$よめ膳@YOMEカフェ
先週、博多でのお仕事の帰り、明太子を買ってきたので
明太フランスを焼きました。

うしし。
明太子、たっぷり使えるサイズを買ってきたのが嬉しくて。

$よめ膳@YOMEカフェ
パン生地には黒こしょうを混ぜ込んで
明太バターにはバジルも少々。

夏の乾杯向けにもいいなー。
週末に焼けば良かったかな。

$よめ膳@YOMEカフェ
小さく切ると食べやすくて・・・危険!
ついつい手が伸びて食べ過ぎちゃいます。



***明太フランス。 6本分

=A=
強力粉・・・50g
砂糖・・・大さじ1
ドライイースト・・・小さじ1
牛乳(30度位に温める)・・・125cc

=B=
強力粉・・・120g
薄力粉・・・30g
バター・・・7g
塩・・・小さじ1/2

粗挽き黒こしょう・・・小さじ1

=C:明太バター=

めんたいこ・・・50g
バター・・・70g
ドライバジル・・・小さじ1/2
おろしにんにく・・・小さじ1/2

*下準備*
・明太バターを作る。(二次発酵の間でもOK)

P1)室温にもどしたバターにすべて混ぜてラップに包んでおく

$よめ膳@YOMEカフェ
ラップに包んで、冷凍しておくと、
後の作業が楽です。



*作り方*

1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。(捏ねやすい生地です。フランスパン風のざっくりした食感にしたいので、捏ねすぎず、弾力が出ればOK)
直径20㎝に広げ、黒こしょうを散らし、巾着包みになるように生地を重ねモミモミして
黒こしょうを全体に広げる。

生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。

3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして、6個(1個約60位)に分割して丸める。
硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。

4)成形する。
$よめ膳@YOMEカフェ

綴目を上にして、手のひらサイズの円形に広げる(A)
手前から巻いて(B)
綴目を真ん中だけしっかり綴じる(C)
両手の下で転がして長さ25センチの棒状に伸ばす。(D)
同じく残りの生地を成形して、オーブンペーパーを敷いた天板に並べる(E)

5)硬く絞った布巾をかけ、
40度の所で25分2次発酵させる。


6)1,2倍くらいに膨らんだら(写真下右)
$よめ膳@YOMEカフェ

$よめ膳@YOMEカフェ

深さ5ミリくらいの切り込みを入れて(F)
下準準備で作った明太バターを乗せる(G)

200度に予熱をあげたオーブンで
13~15分焼く。


訪問ありがとうございます。
皆様良い火曜日を。

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆

$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆


***続きは家族日記です。




うめぼし。

土曜日干し始めた梅干し。


$よめ膳@YOMEカフェ

毎朝、どんな様子かユウが見てくれていました。
一般的に梅干しを干すのは3日3晩と言うけれど、
最近は陽の光が強いので

目安は
キラキラと お塩の結晶が見えてこればOK
だと母に教わりました。

ユウ、キラキラ確認中。

$よめ膳@YOMEカフェ

ん???手が伸びた???

$よめ膳@YOMEカフェ
あーーー。

味見してる!

$よめ膳@YOMEカフェ

すっぱくて目が覚めた様子^^
昨日の朝の事でした。

$よめ膳@YOMEカフェ
私も幼いころ、母が梅干しを干すの手伝うと言いながら
酸っぱい香りに釣られて、よく”味見”したな。

同じように母に笑われて
同じように”目が覚めたでしょ”と言われたっけ。

梅雨明けの懐かしい風景を
思い出しました。

もっともっと沢山の梅干しを干した実家のベランダの香り、
庭の緑、
鳴き始めた蝉の声、
小さい母の背中、

あの時味見した梅干しを味も。

母の梅干しには、まだまだかないません。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック