おはようございます。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。


気持ちのいい土曜日の朝です。
夜まで晴れの 予報に じゃんじゃん洗濯中。

私が浅から家事やお掃除に励むと
雨が降ると 家族に言われちゃうんだけど(>_<)


訪問 とっても嬉しいです。
良かったらゆっくりしていって下さい。




チーズは冷えると固まる性質を利用して
ごくごく簡単 レアチーズケーキ。

ゼラチンも使わず。
甘みと酸味として 「カルピス」を使いました。


いい甘さ
いい酸っぱさです。


レアチーズケーキと言っても
ゼラチンで固めていないので とっても柔らか。


果物にかけて食べてもおいしい♪
果物と一緒に冷やしてもおいしい♪
クッキーとかあれば
一緒に添えてもおいしいし。




レアチーズケーキというよりも
チーズクリームと言う感じです。


甘さが控えめなので
ジャムや
缶詰めの果物を添えるのもおいしい。



お気に入りはさらに 「カルピス」で甘酸っぱさをプラスして
食べること♪


お洗濯する前に ちょっちょと混ぜて冷蔵庫へ。
干し終わる頃には 冷えてちょうどよく美味しくなっています。


好きなものを目の前にぶら下げて
きょうもがんばろうー。

***材料2つの レアチーズケーキ。 直径8センチのカップ4個分

クリームチーズ・・・200g
「カルピス」・・・50g(gで計ります)

1)クリームチーズは室温に戻し(耐熱ボウルに入れて30秒ほどチン!でもOK)
柔らかくする。

2)「カルピス」を少しづつ加えなめらかになるまで混ぜる。

3)器に流しいれて冷蔵庫で冷やし固める。

今日は 甘いものなので 関係ないけど・・・今週のお買いものはこちらです→☆


こちらも あまり関係ないけど・・・
頂いたお魚を沢山仕込んだ詳しくはこちらです。→☆





皆様良い土曜日の朝を迎えていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


それぞれの時計。



昨日は ママ友と 鎌倉へ
ずっと行きたかった KIBIYAベーカリーの上のレストランへ。



パンを楽しみにもちろん行ったけど
お料理もとーーっても美味しかったなあ。

パリッと焼けた お魚・お肉。
オリーブオイルとレモン、塩だけの シンプルなたっぷり葉野菜。


******

家の柚子が一歳柚子という種類で
隔年でしか花と実をつけないことを
柚子を植えて7年くらい経っているのに
やっと今年気づいた次第。

という 話を 庭木博士(と私は思っている)の彼女に聞いてもらった。

我が家の小さな柚子、植えてから
毎年実をつけてくれていた。
だから気づかなかったのだ。

一昨年、全然実がならなくて
あれ? と思ったら
去年はいっぱい 実がなって

そして今年は やっぱり花も咲かなかった。
実もつかないであろう今年。
調べたら 本来は隔年でしか実が付かない
柚子だったってことが解った。

柚子、うちに来てくれてから
数年、ずっと一生懸命頑張ってくれてたんだよね。
本当は 2年に一度しか作らない実を
一生懸命毎年つけてくれて・・・

と 彼女にもらすと


熟す期間は花木によって
全然違うもんねーという彼女。

プラムとか桃とかは実をつけるのに
教科書上では”3年”だけど
種それぞれでも違うし

種として熟すまでも時間がかかるし、
草木として熟すまでも時間がかかる。
やっとやっと実をつけるようになるけど
それも翌年も同じように1年で実がなる
っていうことも無くてね。

疲れちゃう年もあるし
頑張れる年もあるし・・・

と言う。


・・・
なんだか


時間って みんなみんな同じように流れているものだと
思っていたけれど

人間だけでなく
動物も
植物にも

春夏秋冬 1年365日 24時間 は 同じように流れているかと
思ったのだけど・・・

それは 数字 を当てはめただけで

2年に一度 花が咲いて実がなる 我が家の柚子や
たとえばもっと
数十年に一度花の咲く 笹の花とか



それぞれに 持っている時間があるのだなあ。


急に
目にする緑やお花が 愛おしくなる。

昔昔 実家で月下美人の花が咲いた。

翌朝にはしぼんでしまうからと
父と母が 月下美人を囲んで お供えの様に
父のつまみを並べて 夜通し眺めて居た風景も 思い出す。


芽が出るまでの期間
開花している時間
実をつける間隔

それぞれに 時間 があって
それぞれに ちがうんだなあ。


自分が出来ない事色々を

勝手に焦ってしまうけれど
それぞれの時間でそれぞれが動いていることを
感じれば

もっとゆったりと
様々な事に 自分自身にも 向き合えそうな気がする。


思えば 子供の頃と 大人な年齢になった今とでは
時間の流れる感じ方も全然違うもんな。

たとえば 育児だって
ユウと私
時間が違うもの同士。

ユウの時計を見て、感じれるように
いなくちゃ。だ。


お友達とご飯を食べて お茶飲んで
一緒に居れた時間は短いけれど

気持ちは のんびり。

”時間”について考えて
草木をも、心から かわいいと思える時間でした。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック