$よめ膳@YOMEカフェ
黒糖とレモンってなんとなく、夏らしいかなーと
組み合わせてパンを焼きました。
クグロフ型で焼いたら、しっとりした焼きがありに。
バターや卵のたっぷり入るリッチな生地ではないけれど
そこも、夏向き♪と勝手に思っています。

$よめ膳@YOMEカフェ
切ったらこんな感じ。
渋い黒糖の色と香り。レモンの酸味によく合います。

冷やして食べても美味しいです^^



***黒糖とレモンのクグロフブレッド 直径16㎝のクグロフ型1台分

強力粉・・・150g
ドライイースト・・・小さじ2/3
黒糖・・・大さじ3

水(ぬるま湯:30度位)・・・80cc
バター・・・15g

レモンピール・・・40g

*下準備*
レモンピールは細かく刻んでさっと熱湯を通して、水気をしっかり切っておく。
クグロフ型の内側に薄くバター(分量外)をぬっておく。(デコボコの溝はしっかり目にぬると模様が綺麗に出ます)

1)強力粉(150gのうちの50g)、イースト、黒糖、水(30度くらいに温める。)をボウルにあわせて木べらでよく混ぜる。十分に混ざったら残りの強力粉、塩、バターを加え一塊りになるまでボウルの中で混ぜる。

2)叩いて、捏ねて、赤ちゃんのお肌のようにツヤツヤになったら、(少し柔らかめですが捏ねやすい生地です。)直径20㎝位に広げて、下準備したレモンピールを散らし、巾着型に包むようにして混ぜ込み、モミモミして全体に馴染ませる。しっかりお尻を閉じて、綴目を下にしてボウルに入れる。
ふんわりラップをして40度の温度の所で20~30分おいて、一次発酵させる。(ちょこちょこ様子を見てください:1,5倍に膨らんだらOK)

3)上から優しく押さえつけ、ガス抜きをしてめなおし、硬く絞った濡れ布巾をかぶせてベンチタイムを10分とる。

4)成形する。
丸めなおして、中央に穴を開けるようにして
クグロフ型にしっかり入れ込む(底がしっかり型に着くように)
2次発酵させる。

5)1,2倍くらいの大きさになったら、(型の1㎝下まで膨らんで来るのが目安。写真右位まで)
$よめ膳@YOMEカフェ



200度のオーブン18~22分焼く。



***続きは育児日記です。



ぶどう狩り。

8月最後の金曜日は
ユウと実家へ。
$よめ膳@YOMEカフェ
まずは、大きいおばあちゃんに挨拶。
”ざんしょ、おみまい もうしあげます。”

$よめ膳@YOMEカフェ
メダカさんにも
”あついねえ。”

甥っ子とも実家で待ち合わせをしました。(甥っ子オムツ変え中・・・お行儀悪いかっこでごめんなさい)

そして、母と妹、甥っ子、ユウ、私で

$よめ膳@YOMEカフェ
毎年恒例、実家の近くでの(去年→☆ 一昨年→☆)ぶどう(時期によっては梨)狩り。


$よめ膳@YOMEカフェ
さあ、おいしいぶどう、お土産にするぞー♪

こうして見ると、ユウ大きいなあ。大きくなったなあ。

$よめ膳@YOMEカフェ
広いところ、お外、必ず子供は走ります^^
ユウも走るけど、
男の子は疾走感(?)が違うというか・・・

早い早い!!

$よめ膳@YOMEカフェ
男の子が走り回る中
女子はしっかり、ぶどう狩り。


$よめ膳@YOMEカフェ
ここのぶどう園は、斜面にあって
坂の上のほうなら、ユウ一人でも収穫出来ました。

$よめ膳@YOMEカフェ
2歳の甥っ子は、抱っこと、ぶどう支え係も必要。
沢山の人に支えられつつ、”やー!!”って言いながらぶどう狩りする彼^^



$よめ膳@YOMEカフェ
いっぱい採れたよー。
(甥っ子の足、なんだか楽しそう♪)

よめ膳@YOMEカフェ
食べ物の為なら逞しい7歳女子。

$よめ膳@YOMEカフェ
瑞々しいぶどうの名前は ”ふじみのり”。
ぷりぷり。大粒で

$よめ膳@YOMEカフェ
美味しかったです♪

味覚狩りのご馳走は
小さな手と たわわな果物
小さな口と 瑞々しい果物。

セットだと一層、かわいく、美味しく映る気がします^^

かわいい顔、美味しい顔、ありがとう!!
まだまだ暑い日が続くけど、甥っ子も元気でね。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック