昨日は、お月見でした。
残念ながら、雨の夜で
お月様は見れなかったけれど、
食卓だけは お月見。

お豆腐に山芋を絡めた
揚げ出し豆腐に うずらの卵を
添えました。



薄味揚げ出し豆腐に、卵を絡めて頂きます。


さっくり衣の 中は つるんとした絹ごし豆腐。
この食感の違いが楽しい。


お月様にちなんで(?)
下に敷いた布巾は 狸さん柄^^



昨日の献立は

イナダの照り焼。
しめじ・舞茸・小松菜を炊いたの。
もずく・豆もやし・オクラ・ミニトマトの和え物。
山芋揚げ出し豆腐。

ウサギ饅頭→☆
お月見団子。

ごろごろ大根のお味噌汁。
低GIごはん。

9月になったばかりなのに、
すっかり、小豆やおまんじゅう、お団子が似合うお天気。


お月見団子は、
近所の和菓子屋さんで
”ススキ プレゼント”に釣られて
買ってしまいました。

ウサギ饅頭だけ作って賑やかな食卓。

給食でも お月見団子が出たそうです。
甘いものいっぱいな昨日でした。



***山芋揚げ出し豆腐。 4人分

絹豆腐・・・1丁(300g)
山芋(長芋でなく、大和芋)・・・250g(正味)
青ねぎ・・・8本
刻みのり・・・大さじ1

薄力粉・・・大さじ2

=A=
だし汁・・・300cc
(無ければ お水と和風だしの素小さじ1/2)
塩・・・小さじ1/2
醤油・・・小さじ1
おろし生姜・・・小さじ1

三つ葉・・・適量
うずらの卵・・・お好みで。

1)絹豆腐は8等分に切り、薄力粉をまぶす。青ネギは小口切り。
山芋はすりおろし、青ねぎ、刻みのりをあわせて良く混ぜる。

2)絹豆腐に山芋を絡めて180度に温めた油で
きつね色になるまで揚げる。

3)Aを鍋に合わせて煮立て2と合わせ、三つ葉、ウズラの卵と一緒に
盛り付ける。

***続きは家族日記です。


訪問、ありがとうございます。

皆様良い月曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。






妹。

先日、無事出産を終えた妹から
退院のお知らせを貰いました。

”あかちゃんに、会いにいきたい!! やっぱり!
ちゃんと、あいたい!!”と
懇願するユウ。

旦那さんのお母さんと同居している妹だし、
自宅まで押し掛けるのはなあ・・・と
悩みつつ

”『げんかんさき』から、そっと 見るだけでいいから!!”という
ユウの言葉に笑ってしまって、

うんうん。
玄関先でね^^

と 妹にメールを送って
会いに行くことに
しました。

病院に赤ちゃんを見に行った時→☆
みたいに、また、雨。

また、雨降っちゃったねー。
と 秋の小雨の中 二人で
一つの傘をさして、妹の家へ向かいました。

家に到着すると
妹も、妹の母も

”玄関先”なんて 言わないで。と笑ってくれました。




小さい
小さい
小さい

赤ちゃん。

写真でない、生後11日目の赤ちゃんに
ユウが うっとり ため息を漏らしていました^^




はじめましてー。

(一方的に)握手。


念願の抱っこ。

”ちいさくて・・・ないちゃいそう・・・”との、ユウの 感想。
何故か小声にもなっていました^^

赤ちゃんを抱っこして
嬉しくて、泣いちゃうんじゃなくて
小さくて、泣いちゃうって
感覚、解るなあ。

私も、赤ちゃんだった
小さい
小さい
小さい

ユウを、

嬉しいというより
その、儚いような小ささに
震えながら 抱っこしてたよ。



ちょん。


ちょん。

可愛くて
愛しくて

触っちゃうよね^^




嬉しそうなユウに
健やかに寝ている赤ちゃんに

涙が止まりません。


そして
素敵な時間をくれた
妹に心から、ありがとう。


”あ、『もしもし』って してるよ!!”
小声で、赤ちゃんの動きを解説(?)する ユウ。

『もしもし』・・・かな^^
どうかな。

でも、赤ちゃんと お話したいことは沢山沢山あるね。

生まれて来てくれてありがとう!!


小声で、赤ちゃんの色々に
反応するユウを見て

私は、妹が生まれた日の事を思い出していました。

姉と二人

”いもうとが、ほしいー!”とサンタさんへお願いしたその年に
赤ちゃんが母のお腹に来てくれたことは、
本当に夢みたいで、

翌年のクリスマスには
大きなお腹の母を囲んで
”赤ちゃん待ってます”と
乾杯したんだった。





三姉妹の三番目の妹は
”アルバムの数が、姉に比べて少ない”と拗ねることがあったけれど

アルバムなんて要らない位に、

5歳年下の妹の事を覚えている。
ふにゃふにゃと泣いて、母を呼ぶ 赤ちゃんの妹の顔を
姉を二人、いつまでも覗き込んでいた。

初めて下の歯が生えた顔や
笑うとエクボが出来る 人懐こい笑顔や
クシャミを、いつも飲み込もうとする 顔。

何気ない 日常の妹の

かわいい
かわいい
かわいい

顔を沢山、いつでも思い出せる。

昨日の事みたいに。


私に
”かわいい”とか
”愛おしい”とか

いう 感覚を、初めて教えてくれたのは
妹の存在だったなあと

改めて思う。

今の、ユウも
あの時の私と
同じ気持ちなのかなあと

赤ちゃんだったユウが
赤ちゃんをそーっと抱っこしている
笑顔を見ていました。

赤ちゃんにも
泣けちゃうし

ユウにも
泣けちゃうし

妹との思い出にも
泣けちゃう。


赤ちゃん、かわいいね。ユウ。

ユウも、かわいいよ。(親ばか)

そして、妹も 可愛かった。
とーーっても 可愛かった。

帰り道は
二人の子持ちになった 妹が
ユウにとっては、叔母が
とっても可愛かったことを

ユウに聞いてもらいながら帰りました。

ニコニコ聞いてくれるユウを
また、”かわいいなあ”と思いながら。



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック