ごめんなさい~~~。
今日もアップが遅くなりました。><

今日の夜食???
アップします^^


今日もシュークリーム。
シュークリーム続きで重ねてごめんなさい。

昨日作った→☆、米粉入りのシュークリームが
とても気に入ってしまいました。

後味ひいちゃう香ばしさに
プレーンなものも作りたくなって、
今日はプレーンな米粉入り生地。



香ばしくて
もちもち。

ぷりぷりカスタードクリームと果物と
相性抜群でした。

***米粉のシュークリーム。 20~25個分

バター・・・60g
強力粉・・・50g
米粉・・・40g
牛乳・・・80cc
水・・・70cc
塩・・・小さじ1/3
卵・・・3個


=米粉カスタードクリーム=

卵黄・・・4個
米粉・・・30g
牛乳・・・400cc
きび砂糖・・・80g



粉糖・・適量


・オーブンの予熱を200度にあげておく

1)シュー生地を作る。鍋に1cm角に切ったバター・水・牛乳・塩を入れ、ひと煮立ちさせる。強力粉、米粉を合わせてふるって加えゴムベラで混ぜる。ひと塊りになったら中火にかけ、チリチリとするまで加熱する。(塊をつぶすように全体に火があたるようにするのがコツです)

2)熱いうちにボウルにうつし、溶いた卵を半量加えて泡立て器で良く混ぜ、更に半量加え混ぜる。なめらかになるまで混ぜ絞り袋に入れる。先端を1cm切り、温かいうちにクッキングシート敷いた天板に直径5cmに絞り出す。霧吹きで水をかける。

200℃のオーブンで15分→150℃に落として25分焼く。
3)カスタードクリームを作る。

牛乳に半量の砂糖、を加え、沸騰直前まで温める。ボウルに卵黄残りの砂糖を入れて泡立て、クリーム色になったら米粉を合わせてふるって加え、ゴムベラで切り混ぜる。
4)上記の卵黄生地に、牛乳を加えよく混ぜ、一度濾してから鍋に戻す。
ゴムベラで混ぜながら中火で加熱。中心まで沸騰したら、清潔なバットに流して、冷蔵庫で冷ます。


シュー生地を半分に切り、カスタードクリームをしぼる。

粉糖をふり、お好みでミントの葉を添える。

***続きは家族日記です。


訪問、ありがとうございます。

皆様良い週末を過ごしていますように。



$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。




さいきん。

最近のユウは
台所大好き。
冬休みや、給食が無い時は
”あーして、こーして”とお願いして
なかなかの右手になってくれています。




端っこ野菜を刻んでくれたり、


これは、先週お友達家族が集まった時→☆。

沢山お料理を作る時は
いくらでも手が欲しい。

手伝ってもらって手が4本になったくらいに、有難かった~~。

ありがと^^


そして、最近は山登り(と言っても、小さな山だけど)も好き。

昨日も寒空の中、近所の大楠山に出かけて


頂上!
前に登った時はこの方面にスカイツリーも見えたんだけど→☆

昨日は見えず。


”きもちいい~~~”
とノビノビするユウを見ていて

こちらも気持ちよくなる。

”ユウと一緒に出来ることが
どんどん増えて嬉しいね。”

と黒幕に話したら、

”いや、もうむしろ、ついていけてないし、
一緒にという感じではないなあ”

と上り坂ですっかり
息の上がった私に 苦笑いする黒幕でした。

そうだなー。
本当に最近は”いっしょ”というよりは
助けて貰うほうが多いかも。

大きくなったユウに。

9歳のユウと
40過ぎの私の 思う
”さいきん”の長さはどれ位違うんだろう。

ユウが感じているより
私が感じている時間の感覚はとてもとても短い気がする。

だって、自分の小学生の時は
”もう年末! もう○○才!”なんて感覚は
無くて、年末年始はいつも楽しくて、おたんじょうびも
心待ちにしていたもんな。

短いように感じる中で、でも しっかり。
彼女の”さいきん”を
目にとどめて、見守って行きたいと思った

陽の短い冬の一日でした。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック