おはようございます。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。

早くも始めた桜に びっくりして
今年は 桜の見ごろが長いと
聞いて ほっとするものの
やっぱり そわそわ。

お花見行けるかなー。
行きたいなあー。



先日作った鯛めし→☆、冷凍しておいて
チャーハンです。

卵もチャーシュウも葱も入らない
レタスとしょうが・にんにくが入るだけの
チャーハン。

でも これが ふんわり鯛めしの風味と合って
家族みんな好きなのです^^

鯛めしを作ったら このチャーハンが”来る”と
待っていてくれています。


献立は
鯛めしチャーハン。
お豆腐入りかに玉。
蒸し青菜。
大根とにんじんの万能ごま和え→☆サラダ

ワカメと蕪の皮・梅干しのスープ。


蒸し青菜
青菜は ごま油で炒めようかな・・・と
思いつつ

中華風メニューは
わりとぜーーんぶ ごま油風味になっちゃうので
ザクザク切った青菜と
大さじ1~2の水、お塩をすこーーーし。フライパンに一緒に入れて
蓋をして加熱するだけ。

たっぷりのお水を沸かさなくてもいいし
しゃきっと加熱することが出来ます。

千切り生姜をぱらっとしただけ。




そして、きゅうりと人参の組み合わせで良く作る
胡麻和えサラダ→☆

を大根と人参で作りました。

マヨネーズ 大さじ1 +してます。


そして 大根の皮はスープに。

わかめと梅干しと合わせました。
スープのベースは かつおぶしのお出汁です。


そして、中華な献立の時は定番。
お豆腐入りの カニ玉風(カニカマですしね)

葱とお豆腐のぷりぷりしゃきしゃき食感が好きなのです。



鯛めしチャーハン。

上品な鯛の風味だった鯛めし、
にんにく醤油でじゅじゅっと炒めても美味しいのです♪

***鯛めしチャーハン たっぷり2人分(3~4人分作るのであれば
2回に分けて作る方が 作りやすいです。)

鯛めし→☆・・・300g
にんにく・しょうが・・・各1かけ
ごま油・・・大さじ1
醤油・・・大さじ2

レタスの葉・・・4枚

1)にんにく・しょうが は みじん切りにする。レタスは食べやすい大きさにちぎる。
2)1のにんにく・しょうが、ごま油をあわせて弱火にかけ香りがたったら
鯛めしを加える。ごはんに少し焼き色が付いたら
(しっかり炒めるとパラパラチャーハンに^^)
3)醤油を鍋肌から回しいれ、さらに水分を飛ばすように炒める。
火を止めてレタスを加え混ぜる。




柑橘を添えて、時々
ちょちょっとかけて頂きます。

紅ショウガを添えるのも好きです。

じゃじゃっと作って
じゃじゃっと食べました。

中華は元気が出ます。
また餃子も作りたいなー。

今週のお買いものはこちらです→☆






皆様良い水曜日の朝を迎えていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


ユウが もし お姉ちゃんだったら。


いつも一緒に登校している1年生の子が3月にお誕生日なんだそうで、
“サプライズプレゼント”するんだー。と
文房具屋さんに材料を買いに行き、お友達と一緒に“いいもの”を
作ったという ユウの 放課後。

“〇〇 はさあ、かわいい系が好きだからなあー。”
1年生の子の名前を呼び捨てなトコ
「~系」なんていう言い方
生意気系です^^

お誕生日までは日にちがあって、“サプライズ”まではあと数日
“たのしみだなー”と言ってます。

いいプレゼントが準備できると
渡すの、楽しみになるよねえ。
解ります♪

ユウが1年生の子と登校するようになってもうすぐ1年。
小さな彼女がユウに懐いてくれているのも嬉しいし、
お姉さん風吹かせながらも 嬉々としてせっせと世話を焼く
嬉しそうなユウの様子も楽しい。

ユウに姉妹がいたらどんな感じなんだろう。
きっと一人っ子の今の性格とは違うユウが沢山見えるんだろうな。
私の姉みたいに 真面目な穏やかな人になるのかな。
三姉妹の真ん中の私は 世の中の次女、もしくは第二子に肩入れしがち
なんだけど、我が家に第二子が居たら、その子に
自分に似た欠片を沢山見つけたりするんだろか。

ユウと2番目の子と
離れる年数によっても違うかな。

私は
3つ違いの姉とは 姉妹喧嘩をよーーーくしたけど
5つ違いの妹とは 喧嘩したのは1度だけ。しかもその内容もその後の後悔も
今でも覚えてる。

姉との喧嘩は 今思い出しても 子供同士らしい喧嘩。
どっちが「りぼん」や「なかよし」を先に読んだとか、姉妹共同の部屋で
どっちが場所を占領しているかとか。

母に各々、自分が正しくて相手は間違っているというような主張をしても
母は特に仲裁はしなかった。

“あらー。どうしてかしら?”
と聞き返されるだけで。

どんな感情で見てたのかな。姉妹喧嘩を。

ユウと1年生の子は、姉妹の様と思っても
家族ではない遠慮もあって、さすがに喧嘩はしないけど

ユウが姉妹喧嘩したら
どんな感じなんだろう。
黙って泣いちゃうタイプかなあ。
口達者にやり込めちゃうタイプかなあ^^

そんな話を黒幕に聞いてもらったら
“2番目が ユウに似るってこともあるしねえ“と笑いました。

そだな。

“ユウに似る”というところも楽しそうだ。
“ユウと違う”というところも楽しそうだし。

30年以上経って
姉妹喧嘩を楽しく思い返したり、
想像したりしています。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック