昨日の夕飯は、黒幕リクエストで鶏天でした。
”かりかり!ざくざく!って 衣の・・・とか、いいなあ”という
食感のリクエストもありまして、

衣・カリカリを真剣に作りました^^



カリカリ衣。

下味は、いつものように鶏天は生姜醤油な鶏天→☆

薄力粉でなく、強力粉にしたら
さらに カリカリな衣になりました。


もも肉の鶏天には、
青ネギもあわせて。香ばしいネギが良いアクセントになりました。

昨日の献立は


カリカリ・鶏天。
風呂吹き大根。
湯豆腐みたいな煮物。
いんげんの胡麻和え。

低GIご飯。
大根の葉のお吸い物。


夕飯、リクエストが入るとやっぱり嬉しい♪

”とりてん、いいねえ!”とモリモリ食べてくれる
二人の顔と”カリカリ”いう衣の音と
幸せな夕飯でした。

***カリカリ 鶏天 4人分

鶏もも肉・・・1枚
ささみ・・・2本
梅干し・・・2個
大葉・・・4枚

=下味=
青ネギ・・・10本(小口切)
醤油・・・大さじ1
酒・・・小さじ1
おろし生姜・・・小さじ2

=衣=
強力粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
冷水・・・200cc

1)もも肉は食べやすい大きさ(大き目がおいしいです5センチ角位)に切り、
下味に20分漬け込む。

*揚げ油は160度に上げておく。

2)ささみは筋をのぞき、ラップの間に挟んで、麺棒などでたたいて厚さ5ミリくらいに伸ばす。
大葉(2枚)種を除いた梅干し(1個分)をのせて端から巻いて
強力粉(分量外)をうすくまぶす。

3)衣の材料をあわせて、軽く混ぜ(ベーキングパウダーが働いてシュワシュワ~と膨らめばOKです)、1を下味ごと絡めて揚げる。

160度からだんだん180度に油の温度を上げながらきつね色になるまで揚げる。

2のささみも続けて揚げる。

食べやすい大きさに盛りつけ、糸三つ葉を添える。

*菜箸で刺してみて、落ちてしまうようなら中まで火が通っていません。
くっついてくるようなら大丈夫です。

*もも肉はささみより火が通るまで時間がかかります。

***続きは家族日記です。


訪問、ありがとうございます。

皆様良い月曜日を!。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。




公園。





昨日、屋上から見えた富士山。
雪の帽子、深々かぶってます。

寒くて、冷たくて、そして気持ちのいい朝でした。


ちょこっとドライブしたらこんな景色。
ぴかぴかの三浦大根、北風に吹かれています。
美味しそうな冬の景色。


お昼過ぎに県立公園。
15時くらいだったのに、もうこんなに影が長い。


ユウが小さい時から
毎週のように出かけていたこの公園も
そういえば、久しぶりです。


やぎさんも冬毛???
ふわふわでした。




白黒アルパカ。
かわいい^^




寒い季節も
暑い季節も

ユウは、ほんとうにここが好きで
ひつじ、やぎ、アルパカ、牛、馬、うさぎ、モルモット・・・
場所も覚えてあいさつ(?)して回ります。


”さむい。さむい”と身を縮めながら付き合う、親二人。


優しい顔のお馬さん。
お久しぶりです^^

最後は決まって

そり。


目を輝かせてすべっては


また登って行くユウを
黒幕と二人で見ながら


いつまで”そり”が楽しいだろうね。
夢中になってるユウの姿に笑ったり


小さかったユウを抱っこして
滑った日を思い出して

”かわいかったねえ”
”今も、かわいいね”

とやっぱり笑ったり



周りで滑る、ユウより小さい子や大きい子を
みて、
寒空の中の無邪気な歓声に

また貰い笑い。


そして、こんな日曜日は何回目だろうねと
手を繋いで、喜んで一緒に居てくれるのは、あと何回かなと

大きくなったユウを喜んだり、ちょっと寂しくなったり。

また春が来る。

ユウが大きくなることも
自分が年を重ねることも
とても有難いけれど


ユウに、妹弟を作れなかったことに、
ちょっと チクンとする。


帰り道、車窓の富士山。


”ユウが、『ふたご』うむからさ。 だいじょうぶ”
なんて突然言う彼女。

”たのもしいねえー”と笑う黒幕。
・・・気持ちが読まれて居たのかな。

いかんいかん。

”ありがとう”と 言いながら
寒さで縮こまっていた背中も心も
伸ばしました。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック