おはようございます。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。

訪問 とっても嬉しいです。
良かったらゆっくりしていって下さい。




昨日は 先日作った煮豚で 煮物。
煮豚に味が付いているので だし汁とちょこっとのお醤油で
ちょっと温めるだけ。

煮汁まで飲み干せる煮物。
煮汁がおいしいので つゆだくで作りました。




昨日の献立は

煮豚とわかめの つゆだく煮物。
キャベツの 海苔胡麻和え。
コールラビのにんにく醤油炒め。
糠漬け(きゅうり・人参)

へるしごはん。
茄子と茗荷のお味噌汁。






太目千切りのキャベツの胡麻和え。
さっと茹でて 練りごま・すりごま・醤油・砂糖・みりん
ぜーんぶ小さじ1を合わせた衣で和えます。

キャベツは段々小さくなってきて
芯に近い部分なので 茹でると甘い。

この2週間 茹でたり 塩もみしたりしてキャベツを食べてるけど
芯に近くなるほど甘い感じも日々楽しんでいます。


いつもの糠漬けと
お味噌汁は 茄子と茗荷。





コールラビ、
無農薬野菜BOXに入っていました。

短冊切りにして
にんにく醤油で炒めました。

ブロッコリーの茎みたいな
ほんのり緑の味がする。
歯ごたえもおいしいー。


そして 煮物。

煮豚(・・・というか、スープをとったあとの出し殻お肉でもあるんだけど)
を作ってすぐ食べた時←☆
よりも 甘辛タレが染みこんでいる感じが
わかるかな・・・。

この旨味と、わかめの香りで
煮汁がますますおいしいのです。




かつお出汁、前日献立で→☆スープにしか使わなかったので
翌日の煮物でたっぷり使いました。

***煮豚とわかめの つゆだく煮物。 4人分

煮豚・・・80g(→豚肉のスープをとった後のお肉を タレにつけておいたもの→☆
もしくは 市販のものでどうぞ。

塩蔵わかめ・・・30g
人参・・・1/2本

だし汁・・・600cc
薄口醤油・・・大さじ1
塩・・・ひとつまみ


1)煮豚は5ミリ厚さに切る。
塩蔵わかめは塩を洗い流して戻す。熱湯でさっと茹でて冷水にとり、
食べやすい大きさに切る。
人参は千切り。

2)だし汁と人参をあわせて煮立て
煮豚とわかめを加える。

3)薄口醤油と塩を加えて味を調える
(煮豚とわかめからも塩分が出るので 調整してください)



茄子と茗荷のお味噌汁。
夏だなあ!

今週のお買いものはこちらです→☆





皆様良い金曜日の朝を迎えていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


やっぱり 好きなんだよね。


友人から ”大仕事が終わったーーー!!!”という
充実感いっぱいに倒れこむようなlineが来た。

出来上がったお仕事の 写真も送ってくれて。

小学校からの友人の彼女。
実家も道を挟んで3軒となり。
小学校から 中学校、高校まで一緒だった。

高校卒業後は別々だったけど

それこそ
小学校時代の
”将来の夢”もお互いに知っています。

私は小学校4年生位の時の夢が
”漫画家”で ノート1冊書いた 漫画を
彼女に読んでもらった気がする・・・思い出すと 恥ずかしいー(>_<)

彼女が今のお仕事を”夢”で話していたのは
高校三年生の時。

文系受験が多いクラスで
急遽理系に変更。

合格して卒業して就職。 ”夢”を叶えて 20年以上
ずっと同じお仕事をしてる。

昨日貰ったlineの 中に
”やっぱり 好きなんだよね。この仕事”と書いてあって

ふと ”考えて見たら 20年かあ!”と
感動のため息が出てしまう。

高3の時に 将来の夢を 描いてから 20年。
叶えて、その仕事を続けている 彼女

羨ましくて
尊敬する。


20年の間に
結婚して 出産して 節目節目で
育児とお仕事との間で 沢山悩んで

”夢”だったお仕事を

方向転換したり
お休みしたり
諦めたり

という選択肢が 何度も何度も頭をよぎって

でも
それでも 20年続けて来たんだもんな。

情熱だけで乗り越えられないようなこと
好きだけど苦しいこと
沢山あっての 20年後の ”今”。


そんな彼女の言う

”やっぱり 好きなんだよね。この仕事”
という言葉

まぶしくて かっこいいなあ!


20年前、夢をかなえた彼女に
”わー!”と拍手をしたけど

20年後の今も 静かに、でも20年前より
ずっと力強く 彼女への 拍手とエールが
止まらない。今です。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック