お立ち寄り頂いて ありがとうございます^^
嬉しいです。



昨日も寒かったので、つゆだく な煮物。
家族が大好きな
豚肉と わかめと 玉ねぎの組み合わせです。
いつもは かつおだしで炊くのだけど
昨日は 鶏がらスープで 生姜もたっぷり入れて
キムチ入れて ホカホカ仕様^^



玉葱は 新玉ねぎ。
玉葱とワカメから出る甘いスープが
また美味しいのです。



黒幕とユウが
”さむいーーー”と言っていたけど
夕飯の おかずを 見るなり
”好きな にものだー”と
おんなじ顔でニッコリしてくれて

笑っちゃいました。

昨日の献立は

豚肉とワカメとたまねぎの つゆだくキムチ煮。
大根の たらこ煮。
春キャベツの梅肉和え。
かんたんかんぶつ→☆ おからの炊いたの。

たけのこごはん。
葱とお豆腐のスープ。




梅肉和えも、たけのこご飯も 家族の大好きメニュー。

家族が”わーい”と言ってくれたので
私も”わーい”と言いました^^


春キャベツに
筍。
新玉ねぎ。

春は来てるのに、
寒かったなあー。
せめて献立だけでもしっかり春。


寒かったので
煮物二つ献立。

はー。ダウン出してこれば良かったと思う位
昨日はほんとに寒かったなあ。

***豚肉とワカメとたまねぎの つゆだくキムチ煮。 4人分

豚肉しゃぶしゃぶ用薄切り肉・・・300g
生わかめ・・・60g
新玉ねぎ・・・1個
水・・・800cc
鶏がらスープの素・・・小さじ2
生姜・・・2片(20g)

ごま油・・・小さじ1
キムチ・・・50g

塩コショウ・・・各適量

1)豚肉は酒(大さじ1:分量外)を加えた熱湯の中でさっと茹でて 冷水にとる。
(ちょっと面倒ですが、この一手間で、さっぱりして柔らかくお肉が食べられます)
新玉葱は5ミリ幅の半月切り、わかめはたっぷりの水に淹れて塩を落とし、食べやすい大きさに切る。生姜は千切りにする。

2)鍋に鶏がらスープの素と水、ごま油、生姜、新玉ねぎをあわせて煮立て、玉ねぎが透き通って柔らかくなったら1の豚肉とワカメを加え温める程度に煮る。

3)塩コショウで味を調え(わかめからも風味が出るので、味見をしてから調整してください)
盛り付け、粗く刻んだキムチを添える。

***続きは家族日記です。

訪問、ありがとうございます。

皆様良い 木曜日を

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。


西表で会えたモノコト。


新学期も始まったのに
まだ 春休み日記続いていてごめんなさい~~(>_<)

今日で終わりです。
長々お付き合いいただいた方、ありがとうございました。



歌にも良く聴く、でいごの花。
この時期に咲くと聞いて
楽しみにしていました。

夕方写真を撮ったので
ちょっと暗いのだけど満開。

赤い力強い花です。

ちょうど、でいごの花の咲く時期を
”うりずん”と言うのだと
ホテルの方が教えてくれました。

沖縄の言葉も 好きだなあ。


そして、西表最後の夜は
イリオモテヤマネコを探しに行くツアーに参加しました。


ヤマネコ先生に色々
教えて頂いて
出発♪


暗視スコープも持たせてもらって
動物好き ユウ ワクワク。


そして、日が暮れた
でいごの花に

琉球コウモリが寝ているのを発見!!

木の実のようにぶら下がっています。
見えるかな。

とても大きくて
両手を広げると1m80㎝にもなると
話を聞いていたら

飛び立ったところも丁度見れました。

地元葉山の とんび 位大きくてびっくり!!



そして イリオモテヤマネコ。

3時間
森や田んぼを歩いたけれど
残念ながら会う事は出来ませんでした。

ユウが
”会えなくても、会えた気がする”と言ってた。


ほんと。

そうだな。
会えた気がします。



そして 沖縄ごはんも満喫!!

旅行中、ずっと
台所に立たず、
素敵な美味しいご飯が
迎えてくれること

贅沢だったなあ♪

ユウの美味しそうな顔も
美味しかった^^



ブルーシールアイスも
もちろん食べました。
数日かけて 何種類も食べました。

チョコバナナを食べるたび
”おとーさん、これ、好きだろうなー”と
言うユウが楽しかったな。


旅行中のユウのお気に入り朝ごはん。
渋い・・・。

これに あったかい さんぴん茶、後 冷たいさんぴん茶という組み合わせでした^^


”これ、きんときそう だよね???”とユウが
喜んで食べてた葉野菜。

沖縄では ハンダマというそうです。

”お父さんに、言おう! 金沢の ばば にも 言おう!”と言ってました。
旅行は二人で出掛けているけれど
その中で沢山の人に話しかけるユウ。

これは 出発の朝
早朝なので・・・と
リゾナーレの方が
持たせてくれた朝ごはん。

かわいいな。サンドイッチ。

暫く台所に立ってないと
お家に帰って作りたいものが沢山出てくる。

お料理熱も 嬉しい旅行のお土産です。


西表のフェリーターミナルでは
春から高校生になって島を離れる
学生たちのお別れの場面に会いました。

色とりどりのテープで
船と港を繋いで

ぎゅーっとテープを握った手と
片手では大きく大きく手を振って

涙を拭く手は空いていないから
涙は流しっぱなしで。

彼らの事は何も知らないのに
泣き笑いして
元気いっぱい見送る顔と
見送られる
逞しいような泣き顔と

目の当たりにして
私まで 一緒に泣いちゃいました。


最後に船が離れると
男の子たちは
海へダイブ!!

両手でずっと船を見送っていました。



こういうお別れの場面を
経験すること、

これも島の財産、島で暮らす子供たちの財産だねと
涙ながらに ユウに話したら

ユウも、うんうん。と聞いてくれました。


素敵な春の港の風景
忘れられないです。




空港まで お父さんが 迎えに
来てくれました。

手、繋いじゃってラブラブ。

蛍のこと
カクレクマノミのこと
ウミガメのコト
沢山のお魚のこと

4日ぶりのお父さんに、何から話すのかと思ったら

”イリオモテヤマネコ には、会えなかったの。
お父さんと もう一回 西表島に行って、
その時に 会いたい!”

との事でした^^




私も 黒幕に 報告したいこと きいてもらいたいこと
沢山沢山あったけど


きっと ユウが全部話すのだろうし、
話したいだろうし

黒幕も
ユウから聴きたいだろうし

二人の姿を
見ながら 西表で
会えたこと色々

私も楽しく振り返りました。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック