マカロン。名前と見た目と
なんて可愛いんだろうと思います。

色もカラフルで
季節に合わせていろんな色で作りたくなっちゃいます。


マカロンミックスで簡単に作りました。
今回は、春らしく
ピンクで。

淡いカラフルな色をそろえて
イースターカラーにしても
可愛いだろうな♪


そして、マカロン
マカロン自体が甘いので
サンドするものは、しっかり酸っぱいものとか、
甘みの入れないクリームがいいなあと思っていて


いちごと、バニラビーンズを合わせたクリームチーズをサンド。
マカロンと合わせて食べると
丁度甘酸っぱく、クリーミーな感じに♪
生の果物をサンドするのは
お家ならではかなーと思います♪


・・・ちなみに
本当は、イースターにちなんでうさぎ型を作ろうとして
失敗しました・・・


・・・がーーん><

(なので、出来たマカロンがすごく少ないのです・・・ごめんなさい)



***いちごチーズのマカロン。約15個分

マカロンミックス・・・60g
水・・・40g

アーモンドパウダー・粉糖・・・各60g

食紅・・・微量

=クリーム=
クリームチーズ・・・40g
バニラビーンズ(あれば)・・・1/4本


*下準備*
オーブンの予熱を140度にあげておく。
天板にオーブンペーパーを敷いておく。
クリームチーズは室温に戻しておく。

1)マカロンミックスと水を合わせて
角が立つまでしっかり泡立てる(ハンドミキサーが楽チンです)

2)アーモンドパウダーと粉糖をあわせてザルにいれて
1に振り入れる。
ゴムべらで、粉気が無くなるまで切り混ぜる。

3)食紅を微量加え(本当に本当にちょっと)好きなピンク色にして
混ぜる。
絞り袋に入れて
下準備した天板に直径3センチに絞り出す。

予熱を上げたオーブンで12~13分焼く。

4)クリームチーズを室温に戻し、バニラビーンズを入れて
良く混ぜてイチゴと一緒にサンドする。



***続きは家族日記です。



訪問、ありがとうございます。

皆様良い月曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。




恋は遠い日の花火ではない。



週末はディズニーランド。
お天気晴れて安心しました。




ディズニーランドは
イースター。


たまご と うさぎ。
という組み合わせってなんて可愛いんだろう♪


ポップコーンの入れ物も
卵型ミッキーでした^^


今回はユウのお友達と、私。




りえちゃん親子と
しのっち親子と 一緒に来ました。

そして子供たちが
心ひとつに目を輝かせて
追いかける先には・・・


カモさん♪



”かわいいー!”
”かわいいー!”

と一斉に黄色い声援(?)を上げる子供たち。


ディズニーランドという場所柄
他にも、可愛いものや、目を輝かせるものが
あるのにね。

まあ、そんな子供たちの
後ろ姿もかわいいです^^


なんとなく、
この写真と矛盾も感じるけど・・・^^;


夢の国のディズニーランド


もちろん、自分が楽しくて
行きたくなるのだけど


子供の笑った顔が
うれしくて
うれしくて
うれしくて

また来たくなってしまいます。


学生時代やOL時代も
デートとか、
お友達ととかで

来たけれど

ユウが生まれてからの方が
断然来てるもんね。ディズニーランド。



そういう意味で
ユウや、お友達の子供達に、私が連れて来て
もらってるのかもね。

ありがとう。


この日は
お泊り。

”さ、お城へ帰りましょう♪”
と ちょっと上品な様子(?)で
ソロソロと嬉しそうに

お友達とユウと女子二人
ロビーに入って行きました^^



ランドでの元気な様子も
ロビーのテレビの前での静かな姿も

かわいいでございます。

王子様二人
お姫様二人
(・・・という事にしておこう・・・。)




さて、ばあや(?)達大人三人
(いやいや・・・夢の国だもの!王女様か??? まあいっか。)

子供たちが室内で
楽しそうだったので
しばし、休憩。

私はウイスキー。(ばあやでもなく、王女様でもなく オジサンじゃん・・私)
山崎12年(うしし)ミストでダブル。


りえちんとしのっちは
色の綺麗なカクテル(しかもノンアルコールだったかな)
を飲んでたのにもかかわらず・・・。


ウイスキーな気分だったのです。
もう20年近く前かな、

まだお酒も飲めない頃。
ウイスキーで(サントリー OLDだったと思います)
”恋は遠い日の花火ではない”というCMがありました。



ウイスキーの音と、まだ知らないその香りも感じるような映像と
CMに出てくる”課長”という言葉に

大人の世界を見て憧れていました。

気づけば自分も40歳を過ぎて
同期も課長になったりしている今。

子供を想いながら、語りながらいる自分が
不思議で、楽しくて、有難くて、
ウイスキーな気分だったのです。




”恋は遠い日の花火ではない”とは言っても

大人三人で語らったのは
もちろん、恋ではなく、お母さん話ばかり。


でも、恋人みたいに、
心震わす子供の話をしながら飲む ウイスキーは


最高でした^^


遠い日の花火と
お酒の味も知らない頃、
ユウに出会う前の日々や
赤ちゃんの彼女との日々を振り返ると

うきうき、はしゃいじゃったりする。


気の許せる友人と

こんな時間を持てると

すべての愛しい想い出も出来事も
”遠い日の花火ではない”と思えます。


ウイスキーの美味しい
お喋りの美味しい
子供の元気な声が美味しい

夜でした。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック