも少なくなったけれど

家族でのクリスマスごはんは

年々いろいろな思い出を重ねて、毎年毎年

大きくなって枕元に届く最高のプレゼントです。

IMG_8317



幼馴染と3家族で乾杯したり、

クラスのお友達を沢山呼んでお祝いしたり

毎年の思い出がかけがえのない

プレゼントだけど、毎年思い出して

ごめんねと思うクリスマスがあります。

IMG_8318


ユウが3年生の時のクリスマス前、師走を理由に私は

ばたばたとしていました。

”サンタさんに早めにお手紙書いてね”と

ユウに伝え”うーん”と悩むユウのことを

”ほしいもの、たくさんあるのかなあ”と

思っていました。


”お手紙書いたよ”と学校へ行く前に

ユウから受け取り、その時のユウの顔も

覚えていないほど、バタバタしていました。

サンタさん9年目。プレゼントは早めに準備は鉄則。

Amazonサンタさんも忙しいので・・・と

仕事に行く間の電車の中で


ユウの”サンタクロースさま”というお手紙を開けました。


そのお手紙には

こうありました。


サンタさんへ。


こんにちは。

毎年、来てくれて本当にありがとうございます。

去年もらったリカちゃんのお家は、お父さんが組み立ててくれました。いっぱい遊んでいます。


今年は私は、ほしいものは言わないことにしました。なぜかと言うと、


一番ほしいものは、お薬だからです。


もしかしたら、お母さんが大きな病気かもしれません。


だから、その病気が


たちまち なおる薬がほしいです。


それが一番ほしいです。


メリークリスマス。

サンタクロース様 よろしくおねがいします。




びっくりして

途端に車窓の風景が歪みました。

そして心底悔やみました。

”サンタさんにお手紙を早く書いて”と

せかした自分を。

どんな気持ちでユウはこのお手紙を書いたのだろう。

いつから心配していたんだろう。

もっともっともっと

ユウの顔を見ていればよかった。

ほしいものをワクワク考えているのかと思っていたのに


バタバタとしている私を、ユウは

ずっとずっと心配してくれていたのでした。


ユウが小学校3年生の冬、

私はがんの疑いが見つかり、定期的に病院に通っていた時期でした。


12月、サンタさんに何をお願いしようかと

ユウにワクワク考えさせてあげることが出来なかった自分が情けなくて

悔しくて許せなくて


沢山人のいる電車の中で

手紙を抱きしめて涙が止まりませんでした。


”おかあさんが病気かもしれない”って

3年生のユウは、そんなに不安で怖かったことだろう。


サンタさんへのお願いも思い浮かばず、

ただただ”たちまち”治る薬をと願ってくれた

ユウに ありがとうとごめんねがとまりませんでした。


”ほしいものは言わない”

”いちばんほしいものはお薬”

”たちまち治るお薬”


いまでもユウの文字を思い出せる。


そして毎年師走の私に

”ユウをちゃんと見ていてね”と

思い出させてくれる大切な大切な

ユウからのクリスマスプレゼントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック