おはようございます♪
お立ち寄り頂いて ありがとうございます^^



春休みの始めに行った 八ヶ岳のリゾナーレに出てきた
朝ごはんに、春キャベツと新玉ねぎのサラダがありました。

春のお野菜の組み合わせがすごーく美味しくて
ユウも気に入っている様子だったので
お家に帰ってから、早速♪


オリジナルは 上品なマヨネーズ風なドレッシングで
和えてあったのだけど
昨日は、お魚定食な献立にあわせて
バター醤油で。


大葉も入れました♪



蒸し野菜と言っても、大きな蒸し器を出してくるのではなく
フライパンにちょこっとのお水とお野菜をたっぷり入れて
蓋をして加熱するだけ。野菜自身の水分で加熱されるので
味濃くしあがります。

たっぷり生姜もハムに合うんだよなあ♪

春いっぱい
お腹いっぱい
食べました♪

昨日の献立は

鰆の西京焼き。木の芽いっぱい散らそうと思ってたのに忘れたなあ(>_<)

春キャベツと新玉ねぎの フライパン蒸し。
セリとゴマのかき揚げ
切り昆布の炊いたの。

低GIごはん。
オクラとお豆腐のお味噌汁。



セリの天ぷらは
黒幕のリクエスト。

鰆は『春のお魚 が食べたい』というユウのリクエストでした。

『春のお魚』かあ。
色々あるけれど、まずは鰆に。

こういう、幅(?)のあるリクエストも楽しいな。
明日明後日への、台所も楽しく取り組めます♪



今日から4月。
そして雨。
満開の桜が散りませんように。

入学式や入園式まで もつといいなあ。


*** 春キャベツと新玉ねぎの フライパン蒸し。

春キャベツの葉・・・4枚
新玉ねぎ(小さ目のもの)・・・1個
薄切りハム・・・4枚
塩・・・ひとつまみ
大葉・・・4枚

バター・・・10g
醤油・・・大さじ1弱(他のおかずとの バランスや ハムの塩気に
よって調整してください)

1)キャベツの葉、ハムは5ミリ幅くらいの太い千切りにする。
玉葱は繊維に逆らってスライスする。

2)フライパンに1を全部入れて塩とお水(大さじ5)を入れて
蓋をして中火にかける(水分がすごーーーく少ない感じですが
蒸されて火が入ります)

3)キャベツがしんなりしたら蓋をあけて強火にして水分を飛ばし、
火を止めてバターを落とす。お好みで醤油で調味する。
千切りした大葉を絡めて出来上がり♪

***続きは家族日記です。

訪問、ありがとうございます。

皆様良い 水曜日を

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。


子供の時間。

4月に入りましたが、八ヶ岳リゾナーレ日記
まだ続いています(>_<)
お付き合いいただいてありがとうございます。



2日目の夜は YYグリルで 食べました。
OTTO SETTE→☆ も とーーっても素敵だったし
こちらの 夜のビュッフェも大好き。

食事だけ考えてもやっぱり 2泊したい!と思ってしまいます。


ウェルカムドリンクは
山梨ぶどうのシャンパンにしました。

そして、メインは
真鯛のソテー 瞬間燻製。

カリッカリの表面に
力強い燻製の香り。
優しい味付けなんだけど
この香りに お酒がすすみます^^



ユウに
”お母さん、一杯だけだよー”と釘を刺されながらの夕飯。
こんな ユウのお小言が最近 楽しくて耳に心地よかったりします。



ユウはメインに ステーキを選んでいました。
子供のメインには 大きなエビフライも付いています^^

ワクワク、ナイフとフォークを準備する彼女。
お家ご飯に、なかなかステーキは登場しないもんね。

そして、リゾナーレの方々の
丁寧な”大人扱い”にもご満悦な彼女。

まだまだ子供で
でも、一人前
大人で子供なお年頃のユウ

親とは違う ”大人”と一緒のユウも見ていて
興味深かったです。


ユウの
美味しそうな顔
嬉しそうな顔に

私も目の前のご飯が とっても幸せに味わえます。

ありがとう^^




感激の果物プレート。

はい!!
必ずや 戻って来ます!!
もう、いそいそスケジュール帳出してきてるし^^

また よろしくお願いいたします。


一晩目の夜も
二番目の夜も

子供同士仲良く遊んでいてくれたのもあって
おとな同士は

こんこんと(本当に こんこんと)話すことが出来ました。

色々打ち明けては
一緒に笑って
一緒に悩んで

過去を振り返って笑って
未来を想ってまた笑って


子供を想う 大人の時間を持てたことは
今振り返っても
じんわり、おいしい時間です。





お友達が幸せだと 嬉しい。
子供たちが楽しいと 嬉しい。
皆が がんばっていると 私も。と思える。

いっぱい笑って
肩たたき合って
喉が渇くのに、飲むことも忘れる位
話して 話して 話した夜でした。



周りの沢山の方に助けて貰った
子供時間
大人時間

でもありました。

お友達の子供の 小さかったころから今までを 振り返れること
ユウの 小さかったころから今までを 振り返ってくれるお友達がいること

なんて幸せなことだろう。


重ねた齢の中での
お友達との縁


自分の宝物が目の前に広がって
ゆっくり眺めて
また 大切に大切にしまいました。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック