おはようございます。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。

今朝、我が家の車の下に
猫が4匹並んで
寝てました!!!
ノラなのか飼い猫なのかはわからないけど
この辺りでよく見るご近所猫たち。

並んだ様子が あまりにも可愛くて
家族に伝えて、写真も撮るぞーと
思って戻ったら もう2匹しか居なくて、
それぞれ出勤してしまったみたいでした。

可愛かったなあ!

訪問 とっても嬉しいです。
良かったらゆっくりしていって下さい。



きのうは、ぎんだらの煮つけ。
中学の調理実習で作った煮魚は ぎんだら でした。

なんだか 懐かしい味。

そして 寒かったから
煮物ももひとつ。な 献立。


昨日の献立は

ぎんだらの煮つけ。
キャベツの茶碗蒸し。
じゃがいものそぼろ煮。
ちぢみ小松菜と金美人参のお浸し。
糠漬け(きゅうり・人参・あやめ蕪)

低GIごはん。
大根の皮とワカメのお味噌汁。




いつも通り かつおだしを1.5リットルとって 400ccでお味噌汁。
先日の おでん→☆の時の 大根の皮をとっておいたので
ワカメとあわせて具にしました。

無農薬大根だし!というのと
皮には大根の香りが詰まってて、”皮”ならではの
美味しさがあるように思います^^


この間作って 家族も喜んでたので 再び。
キャベツ入り茶碗蒸し。

卵1個と お出汁150cc 薄口醤油小さじ1とキャベツ。
あわせて蒸します。 甘いキャベツにふんわり 卵が
絡んで好きな味。


さっと茹でた ちぢみ小松菜と金美人参のお浸し。
ちぢみ小松菜、力強い色だなあ。
冬らしい緑色というか。

お出汁100ccに薄口醤油小さじ1で
浸し地まで飲めるお浸しです。


こちらは だし汁無の煮物。
じゃがいもと 葱とにんにく、生姜。
パンチのある甘辛煮物です。

香味野菜は刻んで、ごま油で炒めて
豚ひき肉(50g)醤油・みりん・砂糖(各大さじ1)で炒めて
じゃがいも、水1・1/2カップ入れて煮汁がなくなる位まで煮ました。


そして いつもの糠漬け。
人参は カラフル人参の人参なので これまた色が濃かったです。


そして ぎんだらの煮つけ。
カレイの煮つけとかよりも
けっこう しっかり こってり味つけるのが好き。

一緒に添えた三つ葉は決して飾りではなく
たっぷり。

甘辛味にシャキシャキ三つ葉がたまらんのです。

砂糖・酒(各大さじ1)と水200cc、生姜の千切りをあわせて
沸騰したら ぎんだらを入れて
少し身に火が入ったら みりん・お醤油(各大さじ2)

落し蓋をして煮汁が1/3位になるまで煮ました。



ユウは
遊びに行ったお友達の家の
ストーブの香りが大好きなんだそうです。
・・・解る気がするなあ。 冬の ”あったかい”かおり。

***そして!


近所のお友達から こーーんな幸せ福袋が!!Kちゃん!ありがとう!!
彼女のお友達の製麺屋さんのもの。ラーメンと餃子の皮。

”じゅんちゃん、らーめん ハマってるから~♪”と
自転車で持って来てくれました。

鎌倉に製麺所があったことも知らなかった。絵柄もとってもかわいいです。
さっそく、週末ラーメンでも頂きました→☆

おいしかったーー!!

・・・なので・・・

早速、週明けのお買いもので
餃子用に色々買い足して 餃子を包みました^^

週末にわいわい焼いて食べたいので
まずは このまま冷凍。

ちょこっとだけ余っちゃった肉餡は もったいないので
ちょちょっと炒めて スープに落としたり
ソースに絡めたりして頂きます。


そして、こちらも 先日から仕込み。
これは 今日の夕飯になります。

今週のお買いものはこちらです→☆


皆様良い 水曜日を迎えていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ



***家族日記はこの下です。


おねえちゃん。

昨日ユウが 恥ずかしそうに

あのねー。いいことがあったー。と言う。
いいこと・・・っていうか、うれしいことっていうか・・・

あ、でも、ちょっと びっくりしたことっていうか・・・。


・・・ふむふむ^^
突然、嬉しい、いいこと。なんて いいねえ。

わー。なんだろうー!

と楽しみに聞くと
恥ずかしがって

”やっぱり あとで いう。
・・・おふろ で いう。”

ともったいぶる。


お風呂で 嬉しそうに

”あのね。・・・朝ね・・・”と話し始めるユウ。



毎朝、一緒に登校している1年生の子が
行きの道
”これから、おねえちゃんって、よんでも いい?”って

聞いてきてくれて

”うん! うれしい!”と
答えたんだ


という 話。

でした。

ユウは 彼女のお願いが うれしくて
でも、学校に着くころにはもっと うれしくて
お母さんに話した 今は もっともっと うれしい。

と言う。

うん。うん。
私も、とっても嬉しい。


三姉妹の真ん中の私は
”おねえちゃん”と呼ぶ姉も居たし
妹から”おねえちゃん”とも呼ばれてた。

当たり前のように呼んで、呼ばれていたけれど
11歳過ぎて、お姉ちゃんと よばれる感じは

・・・どんな感じなんだろうね^^

ユウが 言った様に
嬉しい気持ちが じわじわ と
”おねえちゃん”な 気持ちが じわじわと

幸せに湧き上がってくるのかな。

ユウが 私の背中を洗いながら
”おかあさん? ゆう、おねえちゃんなんだって。
おねえちゃんって 呼ばれてるよ? うれしい?”と


聞いてきた。


・・・あ・・・そうか。

ユウが ”お母さんに話した 今は もっともっと うれしい。”

というのは そういうことか。

ユウは、”お姉ちゃん”と呼ばれて自分も嬉しいのはもちろん、

”お姉ちゃん”と呼ばれる自分を
私に 知ってほしかったんだ。
私に 喜んでほしかったんだ。

ユウに弟や妹が欲しいと思っている私を
ユウは 良く知ってくれている。
深く深く知ってくれている分
あまり普段は言わないけれど。

・・・だから、”お母さんに 話した今は もっともっと うれしい#
って
そういうことか。



”ユウがお姉ちゃんかあ・・・
うれしいな。 すっごく うれしいな”と言ったら
声に詰まってしまったので


そのまま髪の毛を洗うからと
暫く ユウに背中を向けたまま
シャワーで 涙を ざぶざぶ落とした。

もう一回 湯船で
”ユウ おねえちゃんかー。うれしいねー。”と言い合って

ほかほかの身体で
ほかほかの気持ちで

お風呂から あがりました。


今朝は、そんなかわいい優しい 近所の妹ちゃんと
ユウの 登校姿を

いつもより長く見送ってしまいました。


ありがとう。
お友達。




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック