おはようございます♪
お立ち寄り頂いて ありがとうございます^^

すみません(>_<)
アップが遅くなりました。

午前中に訪問くださった方、
ありがとうございます。
再訪、心よりありがとうございます。

今訪問してくださった ありがとうございます。


ひゃー。もう 今日の夕飯作る様なじかんですが(>_<)
皆様良い 日曜日の午後を過ごしていますように。



今日は、午後から雨のお天気予報・・・。
お天気持ちますように(>_<)

と思いながら お弁当を作りました。

八ヶ岳から戻って来たら
桜もチラホラと咲いていて
せっかくの日曜日!!

お花見お昼ごはん、出来るといいなー。


ユウのリクエストが
梅の海苔巻と 梅干しおにぎり。
黒幕のリクエストが
”辛いお稲荷さん”

二人に応えたら結構モリモリ。
おにぎりは ミニミニサイズにしました。


おかずは、あまりいつものと変わらず・・・。

鶏のから揚げ。
エビフライ。
玉子焼き。
チーズと海苔のくるくる。
ブロッコリーとホタテのサラダ。
蕗と筍の炊いたの。

・・・本当は
ハンバーグも作ったのだけど
入りきらず・・・夕飯にまわしちゃおう♪


さて、今日のお稲荷さん^^
見た目は いつものお稲荷さんと
変わらないけれど、味噌味で 大人用には七味も入っています。


お揚げも、中の酢飯ご飯の具も
レンジで手放し。簡単に作っちゃいました^^

辛いお稲荷さん。
黒幕のリクエストだったけど
なんだか、七味を振った きつね うどんみたいな風でもあり、
気に入ってしまいました♪


さ。
雨降る前に行ってきまーーす!!(間に合いました。そして、雨降る前に帰ってきました♪)

***味噌七味お稲荷さん。4個分

油揚げ・・・2枚

=A=
水・・・100cc
醤油・・・大さじ1・1/2
きび砂糖・・・各大さじ1

ご飯(温めたもの)・・・200c

=B=
米酢・・・大さじ1
きび砂糖)・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/4弱

ささみ・・・2本(120g)
生姜・・・1片
きゅうり・・・1/2本

=C=
酒・・・大さじ1
水・・・大さじ2
味噌・・・大さじ1・1/2
塩・・・小さじ1/2
砂糖・・・小さじ1


1)油揚げは(出来れば熱湯をまわしかけた後)半分に切り、耐熱のボウルに入れAをあわせ、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)に5分かけ、そのまま冷ます。
キュウリは薄い小口切にして塩(少々:分量外)をふり、しんなりさせて絞って水を切る)
生姜は千切りにする。

2)ご飯は温めて、Bを合わせて酢飯を作る。
ささみは筋をのぞいて、耐熱ボウルにCと一緒に入れて軽くもみこみ
ふんわりラップをして電子レンジに 3分かけ、そのまま冷まし、細かく裂いて1のキュウリとあわせる。

3)2の酢飯に、2の味噌蒸し鶏、生姜をあわせる。大人用はさらに七味を振る。
汁気を絞り袋状に開いた油揚げに詰める。

***続きは家族日記です。

訪問、ありがとうございます。

皆様良い 日曜日を

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。


八ヶ岳リゾナーレ OTTO SETTE。






リゾナーレの夕飯は
OTTO SETTEの個室で。

いつも、ビュッフェで済ませてしまったので
今回初です。



素敵なバーカウンターのある
広々したお部屋。

これなら、小さな子供も、小学生が一緒でものんびり
お料理を楽しめそう♪

早くもわくわく!!
(ちなみに、この日の 小学生チーム、計らずも皆おんなじセーター、色違い!!な楽しい偶然)






子供に優しく 温かい リゾナーレ。
未就学児や 赤ちゃん用にも こんな 可愛い カトラリーと食器のセット。

コースのお料理は
子供がもう少し大きくなるまで来れないなあと思っていたけれど

テーブルセッティングから
とてもとても温かいおもてなしの リゾナーレ。

嬉しくなります。




ユウは、子供用の短いコース。
スープとサラダ、パスタ、デザートプレートのコースにしました。

大人の様に並べられた
沢山のフォークやスプーンにも
喜ぶユウ。

・・・そんなに喜ぶなら
もっと早く連れて来たかったなあ。


パスタは2種類から選べます。
そして、子供用デザートも
す・・・す・・・すごく美味しい!

丁寧に作られて
時間を見て運んでもらう
心づくしのコースのお料理。

小さな年齢のユウにも
”特別”が味わえた様子。

ちょっと背伸びしたようなご飯は
背筋も伸びちゃう感じ・・・なのかな^^

小声で
”わ・・・おかあさん、すごく・・・おいしい・・・ですよ?”と
上品風(?)に感激していました。


大人のコースも
もちろん、美味しいため息頻り。

食前酒のカリン酒入りカクテルに
八ヶ岳のお野菜いっぱいの前菜。

お皿も土地の土を使い
八ヶ岳の青空と富士をイメージて作られたとの事でした。

ひとつひとつの、美味しく美しい物語を
幸せに学び中。




感嘆の声を上げずにいられない!!一皿。

八ヶ岳のお野菜と
丁寧に作られたパテ、タルタル、フォアグラのテリーヌ、お魚でちょっと巻いたお野菜にも
一手間も、二手間もかけられていて
食べ終わってしまうのがもったいないデス・・・(でもあっという間に完食)


楽しい、おいしい仕掛けのある
お料理もいっぱい。

ふわふわの泡の中に
柔らかいプリプリの鶏肉と
グリンピースの春の香りのソースを
絡めて食べたり・・・


イカスミの香ばしい衣で包まれた
ふきのとうの ほろ苦い リゾットとか・・・

春の色、風味、香り、満載!!


パスタも 繊細な春味。
筍、はまぐり、菜の花。


”ふきのとうって。イタリアにもある???”
”このお野菜って???”
”お皿も素敵”
という質問が出ると

さりげなく、そして嬉しそうに答えてくれる
OTTO SETTEの方の気配りにも感激。

上手にすっと会話に入って
それらに纏わる美味しい話もちょっとプラスしてくれて

そして、また静かにテーブルを見守ってくれて・・・

大人にも、子供にも
同じ温かい心配り。

ユウが 学べた、味わったことは
パスタやデザートの美味しさだけじゃ無いはず!

もちろん。私も。



お勧めして頂いた
光甲州というワインも
とっても美味しかったなあ。

白ワインなのに、落ち着いた琥珀色。
樽の香りがして、ウイスキーのような ブランデーのような
コクがあります。




お口直しは
キウイに小松菜の香りの組み合わせ。

力強くて爽やかな緑の風味。


そして、好きな色のナイフを選んで

メインを頂きました。

お腹いっぱいと言っていたユウが
それが食べてみたいと手を伸ばしてきて
おすそ分け。

・・・それは それは いい顔して食べてましたー!



大人も子供も楽しい時間。

子供が楽しいと大人も楽しい。
大人が楽しいと子供も楽しい。

美味しいお料理と こころづくしの おもてなしと
気心知れたお友達と

贅沢で
最高に最高に幸せな時間でした。

おこがましくも
私も沢山学びました。

学びたい!というか。

気遣いって なんだろう。
心配りって なんだろう。

楽しい美味しさ、
真面目な美味しさ
のんびりした 美味しさ。

OTTO SETTEでは
口に入らないものも味わって
幸せに 今なお 味わい中!!勉強中。





コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック