2016年になりました。
笑顔いっぱいの 1年になりますように。





2016年になりました。さる年。
新しい年が
皆様にとって、どうかどうか
健やかで、明るく、温かく、穏やかで 優しい、気持ちのいい年でありますよう
心からお祈りしています。

昨年も
沢山の沢山の人や心に支えて頂いた年でした。
ブログに来ていただいた方々、
新しく会えた方
きっといつか会える方々

直接顔は合わせることが無くても
メッセージで声をかけて頂いたり

イベント足を運んで頂いたり
皆様限りある時間の中で
そのあと優しい声をかけて頂いたり

私のさもない日々を励まして頂いたり
同じ気持ちを持っていただいたり
楽しい かわいいお話のお裾分けを頂いたり
素敵な昔話を打ち明けて頂いたり


・・・ならべると

”いただいて”いること ばかりです。

本当に本当に本当に 心からありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年もお節。
去年→☆とも一昨年→☆ともそのまた前→☆とも また同じです。


同じことを続けられる 有難さにも
”あけましておめでとう”と思います。

毎年、重箱を出して来ると
ちょっと背筋が伸びる気がします。

夜中に 黒豆の炊く音を聴きながら
おなます の 大根や人参を刻む音を挟んで
年末の台所の音や温度、香りを楽しんでいます。





今年は 元旦に黒幕実家から 帰宅したので
黒豆や昆布巻き、伊達巻は仕込んでから
出掛けました。



海老入り伊達巻→☆
炒り鶏。
生ハムのからし菜巻。


海老入り伊達巻のレシピはこちらです→☆
伊達巻は 海老を欲張ったら
切る時にちょっと割れちゃいました。

いっぱい入れればいいってもんじゃないなあー。
去年の方が上手に出来た・・・。


炒り鶏も 去年と同じく
ホタテと鶏ひき肉をあわせた お団子入りの
炒り鶏。

ホタテとひき肉からもお出汁が出て
じんわり美味しい♪



日の出海老
イカの鳴門巻
小鯛の酢〆
親子の鳴門巻→☆

親子の鳴門巻があるので
炒り鶏は ひき肉にしてます。

小鯛の酢〆は 実家から毎年もらうもの^^



ユウの大好きな田作り。今年は大目に重箱に詰めました
ねじりカマボコ
昆布巻き
おなます
すだち入りのいくら
数の子
黒豆
栗きんとん


毎年同じ献立。

でも
同じようで
感覚は少しづつ違う。

数の子の塩抜き加減や 黒豆の柔らかくなるタイミング
昆布の味の染みこみ方、親子鳴門の甘辛く感じる具合も。

同じことを 続けるからこその
楽しい発見もいっぱいです。



”おはよう”の後に
”おめでとう”と言い合う元旦の朝は気持ちいいな。



今年はさらに
実家からお家に帰って

”ただいま”と”いただきます”も繋がりました。


訪問、心からありがとうございます。

繰り返しになるけれど
何度でも

2016年
皆様にとって、どうかどうか
健やかで、明るく、温かく、穏やかで 優しい、気持ちのいい年でありますように。
心からお祈りしています。

今週のお買いものはこちらです→☆





みなさま 元旦の日を過ごしていますように。



訪問、ありがとうございます。
今日も良い一日になりますように♪。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


辻占い。





金沢のお正月に かならずたべる
辻占い。

元気に紅白も最後まで見て
家族でカウントダウンもして

今年も食べました。
辻占い。



中に 占いが入っています。

”しごく よろしい”

なかなか いい感じの占い結果。

2016年
がんばろう。
がんばりたい。

数年前、ユウが食べた辻占いに
”天才が生まれる”と書いてあったこともあったな。

小さいユウを囲んで
”天才”の文字に湧いて笑ったっけ。

こんな風に”辻占い”の想い出が重なって行く
お正月。

結婚するまでは
この金沢の風習を知らなかったから

私は結婚してから 18個
ユウは生まれてから 11個の
辻占いの想い出です。


18年前は知らなかった
新年の辻占い。
家族で笑いながら 小さなお菓子を囲んでいる今が
とても不思議で有難いな。


さあ、元日。
初夢、初笑い、初詣

沢山の2016年の”初”を
楽しんで 過ごします。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック