4日連続でパンを 捏ねて焼いていました。
日に日に発酵時間が短くなって
春が近づいているのが解ると
どんどん楽しくなってしまって・・・

今朝は
ドライいちごと キャラメルチョコチップを入れたカンパーニュ。
全粒粉も混ぜ込みました。


いちごとキャラメルの香りに
全粒粉の香ばしさが バッチリ合います♪



大きいパンは表面と中との
歯触りの違いがまた楽しい。




渋い色合いなんだけど
イチゴ&キャラメルの かわいい(?)組み合わせって所も
気に入っています^^



***いちごキャラメルカンパーニュ 1個分

=A=
強力粉・・・50g
きび砂糖・・・大さじ2
ドライイースト・・・小さじ1・1/2
水(ぬるま湯:30℃位)・・・180cc

=B=
強力粉・・・90g
全粒粉・・・60g
バター・・・30g
塩・・・小さじ1/3
=C=
ドライいちご(あわせて100g)
キャラメルチョコチップ・・・50g
*下準備*

・ドライいちごは7ミリ角に切る。
・カンパーニュ型の内側に、強力粉をまぶしておく。


1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。
直径20センチに広げ、下準備したドライいちごと、キャラメルチョコチップをチラシ、巾着を包むようにして混ぜ込み、モミモミして全体に散らす。

生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。

3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして丸め直す。
硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。




3)一次発酵が終わったら上から優しく押さえつけ、ガス抜きをして丸めなおし硬く絞った濡れ布巾をかぶせてベンチタイムを10分とる。

成形する。

硬く絞った布巾をのせて40度くらいのところで2次発酵させる(20分位)

型の側面が見えなくなるくらいまで膨らんだら(写真右下位まで)


5)
オーブンペーパーを敷いた天板にひっくり返し、
切り込みを入れて


焼成する。
210度に予熱を上げたオーブンで12~15分焼く。

***続きは家族日記です。


訪問、ありがとうございます。

皆様良い月曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。




”かわいい”キッザニア。



連休中日は キッザニアへ行ってきました。


時間勝負(?)な
キッザニアだけど、
ユウは、急いで並ばず、
前回同様→☆

地図とお仕事とその内容と
熟読してから
○や△のマークを付けます。

相変わらず慎重派(?)デス。


最初は
冷凍食品会社に決めました。



眼鏡かけたりして・・・。
見ているこちらも ワクワク。


ドライアイスが出てくるトコ。
子供たち、盛り上がっていました。



食材とドライアイスを合わせて 振り振りして


冷凍エビピラフ出来上がり。


最後はレンジで温めてくれます。
美味しかったー^^

ご飯は炊きたてご飯だった様子だけど
ドライアイスであんなに
パラパラになるんだね。
知らなかったです。



そして、次はガラッと変わって
ヘルメット。

東京ガスのスタッフ。


”スカイツリーのガス管交換へ 出動お願いします!”
”わかりました!!”


”ヘルメット よーし!!”
と指さし確認後

バスに乗り込み、スカイツリーへ向かうユウたち。
その後ろで、せっせと動画を撮る黒幕。


バルブを開けたり


新しいガス管を交換したり

テキパキ作業。
無事、交換出来たようです。


作業修了証。
ユウは、お仕事でもらったお金より
この証書が嬉しかったみたいです。

”本物だよ!”とのこと。
・・・うん^^本物です^^


そして、次は ピザーラ。
前回もやったお仕事故、
ちょっと緊張顔も解れるユウ。


ユウと同じテーブルに、幼稚園位の子が居て
可愛くて見入ってしまいました。
3年生のユウと、小さい子ではテーブルの高さも違って、
一生懸命手を伸ばしている様子も可愛かったなあ。


ユウのキッザニアデビューは
1年生の時。

幼稚園の時は
私から離れて
1人で順番に並んだり、
知らない場所で、知らない人の中で、
初めて見聞きする作業をするのは、

絶対、
”やだ。おかーさんと”って言うだろうな。と

連れてくるのを躊躇していたのだけど



今、こうして、楽しそうに
参加しているのを見ていたら

”ユウは、人見知りだから、場所見知りだから。”
と勝手に決めつけて居たのかもしれないとも思う。



親の私が敏感になる分
ユウも敏感になってしまっているだけで。

その場所へすぐ入れなくても
一緒に
”面白そうだね。 おいしそうだね。 ”と
ゆっくり見学したりしていたら
良かったのかな。





急ぐ必要も無いけど、
私から、勝手に諦める必要も無かったの かなあ・・・。

と思う。

ね。ユウ。

今回はいろんなお仕事に参加して



お仕事の後に
目を輝かせて 帰って来て
色々感想を教えてくれるユウを見て



幼いころの
ユウのキャラクターを決めつけてしまっていた自分を反省。

場所見知り
人見知り
良く泣いて、こわがり・・・

その時々はそう感じても

”ユウは、場所見知りだからなー”なんて
口にしちゃうことで、呪文のようになってしまっていたのかも。





そんな後悔と反省話を黒幕に
聞いてもらっていたら

”まあ、そうは言っても 本当に泣き虫だったけどね”と笑って
”まだ まだ かわいいよ
場所見知り も 人見知りも かわいいじゃん。”
言ってくれました。


・・・そだね。

成長するユウに着いていけなかったり
背中を押すタイミングに、手を握りすぎて居たり

今までのユウとの時間に
反省は数あれど

”かわいい” と
全部を受け止めてくれる 黒幕父さんに感謝。



最後、キッザニアで働いたお金を
貯金して、
満足そうにお財布を抱えて来たユウを

見たら

”楽しかったな”と
心から思いました。


帰りは
車窓からスカイツリーが見えました。


”お父さん、連れて来てくれて、ありがとうーーー!”と
興奮気味に
お父さんにお礼を言うユウと一緒に

私も
”ありがとう!”
と言いました。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック