$よめ膳@YOMEカフェ
栗拾いの帰りに、黒幕が頼んだ小鉢が”美味しかった”
というので、味見させてもらってお家で作ってみました。

ポン酢で炊いたようなキャベツと豚肉。
そして、その煮汁にキャベツの甘みが出ていました。
なるほどー。彼の好きな味っぽい。

酸味が苦手な人も食べられる
さっぱりした煮物です。

昨日の献立は



$よめ膳@YOMEカフェ
秋刀魚の塩焼き。
キャベツと豚肉の梅おかか煮。
茗荷・オクラ・しらすをのっけた冷奴。
枝豆とキムチの茶わん蒸し。

焼栗ごはん
きのこと青ネギのお味噌汁。

$よめ膳@YOMEカフェ
秋刀魚に栗。
まだまだ暑いけど、やっぱり秋は来ています。

***キャベツと豚肉の梅おかか煮。4人分

キャベツ・・・1/2個(500g)
豚バラ薄切り肉・・・150g
だし汁・・・400cc
(なければ水400ccに和風だしの素小さじ1)
=A=
醤油・・・大さじ2
米酢・・・小さじ2
みりん・・・小さじ1

かつおぶし・・・1パック(5g)
梅干し・・・4個

1)キャベツは一口大に切り(芯も入れます。煮汁に香りが出て美味しいです)、豚肉は食べやすい大きさに切り、酒(大匙1:分量外)を加えた熱湯でさっと茹でる。

2)鍋にだし汁、かつおぶし、キャベツを入れて蓋をしてキャベツが柔らかくなるまで中火で煮込む。(キャベツに対して水が少なく感じますが、キャベツから水が出てクッタリします)

3)2に1の豚肉とAを加え一煮立ちさせ、ちぎった梅干しを加えて器に盛る。

*豚肉を別鍋で茹でるのがちょっと手間ですが、こうすると煮汁も飲み干せるさっぱりした味わいになります。

***続きは育児日記です。



夏の教室。

$よめ膳@YOMEカフェ


7月の終わりから、休み明けにかけて
小学校の読み聞かせボランティアの当番でした。

朝の会が始まる前の10分位、
絵本を読むだけなんだけど
汗が滝のように出てきます。

教室の暑さにびっくり。
こんな暑い中で、5時間目、6時間目まで勉強する子供たち、
立ちっぱなしで授業をする先生たち
大変だろうと想像するだけで
また汗が出てきます。

絵本を読み終えて、
”ありがとうございました”と互いに挨拶して

思わずこぼれました。

”暑いねえー”

すると子供たちは笑って

”だって、なつだもん! ”
”今日も30度 こえるって!”

とワイワイ楽しそうに答えてくれました。

”すいとう、あるよ? のむ?”
”ぼくは、おちゃだよー。こおりいり、あげるよ?”

と冷たい飲み物を差し出してくれたりして。
ユウは、帰宅すると大きな水筒もいつも空っぽです。
きっと大切な貴重な冷たい飲みもののハズ。

・・・なのに、ありがとう^^

みんなの爽やかな優しさに、汗だくでダランとしていた私も
気持ちよく教室を去りました。

私も頑張らなくちゃー!!

読み聞かせの朝の10分は毎回いいお土産を子供たちから沢山もらいます。

今日はお家の冷たいお水美味しさを楽しみに帰りました。
夏の日差しのまぶしさを楽しんで帰りました。
汗かいた体に時々感じる風を気持ちよく受けて帰りました。


写真はまたまた全然関係なくて
いつかの週末にスーパーボールすくいの練習をした黒幕とユウ。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック