週明けの
節分のお豆を(すでに)使って
ベーグルを焼きました。

節分のお豆は
から揚げにしたり→☆ 炊き込んだり→☆
色々に使うのだけど、


甘いものや、パンにも香ばしくて絶対合うよなー。
とまずは ベーグル!


プレーンな生地との組み合わせも試してみたいし
でも ナッツみたいだからココア生地にも合うよなあー。
と欲張って2色なベーグル。


プレーン生地
むっちりした生地にお豆。


ココアマーブル生地。
やっぱりココアの香りにも合うなあ♪

パン生地は プレーン生地をこねてから
半分にして、ココアを混ぜ込みました。
楽チンで2種類出来て、楽しい^^

***福豆ベーグル プレーン・ココア 各3個分


=A=
強力粉・・・50g
黒糖・・・大さじ2
ドライイースト・・・小さじ1
ぬるま湯(30度位に温める)・・・180cc

=B=
強力粉・・・200g
サラダ油・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/3

鬼打豆・・・大さじ6と 30粒
(大さじ6は 大さじ2づつベーグルに巻き込みます。30粒は
5粒づつ、ベーグルの上に散らします)



1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。
(普通のパンほどこねなくても大丈夫。目安は10分程度)。

生地を半分に分けて、ココア大さじ1を混ぜ込む。(マーブル状になりますがそのままでOK)

3)一次発酵、ベンチタイムなしで進める。そのまま各3個 1個約85g に分割して成形する。


綴目を上にして、手のひらサイズに伸ばす(A)
節分の豆を散らし、上から軽く押さえつける。(B)
端から巻いて(C)
巻終わりを軽く綴じる(D)
両手の下で転がして20センチ長さの棒状にする(E)
端を3センチほど潰して(F)
両端を合わせる(G)
潰した面で、もう片方の生地を包むようにして円形に整える(H)


ココア生地も同じように成形する。



4)硬く絞った濡れふきんをかけ、40℃で15~20分発酵させる。(1.2~1.3倍くらいに膨らむまで。)



5)沸騰直前の湯に砂糖(大さじ1:分量外)を加え、ベーグルを弱火で1分茹でる。(片面30秒ずつ)


豆をベーグルの上に5こづつ並べて


6)200℃に予熱したオーブンで12~15分焼く。



***続きは家族日記です。


訪問、ありがとうございます。

皆様良い土曜日を~。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。




金曜日の夜 と 夜景。


金曜日の昨日は
ユウが帰ってくるのを待って
お出かけ。

お父さんの会社まで。

”『東京』で、お父さんに会うの、うれしい”と
ワクワク中なユウ。

会社近くで、黒幕と待ち合わせて
彼にそのままユウをお願いして
私は、お仕事仲間のOちゃんと

水道橋。


私は いつもお世話になっている(個人的にも 大大大好きな)
kodomoeの 白泉社さんの 新年懇親会に呼んでいただき
出席しました。



去年創刊号が出た
kodomoe。
付録についていた ミッフィーのカバンと
”のらねこぐんだん”の絵本、もー!もー!もー! すごーーーく可愛いです^^


東京ドームホテル。
今の私の近所からは無縁な
都会の夜景ながら、懐かしいです。

中野に居た頃は東京ドームに家族と、そしてユウと二人でも
良く遊びに来たなあ→☆(ユウ、ちいさい!!)


金曜の夜に
今はユウも傍に居なくて
こんな都会にいるなんて、不思議。

あのころのユウにも会いたいような^^



そして、黒幕父さんとユウからも
夜景の写真が届きました。

どこに居るんだろ。
お互いに、こんなに高いところに居たら
見つけられそうな気がして
小さなあちこちの窓を探してしまいました。


彼らからは、東京タワーがきれいに見えたとのこと


”どこに、いるんだろね。 探しちゃう!”とメールで伝えると

”ここだよーー! まどに ハートが あるところ!!”

と 東京タワーの真似までして
合図(?)を贈ってくれた様子で


”ゆきだるま も 目じるしだよ!!”との事ですが

(当たり前だけど)見つけられず・・・。



どんなに、その夜景がきれいだったかを
”写生”していたらしいユウ。
カラーボールペンで描いていたので
なかなか表現が難しかったと言っていました。

金曜の夜、お家の周りとは違う夜景を見ながら
お父さんとユウと空でつながっている感覚、

楽しかったよ^^
ありがとう!!

大きくなったユウも
とても高い場所から見る都会の風景も
夜空の暗さも
街の明るさも
メールのやり取りさえも、

現実でないみたい
近未来みたい

不思議でした。







コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック