黒糖とブルーベリーを合わせた生地を低温で焼きました。
黒糖の白パン・・・って言う感じナンダケド
黒なの?白なの??
わかりづらいので、ソフトパンと呼ぶことに^^

そういえば、黄色い白パン→☆ というのも
以前に作りました。

高温でカリッと焼くのもおいしいし、
低温で、じっくり ふわふわに焼くのも好き。

パンって楽しいなあ♪



強力粉ONLYで、黒糖風味にすると
重くなりそうだったので
薄力粉もプラスしました。


ふわふわ。
ほんのり茶色い色は
薄皮まんじゅうの色みたい^^

黒糖の甘さに、ブルーベリーの甘酸っぱさが良く合います。


あんず白パン→☆と同じく

これもクリームチーズサンドが良く合います。


クリームチーズにも
黒糖を少し混ぜ込みました♪


***黒糖とブルーベリーのソフトパン 8個分

=A=
強力粉・・・50g
黒糖(粉末)・・・大さじ2
ドライイースト・・・小さじ1
水・・・140cc
=B=
強力粉・・・110g
薄力粉・・・40g
バター・・・30g
塩・・・小さじ1/3

=C=
ドライブルーベリー・・・50g



1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。(少し柔らかい生地ですが、頑張って捏ねているとすぐにまとまってきます。)

生地を直径20センチ位に広げて、ドライブルーベリーをちらし、巾着を包むようにして混ぜ込む。モミモミして全体に散らす。
生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。

3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして丸め直す。
8等分にして(1個約55g)丸め、硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。


再度丸めなおして、黒糖をまぶし、

(黒糖をまぶす時は
パン生地の綴目を持って、小さなボウルに入れた
黒糖に優しく押し付ける感じです。)



綴目を下にして
オーブンペーパーを敷いた天板に
並べる。


ラップをかぶせ、固く絞ったふきんをのせて、40度くらいの所で
2次発酵させる。(1,2倍くらいの大きさになるまで写真右下位まで



5)焼成する。
140度に予熱を上げたオーブンで12~15分焼く。

***続きは家族日記です。


訪問、ありがとうございます。

皆様良い祝日の金曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。




お腹日記 と 指。



先日、学校で、命の繋がりという授業を受けた→☆ ゆうなので
久しぶりに、お腹日記を出してきました。

お腹日記とは、ユウがお腹にいた時の日記。
主には、お医者さんからもらう、お腹の中の写真と
検診の日のユウの成長記録と、その周りの想いを
残したものです。

身長5㎝とか、頭の周りは1㎝とか記入してあるのを
眺めながら
小さいねーと
二人でページをめくりました。


臨月も近くなったころに
一度黒幕実家に帰り、姪っ子たちが
真ん丸な、私のお腹を見て

”かわいいねー”と 撫でてくれたことがあった。

超音波の写真を見て
かわいいなーと思うことは
私もあったけれど

お腹そのものを
”かわいいね”と言われたことが
不思議で、
そしてとっても嬉しくて、

お腹の中のユウが、聞いてくれているといいなと
”かわいいって、言われたよー”と
話しかけていました。

かわいい、かわいいって 沢山の人に言ってもらって
生まれて来たんだよ。ユウ。


知ってか知らずか
アルバムを見ながら
”かわいい~~~”と 喜ぶユウ。
日記に張った、シールが”かわいい”という事かと思いきや
赤ちゃんの自分が”かわいい”のだそうで^^

うん。確かに可愛かったけどね♪


そんなふうに日記を囲みながら
ソファに座っていると
決まって指を私の手に絡めて来る。

一緒にテレビ見たり
それぞれに別の本を読んでいるときも
指だけ絡めて来たりする。

ユウの”くっついていたい”感じが
面白くて、可愛いです。

だって、お腹の中から一緒だったもんねー。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック