$よめ膳@YOMEカフェ
バレンタイン前なので(?)
チョコ味のパン。クグロフ型で焼きました。

クグロフ型に入れると
丸めるだけの成形なのに
かわいい風貌。

$よめ膳@YOMEカフェ

中はチョコチップ、レーズン、そしてカボチャの種。
香りも歯ごたえもいろいろ。
こっくりしたチョコ生地のパンによく合います。


$よめ膳@YOMEカフェ
切り分けて、果物と一緒にいただきます。
チョコ味と果物。冬はこの組み合わせが一層おいしい気がします。

***チョコレーズンのクグロフブレッド。 直径16㎝のクグロフ型1台分


強力粉・・・150g
ドライイースト・・・小さじ2/3
きび砂糖・・・大さじ2
ココアパウダー(無糖)・・・大さじ2

牛乳(30度位に温める)・・・90cc
バター・・・30g

ミックスレーズン(三色のレーズンが一緒になったもの)・・40g
かぼちゃの種・・・20g
チョコチップ・・・40g

*下準備*
レーズンはさっと熱湯をまわしかけ、水けをしっかりふいておく。

クグロフ型の内側に薄くバター(分量外)をぬっておく。(デコボコの溝はしっかり目にぬると模様が綺麗に出ます)

1)強力粉(150gのうちの50g)、イースト、きび砂糖、牛乳(30度くらいに温める。)をボウルにあわせて木べらでよく混ぜる。十分に混ざったら残りの強力粉、塩、バター、ココアを加え一塊りになるまでボウルの中で混ぜる。

2)叩いて、捏ねて、赤ちゃんのお肌のようにツヤツヤになったら、(少し柔らかめですが捏ねやすい生地です。)直径20㎝位に広げて、下準備したレーズン、チョコチップ、かぼちゃの種を散らし、巾着型に包むようにして混ぜ込み、モミモミして全体に馴染ませる。しっかりお尻を閉じて、綴目を下にしてボウルに入れる。
ふんわりラップをして40度の温度の所で20~30分おいて、一次発酵させる。(ちょこちょこ様子を見てください:1,5倍に膨らんだらOK)

3)上から優しく押さえつけ、ガス抜きをしてめなおし、硬く絞った濡れ布巾をかぶせてベンチタイムを10分とる。

4)成形する。
丸めなおして、中央に穴を開けるようにして
クグロフ型にしっかり入れ込む(底がしっかり型に着くように)
2次発酵させる。

5)1,2倍くらいの大きさになったら、(型の1㎝下まで膨らんで来るのが目安。写真右位まで)
$よめ膳@YOMEカフェ


200度のオーブン18~22分焼く。

訪問ありがとうございます。皆様素敵な週末を過ごしていますように




***続きは育児日記です。



札幌 つどーむ会場。



$よめ膳@YOMEカフェ

三連休、雪いっぱいの札幌に来ました。
とっても静かだった→☆千歳から札幌の電車 が別世界へ連れて行ってくれた感じをもっと高揚させてくれました。

$よめ膳@YOMEカフェ
朝早くから、雪まつり つどーむ会場へ。
子供の遊びがいっぱいの会場です。

$よめ膳@YOMEカフェ
最初は、”あれが いい!!”とスノーラフト。

$よめ膳@YOMEカフェ
さ、のるぞー。

$よめ膳@YOMEカフェ
しゅっぱーーつ。

$よめ膳@YOMEカフェ
写真だと、爽快感がイマイチ残らないけど・・・。
冷たい風の中、雪の起伏ある道をひっぱってもらうのは
ジェットコースターみたい。
楽しかったー。

$よめ膳@YOMEカフェ

そして雪の滑り台。


$よめ膳@YOMEカフェ
何度も並びなおして滑ってました。
お尻、冷たそう~~。

$よめ膳@YOMEカフェ
10回近く滑ったら、さすがにお尻が痛くなったらしく、
輪投げコーナーへ。

そして、
$よめ膳@YOMEカフェ
次は竹スキーに挑戦。
ユウが左手に持っているもの。

竹スキーも、スキーも初体験のユウ。

$よめ膳@YOMEカフェ
雪国出身、スキー少年だった黒幕お父さん、
教えるのに真剣、熱心。


$よめ膳@YOMEカフェ
お。さすがにお父さんの子!!
スキーのセンスあるかも!!
と言ったら、親ばかだと 黒幕に笑われたけど・・・

$よめ膳@YOMEカフェ
すぐに一人で滑れるようになりました。

$よめ膳@YOMEカフェ
何度も滑って、楽しそうな顔を見れてうれしい。
来年はスキーデビューもしたいなあ。

寒がりで、スキー下手な私は
家族でスキーデビューの腰が引けてたケド、
でも、この顔見たら、スキー場、行かなくちゃなあ!!!

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック