週末の、流しそうめん→☆
のお供に作った 舞茸天ぷら。

きのこ天ぷらは大好きなんだけど、、
すぐに しんなりしちゃうのが
いつも残念に思っていました。

大人数ご飯は
ゆっくり時間かけて食べるし

ずっとサクサク、カリカリな
きのこ天ぷらを目指しました。



そしてサクサク!!カリカリ!!
翌日もサクサクな マイタケ天ぷらが出来ました。


2度揚げしてみたり、と格闘したこともあったけれど
温度は他のお野菜より高めで、一気に衣を固めちゃうこと、
しっかりきつね色になるまで。
揚がるまでは 触らず・・・

と、結構ほったらかし にしたら
いい感じに^^

昨日の献立は



蓮根入り和風ハンバーグ。
カリカリ 舞茸天ぷら。
茄子の生姜味噌炒り→☆

・・・ちなみに、この茄子の作った時も
和風ハンバーグ献立でした。
もずく・ミニトマト・ミョウガ

低GIごはん。
千切りキャベツと胡麻のお味噌汁。


茗荷・蓮根・茄子・舞茸
盛夏から晩夏にかけての 野菜いろいろ。

夏野菜も大好きだけど
秋も美味しいよなー。

***カリカリ!舞茸天ぷら。 少な目小鉢で4人分


舞茸・・・1パック(130~150g)
片栗粉・・・大さじ3

=衣=
薄力粉・・・大さじ5(50g)
冷水・・・100cc
ベーキングパウダー・・・小さじ1


1)舞茸は石突を除いて小房に分け、
片栗粉をしっかり隅々まぜまぶす。

(丁寧に片栗粉をまぶしておくろ、キノコの水分が外に出づらく、
きのこは ぷりぷり、衣は カリカリに仕上がります。


2)揚げ油の温度を180度にして、衣の材料をすべてあわせる。
1のキノコを衣に絡め 揚げる

(衣も、たっぷりと言うより、しっかり丁寧に
隅々まで絡めると 水分が外に出ずカリカリに!)





180度の油にいれたら
200度に温めながら(または強火にして)
あまり触らず、時々返す位できつね色になるまで揚げる。

8分くらいかけて
じーーっくり衣をカリカリにします。

塩や天つゆ、柑橘と一緒にどうぞ♪

***続きは家族日記です。



訪問、ありがとうございます。

皆様良い金曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。






季節の会話。








私が一日お仕事の間、
近所のお友達が

ユウを ワンちゃんのお散歩に
誘ってくれました。

そして海まで行ってきたと
写真を送ってくれました。

夏休みも終わって
海の家もすっかりなくなった

いつもの浜辺。
写真からも
もう秋の風が感じられます。

写真を見ながら
”気持ちよさそうだねー”と
言うと

”気持ちよかったー”との事。

ワンちゃんの表情からも、ユウの表情からも
解ります。



そして
”お母さん、・・・鳥さんも おさんぽ・・・ってする?”

と聞いて来て 見せてくれた写真。

海の近くのスタバ。
停めてあった自転車に
大きなオウムさんが いたらしい。

でも、確かに お散歩な感じ。
夏の暑さが過ぎたこの時期は

犬も、鳥も、そして 人間も
お散歩、 気持ちいいよね^^


近所までのお買い物や
ユウをピアノに送ったり

ユウと手を繋いで歩くのが気持ちいい。

昨日は
夕方に 気持ちのいい風が吹いて

”風、きもちいいねー”と
二人で声が揃って 笑いました。


”秋になったねえ。”
”ねえ。”と

繋いだ手を ぶんぶん 振って
放課後のお散歩。お買い物から 回り道して帰りました。



はる
なつ
あき
ふゆ

暑いとか、寒いとか
清々しいとか すずしいとか

何気ないお天気の会話を
ユウと何度しているだろう。

ちょっと 吹いた風にしても
”気持ちいいね”と声がそろったり

返事をしてくれる人が隣に居てくれると
それだけで楽しい。

大袈裟なようだけど、
幸せだなあ。と思う。

ユウとの
何気ない こんな会話が
愛しいです。


さもない
季節の会話を
でも、とても有難い
幸せを

いつもありがとうね。

ユウ。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック