あちこちのパン屋さんで
クリスマスなパンを売っているのを見て
作りたくなりました♪私も^^


低温で焼いた、ふわふわ白パン生地→☆

雪だるまに
良く似合います^^


雪だるまの中には
カスタードとチョコカスタードを入れました。

腹黒い感じで(えーん・・・)中身も見えちゃってるケド。


身体はチョコレート。
こうやって、割ってみると
なんだかおまんじゅうみたいにも見えます^^



顔はカスタードクリームです。


モミの木は 抹茶を混ぜ込んだ生地を
コルネ型に巻いて焼きました。


雪だるまと抹茶は
同じ生地から作ります。


もうすぐ、もうすぐ
クリスマス!!


***一度に出来ちゃう。ゆきだるま と ツリーパン

雪だるま4人 ツリー4本分


=A=
強力粉・・・50g
てんさい糖(上白糖でもOK)・・・大さじ2
ドライイースト・・・小さじ1
牛乳・・・155cc(30℃位に温める)
=B=
強力粉・・・150g
バター・・・20g

=ツリー用=

抹茶パウダー・・・小さじ1

=両方共通=
チョコペン
飾り用砂糖菓子など

=カスタードクリーム=

*下準備*
①くるみ(ココア、バジルカレーともに)は、予熱を上げないオーブン150度で5分乾煎りして粗く刻む。
②ドライアプリコットは5ミリ角に刻む
③ベーコンは油を拭いて7ミリ角に刻む。


パンを作る。

1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。
(柔らか目の生地ですが、ココアやカレー粉をこの後合わせるので頑張って捏ねます)

2分割して ココアを混ぜ込んだもの
バジルとカレー粉を混ぜ込んだものを作る。

=カスタードクリーム=
卵黄・・・2個分
きび砂糖・・・大さじ3
牛乳・・・200cc
薄力粉・・・大さじ2

=チョコカスタードクリーム=
卵黄・・・2個分
きび砂糖・・・大さじ3
牛乳・・・200cc
薄力粉・・・大さじ2
カカオマス・・・20g
(カカオマスが無い場合は
ココア大さじ2をきび砂糖にあわせて作ります)

*下準備*
カスタードクリームを作る。
卵黄と砂糖をあわせて泡だて器でクリーム色になるまで刷りたてる。薄力粉をふるい入れてゴムべらできるように混ぜる。沸騰直前まで温めた牛乳をくわえ優しく混ぜる。

4)3をザルなどで一度こして、フッソ加工のお鍋(量が少ないのでフライパンでもOK)に入れて中火で常になべ底をこそげながら沸騰させる。とろみがついて、ツヤが出てきたら清潔なバットにうつす。上からラップをかけて、出来れば保冷材などを置いて急冷させる。

*チョコカスタードも同じように作り、バットに写す前に温かいところへ
カカオマスを加えます。(ココア使用の場合はきび砂糖と一緒に加えます)

1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。

2分割して片方には抹茶パウダーを混ぜ込む。

生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。




3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして、白い生地は8等分、抹茶生地は4等分に分けて丸める。(A)




硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。

成形する。

=ツリー=


綴目を上にして麺棒を当て
幅10㎝長さ15㎝位の
楕円形にする(B)

手前から巻いて(C)
巻終わりを軽く閉じる(D)
両手の下で転がして25センチのひも状にする。(E)
下準備したコロネ型に巻きつける(F)
巻終わりを底にするようにして並べる(G)
同じように残りの3本も作る。(H)

=雪だるま=



綴目を上にして麺棒を当てて
直径12㎝位の円形を作る。(I)
クリームたっぷり入るので大き目がいいです。

6等分したクリームをのせて(J)
包む(K)
綴目を下にして天板にならべる。(L)
同じように残り3つも作る。

綴目を上にして麺棒を当てて
直径12㎝位の円形を作る。(M)
こちらもクリームたっぷり入るので大き目で。

6等分したチョコクリームをのせて(N)
包む(O)
綴目を下にして天板にならべる。(P)
同じように残り3つも作る。

クリーム(L)とチョコ(P)を5ミリくらい離して
並べる。


ラップをかぶせ、固く絞ったふきんをのせて、40度くらいの所で
2次発酵させる。(1,2倍くらいの大きさになるまで写真右下位まで 。)


130度に予熱を上げたオーブンで15~20分焼く。

粗熱が取れたら
チョコペンで顔を描き、ツリーや雪だるまに仕上げる。

コルネ型には
クリームを絞る。

***続きは家族日記です。

訪問、ありがとうございます。

皆様良い 土曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。





大井さん。


お誕生日に、お友達家族からプレゼントが
届きました。


なんて素敵な素敵なキャンプグッズ^^

ステンレスのカップ、家族の人数分。
もう、これで焚火ホットワインとか
最高だろうなあ!!

そして、子供たちから可愛いお手紙付^^



私、こんなに細かったかな。
優しいなー。

うしし!
ありがとう!!!

ユウが絵を見て
”かわいい! エプロンしてるんだね?”と言っていました^^
ほんとだ。子供同士、女の子同士、気づくポイントなのかもな。

手紙には”大井さん”って書いてあります。


ユウのお友達からは
”ユウママ”と呼ばれることが多い今だけど。

私は、父や母のお友達を何て呼んで居たかなあ。

子供同士の繋がりでなく
先に親の方が友人という場合には
やっぱり
”○○(苗字)さん。”だったかな。



その時は何気なく、当たり前のように呼んでた。
立場が変わって

”さん付”で子供に呼ばれるようになると

・・・なんだかとっても楽しい響き^^


”ああ。ワタシ、『大井さん』なんだなあ。”
と思う。

親同士出会ったころは互いに旧姓だったのに^^



お友達の子供
ユウのお友達には
”大井さん”他、
色々に呼ばれます。

うっちー。
うっちゃん。
じゅんちゃん。
じゅんじゅん。

もちろん、
”よめちゃん”も^^^


大人同士で呼び合う
安堵と馴染んだ感じとはまた違う
楽しさと可愛い響きと嬉しさがあります。

子供から呼んでもらうと♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック