マロンラテな イメージでベーグルを作りました♪
甘栗とキャラメルを コーヒー風味のパン生地で巻き込んでベーグルに。


むちむち歯ごたえの ベーグル生地に
ころころ栗と ふんわり甘いキャラメル。
香ばしいコーヒーの香り。

秋な組み合わせだなー♪



くり。きゃらめる。こーひー。
全部”か”行な所も

なんだか 口に出して気持ちいいような(?)
栗キャラメルコーヒー ベーグル^^


切ったらこんな感じ。
栗、ころころ。
キャラメルとろり。


いつも6個で作る分量で
倍量の12個。
ミニサイズにしたら
食べやすくて・・・ 危険><


あったかカフェオレや
ホットミルクと相性抜群です。

秋晴れ眺めながら頂きます♪

***栗キャラメルのミニべーグル 12個分

=A=
強力粉・・・50g
きび砂糖・・・大さじ1
ドライイースト・・・小さじ1
牛乳(30度位に温める)・・・170cc
インスタントコーヒー・・・大さじ1

=B=
強力粉・・・200g
サラダ油・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/3


=C=
あまぐり(むいたもの)・・・100g(粗く砕いておく)
粒ジャムキャラメル・・・小さじ6
(もしくはキャラメルを小さく
切ったものでも)



1)温めた牛乳にインスタントコーヒーを合わせておく。
ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。
(普通のパンほどこねなくても大丈夫。目安は10分程度)。

3)一次発酵、ベンチタイムなしで進める。そのまま12個(1個約40g位)に分割して成形する。




綴目を上にして麺棒を当て、長さ12㎝位の楕円形に伸ばす(A)
甘栗をちらし(B)
粒ジャムキャラメルを小さじ1/2 散らす(C)
手前から巻いて(D)
巻終わりを軽く閉じる。(E)
両手で転がして長さ15㎝位の棒状にする(F)
右端の先端をつぶして(G)
潰した面で、もう片方の先端を包むようにして(H)
丸く整える(I)
同じように残り11個を成形する(J)

4)硬く絞った濡れふきんをかけ、40℃で15~20分発酵させる。(1.2~1.3倍くらいに膨らむまで。写真右下位まで)




)沸騰直前の湯に砂糖(大さじ1:分量外)を加え、ベーグルを弱火で1分茹でる。(片面10秒ずつ)

6)200℃に予熱したオーブンで12~15分焼く。

***続きは家族日記です。


訪問、ありがとうございます。

皆様良い月曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。





観音崎。



運動会の翌日の昨日。
昨日も
気持ちのいい秋晴れ。


本当は、里芋堀に行きたかったのだけど
里芋は、もう終わってしまったと聞いて
目的地を決めずにお出掛け。

釣り日和だねえ!と海を眺めて
早起きしなかったことを後悔していたら・・・


黒幕父さんが観音崎に連れて行ってくれました。




秋の海はきれい。




秋の空もきれい。


私が、”釣日和なのに、寝坊したーー”と悔やんだのも正解(?)で


波打ち際からも
お魚が見えていて、

秋の週末は早起きに限る!!と
誓って、
そして、まだ後悔していたら・・・



朝、起きて
畑に行こうか
釣りに行こうか

悩めるのも
また贅沢だよ。と 黒幕が笑うので


ほんとう。
確かにその通り!と思う。


まずは
”秋晴れ”な日曜日に
感謝しなくちゃ。

そして、家族みんな元気なことにも。



推古天皇時代の洞窟。

近所だと思っている
観音崎にも
知らない風景が沢山。

ユウは”『三ケタの 時代!!』なんて、すごい!”と
漏らしていました。

そだね。
三ケタ。
確かに^^


”あれ?海も、『こうよう』してる?”

とユウが言いました。


浜辺に沢山の赤い海藻。
天草かなあ。


確かに 紅葉みたいな
優しい紅い色です。


不思議なトンネルを抜けて


公園の傍に


自然博物館がありました。
ユウの、目的地はここ。



ここの博物館は”タナゴ”が沢山。
タナゴは卵で赤ちゃんを産むのではなく
お魚の形で赤ちゃんを産むのだと
初めて知りました。

丁寧で解りやすい説明文に
赤ちゃんが生まれる様子を
想像できました。


タコサンや


ハリセンボンに

挨拶して

博物館満喫。


クイズラリーも制覇して
可愛い貝殻を一つもらえました^^

それにしても
”危険な生き物”の
一番の答えが
”すべすべまんじゅうがに”って

可愛い名前。


そして、灯台へ。
青い空と青い海と白い灯台。

なんて気持ちのいい風景!!




灯台の上まで登ってみました。


見上げて、見えるものは
灯台の先と空。だけ。

気持ちいい!



ユウが、『こうよう』みたいだね。
と言った 海辺が
遠くに見えました。

見下ろす紅葉もなかなか^^


深呼吸。
海も空も青くて

深呼吸がとってもおいしいです。



向こう岸には千葉が見えました。


”ユウ、今、日本地図の神奈川の『どこ』に いるのか、すごく よくわかる!!”

とのこと^^


空を見上げたら飛行機雲。

ずっと海を行き交う船を見ていたからか、
船の轍みたいにも見える。

空を見上げているのか
海を見ているのか
海の中から空をみているのか

そんな感覚にもなりました。


秋のお散歩で見たものは

青い空と
青い海と。

言葉で並べると
少ないようで

贅沢な景色ばかり。


気持ちのいい
秋のお散歩を
ありがとう黒幕様。
ありがとう。ユウ。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック