おはようございます。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。

訪問 とっても嬉しいです。
良かったらゆっくりしていって下さい。




昨日は またまた週末お弁当。
色々重なり 遠出が出来ない最近(キャンプに行きたいよーー)

せめての 外ごはん。




玉子焼きを焼いていると

”どこ行く? どこで食べる?”と
ユウが寄って来て

玉子焼きの端っこを毎回 ねらわれています^^




お弁当の献立は

青梗菜のかつお&梅巻。
鮭豆腐バーグ→☆
くるくるチーズ。

くるくるチーズは 質問をいくつかいただいたので
写真を撮りました。

スライスチーズのサイズに合わせて海苔を切り
のせて 端からくるくる巻いただけ。

切り口が可愛くてお気に入り^^

ユウが幼稚園のころから作ってます。





玉子焼き
小松菜と人参の胡麻和え。
葱味噌スティック。

お弁当に入れる胡麻和えは
和え衣の練りごまとすりごまを多目に。
硬めの衣で和えておくと
水が出ずに 食べるころに美味しく食べられます♪

***葱味噌 スティック ぎょうざの皮6枚分

豚ロース薄切り肉・・・80g
長ねぎ・・・15㎝(20g)
=A=
味噌・・・小さじ1
酒・・・小さじ1
白いりごま・・・大さじ1
おろし生姜・・・小さじ1

餃子の皮・・・6枚

1)長ねぎは粗いみじん切りにする。
豚肉も叩いてみじん切りにする。

2)1にAを合わせて良くもんで混ぜ
餃子の皮にのせて端からまいてスティック状にする。

3)2を180度の油できつね色になるまで揚げる。

揚げなくても スキレットで
この間の棒ぎょうざ→☆ みたいに
焼き付けてもおいしいです。



葱味噌スティックと一緒に入ったのは
玉子焼き。
小松菜と人参の胡麻和え。
枝豆。



鮭豆腐バーグ→☆
ここにも玉子焼き。
青梗菜のかつお&梅巻。
枝豆
くるくるチーズ。


↓青梗菜は この 手巻きかつおで巻いてます。


海苔みたいに巻けて
風味抜群。

そして この 手巻きかつおは
おにぎりにも 活躍♪





いつもは 梅干しおにぎりダケなのだけど
”こんぶ の おにぎり が食べたい。
でも 梅干しのおにぎり も 2個食べたい。”とかいう

リクエストで・・・



小さいおにぎりにして一人3つのおにぎり。
茶髪君が こんぶおにぎりです。



おにぎりは ひとつ
入りきらないんだけど・・・

まあ仕方ないかー。



ちなみに 昨日のお重は
藤の花のイメージな こんな組み合わせ。

藤の花はもう終わっちゃったケド・・・


毎週のように お弁当持って出かけていると
お花の移り変わりを
じっくり楽しめます。

そして 週末の晴れの空に 感謝して

いってきまーすと家を出ました。

今週のお買いものはこちらです→☆

築地でのお買いものはこちらです→☆



皆様良い月曜日の朝を迎えていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


芝生ごはん。


お弁当をどこで食べようかーと
話していたら

いいところがある! と 黒幕。
どうやら 前に ユウと黒幕で出掛けた場所みたいです。

いいねー!いいねー!とユウの顔を見ていたら
本当に良さそう^^

楽しみに出掛けました。




行先は 車で5分の
しおさい博物館。でした。

とっても久しぶり!

”大きな貝になれば なるほど、音が 低くなるんだよ。”と
ユウが教えてくれました。

知らなかったー。


小さい博物館

近所の海のことが
詳しく展示してあります。

目新しい生き物ということも無いけれど
親しんでいるからこそ
じっくり見たく知りたくなる展示物 いろいろ。






立派な錦鯉も居ます。


おじゃましまーす。


お弁当は こっちだよー。とのこと。


気持ちのいい緑と


清々しい 5月の風に


お腹が空いてきます^^




こっちだよーー。


ほんとだ。とってもいい場所だー!


鳥さんも ごはんに来て居るほど
いい場所です^^


松の茂みの向こうは 海。
気持ちのいい風が吹いてきます。

初夏らしい芝生の緑が
お弁当をおいしくしてくれました。

2人のいい食べっぷりが 私にとっては
一番のご馳走です。


食後はバレーボール。


半袖が
丁度いい位の 陽射し。


次に来る時は


もう少し 紫陽花が 開いて居るかなあ。


まぶしい位の芝生の中にいた後で
咲き始めの紫陽花の色を見て

5月の終わりならではの
緑の風景 堪能しました。




コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック