良く作る 蒸し鶏の作り方→☆
一緒にお野菜も入れちゃって丼にするのが
夏休みの”いそげー!”なお昼ごはんに大活躍♪

材料ぜーーんぶボウルに入れるだけ。
あとは、牛蒡の香りがぐーっと鶏肉や
タレを美味しくしてくれます♪



目玉焼きをどーんとのっけて
崩しながら


そして、煮汁をご飯の上から回しかけて
わしわし!っと頂きます♪

この日のお昼ごはんは



速攻さっぱり鶏牛蒡丼。
人参・きゅうり・大根のナムル風サラダ。
お豆腐サラダ。

カニカマとコーンのスープ。


大人はさらに柚子こしょうを添えたりもします♪

***速攻さっぱり鶏牛蒡丼。 2人分

鶏もも肉・・・1枚
牛蒡・・・2/3本(正味70g)
=A=
にんにく・生姜・・・各1片
ごま油・醤油・きび砂糖・米酢・酒・各大さじ1

青ねぎ(小口切)・・・3本分
目玉焼き・・・お好みで2本分くらい。

1)牛蒡は包丁の背などで皮をこそげ斜め薄切りにして酢水(分量外)にさらす。
にんにく、生姜はみじん切り。

2)もも肉は皮目を下にして耐熱ボウルに入れて
Aを上から入れ、牛蒡の水気を切ってお肉の上にのせる。

3)ふんわりラップをして電子レンジに4分かけて
そのまま冷ます。(時間があれば15分ほど置くと、より
お肉がしっとりします)

お肉を切り分けて牛蒡と合わせてご飯に添え、
目玉焼きを乗せて、青ネギを散らす。

訪問、ありがとうございます。

皆様良い 木曜日になりますように

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。






再訪のお楽しみ。




国立公園をドライブ中


なんだか不思議なものがいっぱい見える!!


近づいたら・・・


ぜーーんぶ植木!!

地図にも載ってないし
名前も無いところだったけれど
楽しくて車を降りて
鑑賞させてもらいました。




何故か、ここには鹿さんも居て
餌もあげれました。


美しい小鹿さんも。
かわいい!!


そして、くじゅう自然動物公園へ。
ここは2回目です。
ユウが1歳くらいの時に来て以来。

あの時は
大きなラマやエミューに囲まれて泣いちゃったユウ。


8年後の今。
大泣きするユウを
抱っこして歩いた道が懐かしいな。

彼女自身は全然覚えていない様子だったけど


”あかちゃん!! かわいい!!”
とミルクを喜んであげてます。

あのころのユウも、まさに”赤ちゃん”でした。


8年後の今や
すっかり、動物も引率(?)出来るようになりました^^


黒幕父さんは、相変わらずモテモテです。


動物さんたちは


とっても小さかったユウを


覚えていてくれてるかなあ。


あの日は、小さいユウが泣いちゃってごめんなさい。
本当は動物大好きなんです。


大きなラマさんとも


すっかり仲良くなって


良かったね。
ユウ。


きっと
彼(?)も

”大きくなったねえ”と言ってくれているよね^^


そして、ユウと一緒だから
行こうと思う、初めての場所も沢山。

何やら、大きなコーンがあったので
記念撮影。


日本一の大吊橋。


さすが、日本一。
なかなかの高さ。
なかなか・・・怖いです。


音は聞こえないのに
高さだけは
しっかり感じる滝。

大きさを見るだけで迫力。


足元から広がる景色。


ゴジラの目線よりも高いらしい・・・。


日本一高くて
日本一長い

吊り橋からの景色は


雄大で
ユウの
”わわわーーーー!たかーーーい!”という歓声とともに
覚えておきたい景色でした。




以前来た時は
霧雨だった、阿蘇の山々の風景

夏らしいこんな風景も気持ちいい。



小さかったユウを思い出して笑いあえること。
これは再訪のお楽しみ。

そして初めての場所を家族で訪れて、それもまた思い出になって

何年後かに
どこかで皆で思い出して
笑ったりしているのかな。



数年前のユウと同じ場所。
数年後にユウと同じ場所。

大きくなったユウと
同じ場所を訪れるのは
時間がくれる

大きな大きな楽しみのひとつ。だなあ。

旅行に来るたび思います。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック