ごめんなさい(>_<)
アップがとっても遅くなりました。
何度か来て下さった方 ごめんなさい。

今通りかかって下さった方とっても嬉しいです!

お立ち寄り頂いてありがとうございます。

訪問とっても嬉しいです。
良かったらゆっくりしていって下さい。



シンプルもも肉スープ→☆をとっておいたので
昨日は その出し殻お肉を照り焼に♪


これ。

スープをとったあとの出し殻お肉・・・というと
味も風味も無い感じかするけれど

実際には 油が落ちてさっぱり。
スープをとる時に使った 鰹節と香味野菜の
旨味と香りをいーーっぱい吸っていて

美味しいのです♪


昨日の献立は

カレー照り焼き丼。
牛蒡と人参のスープ。
レタス・青梗菜・きゅうりのプレスサラダ。
人参しりしり。


鶏スープに
先日まとめて刻んで茹でておいた→☆
牛蒡と人参をあわせました。

お豆腐はあえて手で崩して加えました。

鶏のしっかり味スープに牛蒡の香りがぴったり^^

レタス・青梗菜・きゅうりのプレスサラダ・・・
は、つまり 残りものサラダ。
塩もみして ちょっと柑橘絞っただけ。

色々な緑の野菜の歯ごたえが楽しい♪

そして人参しりしり。
さっぱり味の プレスサラダに対して
こちらは炒める時に
ちょこっとみりんを合わせて
甘めに仕上げました。


カレー照り焼きは
出し殻お肉でなくても
そのまま 鶏もも肉を焼いて
ソースを絡めても作れます♪

でも

スープも おいしくとった上に
お肉もモリモリ食べれるというとことが

お得な感じがして嬉しい♪

香菜は お友達に頂いたもの!!うれしいーー!
苗も分けて貰ったので お家で採れるようになるといいな。
Cちゃんありがとう!



***カレー照り焼き 2~3人分

出し殻鶏もも肉→☆・・・1枚(もしくは 鶏もも肉1枚)
=A=
醤油・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ2
みりん・・・・大さじ1

カレー粉・・・小さじ1

1)Aをフライパンに入れて軽く混ぜて
火にかけ、沸騰したらお肉を入れて
中火で煮詰める。

お肉に焼き色がついて、ソースにとろみが付いたら出来あがり。

*鶏もも肉で作る場合は

フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し
鶏肉を皮目から入れて焼く。

酒(大さじ1)を加えて蓋をして蒸し焼きにして
鶏肉の中までしっかり火が通ったら
Aを加えて絡めながら焼き付ける。

(出し殻お肉は お肉ににんにく・生姜の風味がついているのですが
生肉で作る場合はAにおろしにんにく・おろし生姜を加えてもさらに風味アップです)



今日は”和食 とは ちょっと違うよね?”というユウの言葉に、
和食でも無いし、でも、しっかりしたエスニックでも無いし・・・
と そうだねー。 というと

”ごはんに 合う シリーズ だね”と ユウが解決(?)してくれました。

カレー味に
シャキシャキサラダ。
ちょっと甘い炒め物。

そうかも。ご飯に合うシリーズ^^



今週のお買いものはこちらです→☆

築地でのお買いものはこちらです→☆



皆様良い日曜日の朝を迎えていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


タイ料理。



昨日は 土曜参観でした。

参観時間は2時間目から20分休みを挟んで3時間目。そして保護者のみの講演会。
その後 ユウは 給食&通常授業なので

黒幕と二人で お昼ごはんを食べてから帰ろうと海まで。


タイ料理屋さんで食べました。



おおきくなったユウは
もう、わさびも、キムチも、七味唐辛子もちょっとなら食べれるけど
流石に タイ料理はモリモリ食べれないので

大人だけの時に^^
という訳です。

ビールが進みそう!
自転車で来ちゃったことが悔やまれます・・・。


初めてタイに行ったのは
結婚して2年目の夏。
黒幕が”行こう”と言いだした。

甘くて酸っぱいタイ料理。
パクチー・ココナッツミルクというのにも
当時はあまり積極的でなかった彼が

”うまそうじゃん。タイ料理とか。
お前の好きな、『ぬの』(彼のいうランチョンマットのこと)
とかも ありそうだし!”と言った。

そして私は
ああ。この人は優しいなあと思ったんだった。

流産をしてしまった年だった。


”象とか、乗ってさー!!”
と 楽しそうに誘ってくれる彼。


タイ料理にも 雑貨にも 象にもきっと それほどは
興味の無い 彼が

美味しいお店や
食卓周りの雑貨屋さん
楽しそうな観光地を調べてくれて。

夏休みのタイ旅行。
お腹に赤ちゃんがいた時には飲まなかった
ビールを

”うまいぞー”と黒幕が勧めてくれて
2人で乾杯した時は

久しぶりのビールの美味しい苦さと
彼の色んな色んな気持ちが伝わって
泣きそうだった。


ここで泣きだしてしまっては
彼の気持ちが台無しだと
上をむいたまま ビールを飲み干す振りをして
涙も一緒に飲み込んだ。

とっても苦しかったけど
忘れられない ビールの味。


初めての現地での
トムヤムクンや
グリーンカレーを
辛い辛い でも おいしい!と2人で食べて

”うわーかれえーーー”と言いながら
ちょっと 彼も涙を隠してた。

その涙を見たら
貰い涙をしそうで また 急いでビール
で涙を呑みこんで


やたら賑やかに 夕飯を食べた。


・・・元気にならなくちゃ。 と 想ったんだった。


あれから 17年。

今やすっかり

グリーンカレーも
トムヤムクンも大好きな 彼

そしてこんな風に

おおきくなったわが子の
授業参観の帰りに2人で タイ料理を食べる日が来るなんて

ありがたい。
ありがとう。

黒幕様。

あの時も。
昨日も。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック