友人の息子さんは
東海大学の学生です。
熊本で震災にあいました。

その学生たちで
今日4月22日 11時~17時まで
新宿 南口で 募金活動をします。


もし、今日お近くに寄られることがあったら

よろしくお願いいたします。

小さなページからですが
彼らの声が少しでも届きますように。


*************

地震直後から
近隣住民の方と学生同士で
夜通し救助しあった

消防隊、自衛隊の人が到着してからは
ヘッドライトを付けて
最後の一人が救出されるまで

仲間同士で助け合った。

仲間は皆寮仲間。
その日も 熊本で朝ごはんを一緒に食べていた仲間。

でもその仲間と夜に 東京で会うことになった。
お別れを言うために。

**************

断片的で 申し訳ないですが

友人からの 文章には

子供が

地震に遭い
仲間との別れを目の当たりに
して
着の身着のまま帰って来た。
足の裏を沢山怪我していて・・・

と 最初は
一緒に泣くしか出来なかったと
あります。

でも 友人は
その 息子が

”仲間と仲間の為に募金をすることにした。
それから また 熊本に帰る。”という
言葉を聞いて 初めて涙を拭きます。

**************


友人の 文章を読んで
改めて 地震からの1週間を想いました。

離れた場所で暮らす息子が地震に遭い
安否を確認するまでの怖くて苦しい時間。

空港でやっと会えた息子、
自分よりはるかに身体の大きくなった
大学生の彼が号泣する

大人の年齢になった子供の涙は
親の目にも どんなに 悔しく苦く痛い涙だっただろう。


そして地震から1週間

地震に直面して
身体にだけでなく
心にも 想像できない位の傷を負った
彼らが

仲間の為に 熊本の為に もう 動き始めてる。


がんばれ

がんばろうと

言葉にならない 心を
沢山 貰いました。


***************


4月22日 11時~17時
新宿南口

彼らによる 募金活動 を
どうぞよろしくお願いいたします。
























コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック