おはようございます。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。

訪問 とっても嬉しいです。
良かったらゆっくりしていって下さい。




昨日は 沢山いただいた空豆で再び かき揚げ。
豚肉と三つ葉を合わせて 食べごたえ満点かきあげにしました。

旬の短い空豆を 買い逃してしまい事が多いのだけど
今年は おかげさまでたっぷり堪能出来て 嬉しいなー。


昨日の献立は

空豆と豚肉・三つ葉のかき揚げ。
大根とキュウリの梅和え。
青梗菜・ほうれん草の お浸し。
お豆腐入り茶碗蒸し。

もずくと大根の皮のお味噌汁。
へるしごはん。




かき揚げのお供には さっぱり 副菜を色々
梅和え お浸し もずくのお味噌汁。

もずくのお味噌汁には
大人は柚子こしょうを溶かしました。



お豆腐入り茶碗蒸しには
千切り生姜と 三つ葉。

昨日は、この茶碗蒸しの器を使うのを楽しみに
台所に立つのがウキウキでした。

大好き。市松模様^^

こちらの器、
憧れの骨董屋さんの 店主さまも
御揃いで持っていると聞いて

わくわく、そしてドキドキ 使いました♪




そしてかき揚げ。

お塩パラリとして頂きました。


ブリブリした感じの お肉の間に
ほくほくの空豆。 三つ葉の香り。

好きな感じでした。



***空豆と豚肉のかきあげ。

豚ロース薄切り肉・・・100g
空豆・・・さや8本
三つ葉・・・5本

薄力粉・・・大さじ1

=衣=
薄力粉・・・大さじ3
冷たいお水・・・150cc
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2


1)豚肉は幅1㎝に切る。空豆は茹でて鞘と薄皮から取り出す。
三つ葉は根元を落として2センチのざく切り。

2)ボウルに1を合わせて軽く塩を振り(お肉にちょっと下味がついて
おいしくなります)薄力粉(大さじ1)を全体にまぶす。

3)=衣=の材料を別のボウルに合わせて良く混ぜ、2をあわせる。

4)3を 木べらやしゃもじの上で 直径7センチ位の円形にまるめ
170度の油にそーっと落として きつね色になるまで揚げる。


目にも 涼しい 藍色の器。
食べすぎちゃう!(←器のせいじゃないけど・・・(>_<))

今週のお買いものはこちらです→☆

築地でのお買いものはこちらです→☆







皆様良い土曜日の朝を迎えていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


赤毛のアン。

小学校の 絵本サークルの活動の中で
お勧めの 本を紹介する日
ブックトークの日という のが あります。

絵本を読むのとは 別に
しっかりした 物語や小説を

おすすめする日。

オススメ本は 既に決まっていて
メンバーで 担当の本を振り分ける。


4年生から始まった ブックトークは
6年生にもなったら なかなか読みごたえのある分厚い
文字の小さな 本 ばかり。

今年、私が紹介する本の中に
”赤毛のアン”があった。

私が初めて読んだのは やっぱり6年生。
バスに乗って 駅前の図書館に姉と通って
赤毛のアンが 結婚して 子供たちの それぞれの 話まで
夢中で読んでた。

アンの周りの
パッチワークとか、美味しそうなお菓子とかも
憧れたなあ。

そして
来たる その ブックトークの日までに・・・と
改めて読んでみると

・・・ちがう引き込まれ方。

小学生の時に読んだ アン は 当時の私から
見たらお姉さんだったのに、

今読むアンは、ずーっと年下の 少女で


アンの周りの景色も 森があって小川があって
大きな夕焼けがあって

きゅーんとしてしまう。

でも、この”きゅーん”とする根っこの感情は
昔昔 夢中で読んでいた 小学生の頃と
変わらないのかなあ。


そして、もう一つ
きゅーんとする景色。

ユウが 私が夢中で読んでいたのを
見ていたようで

ページを開いたと思ったら
読みふけっています^^


いい横顔。
うれしい横顔。

印象に残る色々な場面で
ユウはどんな顔をするんだろう。

読み終えたら どんな顔をするんだろう。
どんな思いを抱えているんだろう。

こんな風に
本を囲む日が来るなんて
思わなかったなあ!!!


改めて ありがとう
赤毛のアン。

そして いつも図書館へ
連れ出してくれた姉へも

ありがとう。


気持ちのいい青空の週末。
また きゅーん としています。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック