完全に涼しくなる前の 秋の気温は
パンを捏ねるのが 気持ちいいです。
毎年、食欲の秋、パンの秋なワタシ。

秋らしいパンも作りたくなるケド
夏の終わりを惜しんで夏っぽいパンを、作りました。


レモンをたっぷり入れたクリームチーズを包んだ
カップパン。

上の香ばしい帽子は ココナツです♪

レモン、チーズ、ココナツ。
夏らしい組み合わせです。


このパン生地、成形するときも、柔らかくて、しっとりしてます。
そのまま焼くと、ダレちゃう柔らかさなので
カップに入れます。
カップのお蔭で背が高く焼けて、ふわっふわ。



中は、レモンピール入りのクリームチーズ。
クリームチーズはお好みでもっと入れてもいいのだけど


卵入りのリッチな このパン生地も
しっかり味わいたいので

こんな配合です。


ココナツのサクサク、香ばしい 帽子に
むっちりした、このパン生地が
とっても良く合います♪

***レモンクリームチーズとココナツの カップパン。 6個分

強力粉・・・150g
卵黄・・・1個
牛乳・・・70cc
バター・・・30g
塩・・・小さじ1/4
てんさい糖(上白糖でもOK)・・・大さじ2

クリームチーズ・・・100g
レモンピール・・・50g

卵白・・・1個分
ココナツパウダー・・・50g
てんさい糖・・・30g
粉糖・・・適量


200度で焼く。

=A=
強力粉・・・50g
てんさい糖(上白糖でもOK)・・・大さじ2
ドライイースト・・・小さじ2/3
牛乳・・70cc 30℃位に温める)
=B=
卵黄・・・1個分
強力粉・・・100g
バター・・・30g
塩・・・小さじ1/3

=レモンクリームチーズ=

クリームチーズ・・・100g
レモンピール・・・50g
(無ければレモンの皮を黄色い部分だけすりおろして1/2個分)

=仕上げ用=

卵白・・・1個分
ココナツパウダー・・・50g
(ココナツミルクパウダーでは 無いので ご注意ください~~)
てんさい糖・・・30g
粉糖・・・適量

*下準備*(一次発酵の間に行ってもOK)

・クリームチーズは室温に
戻して、刻んだレモンピールを合わせる。

・仕上げ用の
卵白、ココナツパウダー、てんさい糖を合わせて混ぜておく。


1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。(柔らかい生地ですが 捏ねているうちにまとまってきます)

生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。

3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして、6等分(1個約50g)にして丸める。 硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。

成形する。



綴目を上にして手のひら大にする。(A)

下準備したクリームチーズを1/6量のせる。(B)
包んで(C)
綴目を下にしてカップに入れる。(D)
残りの5つも同じように成形する。(E)

ラップをかぶせ、固く絞ったふきんをのせて、40度くらいの所で
2次発酵させる。(1,2倍くらいの大きさになるまで写真右下位まで)






下準備した ココナツ卵白をのせ(F)
粉糖をふる。(G)


200度に予熱を上げたオーブンで8~12分焼く。

粗熱がしっかり
取れた後、再度粉糖振ると綺麗です。






訪問、ありがとうございます。

皆様良い日曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。






ぜいたく。





土曜日は、早起きして
北軽井沢。


もう、北軽井沢では りんご狩りも出来ると聞いてやってきました。




農園は 秋の空気いっぱい。
ハロウィンかぼちゃも笑っていました^^

こんにちはー。
秋ですねー。


コロコロ可愛い秋の形と


色とりどりの秋の色と


まだ、 夏も感じる
農園のお店。

そして、畑には

コスモスも咲いていれば


まだまだ元気なヒマワリも。


紫陽花まで咲いていました。


はー。
北軽井沢って、

季節が のんびり な、ようで、もう
風は冷たくて。

コスモスと紫陽花を一緒に見れるとは
思わなかったなあ・・・と漏らすと、ユウが


”ぜいたくだよねえー”
と、ユウも、うっとり こぼしました。





確かに!!
贅沢。
豊かな ことです。


青空と、りんごが 実る空の下で




トウモロコシが空を見上げていて


もぎたて モリモリ食べたり。


太陽の陽射しと秋の風を 満喫したような(?)トマトを


かぶっと、食べたりね^^

贅沢。贅沢。



これは なつはぜ。

初めて出会いました。


可愛い、小さな実は
食べると きゅっと すっぱい。
この辺りの夏の味。


ねえ。ユウ。


果物の 甘みも


香りも


歯ごたえも


夏と秋の間の空の下で


一緒に一度に味わえるなんて


とっても、とっても贅沢だよね^^


大きな木に
並んで座れることも

贅沢。贅沢。


”前へならえ”した レタスの列


ユウの背丈に追いつきそうな
夕顔


のんびり、のびたヒョウタン。


ユウの声で聞いた
”ぜいたくだねえ。”と言う言葉と一緒に


有難く 周りの景色や
ユウの後ろ姿と一緒に
身体に染みました。


農園で 頂いた
梨のジュースと
トマトジュース。

こちらも贅沢な味わい。


お昼ごはんは
川の音の聞こえる
お蕎麦屋さんで
食べました。

緑の中の
二人の姿も贅沢。贅沢。




ユウの声の
”ぜいたくだねー。”

が、まだ耳に残っています。


そして、
食欲の赴くままに
畑に居たら、
随分沢山なお土産になりました。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック