$よめ膳@YOMEカフェ
甘みと雑穀の組み合わせ、いろいろ。
まだMYブーム続いています。
今回は、黒糖とオートミール。
小さく作ってそのままパクパク。
軽く焼いて、バターを塗っても。バターの塩味と黒糖の甘みの組み合わせが
スナックみたいで、とまりません♪

$よめ膳@YOMEカフェ
オートミールと黒糖の帽子はカリカリ。
バンズパン(→☆)に似た見た目。
シンプルでかわいいなあと思います。


$よめ膳@YOMEカフェ
黒糖ならではの、陽に焼けたような(?)優しい茶色の生地。
かじると、ふんわり黒糖が香ります。




***黒糖とオートミールのミニパン。 ミニサイズ12個分

強力粉・・・130g
薄力粉・・・40g
オートミール・・・20
水(ぬるま湯:30度位)・・・100cc

黒糖・・・大さじ3
ドライイースト・・・小さじ2/3

バター・・・20g
塩・・・小さじ1/3

オートミール(仕上げ用)・・・大さじ3
黒糖・・・仕上げ用・・・大さじ2


1)強力粉(130gのうちの50g)、イースト、黒糖、水(30度くらいに温める。)をボウルにあわせて木べらでよく混ぜる。十分に混ざったら残りの強力粉、薄力粉、オートミール、塩、バターを加え一塊りになるまでボウルの中で混ぜる。

2)叩いて、捏ねて、赤ちゃんのお肌のようにツヤツヤになったら、(少し柔らかめですが捏ねやすい生地です。)しっかりお尻をとじて、綴目を下にしてボウルに入れる。
ふんわりラップをして40度の温度の所で20~30分おいて、一次発酵させる。(ちょこちょこ様子を見てください:1,5倍に膨らんだらOK)

3)上から優しく押さえつけ、ガス抜きをしてめなおし、12個に分割して硬く絞った濡れ布巾をかぶせてベンチタイムを10分とる。

4)成形する。
丸めて、再度オートミールと黒糖をまぶし
しっとりした生地なので、卵やオイルを塗らなくてもくっつきます。ボウルにオートミールと黒糖を別々にいれて、パン生地の頭をくぐらせるようにして(押し付ける感じ)で付けます。
オートミールを先に付けないと、黒糖がついてからだと、しっかりくっつかなくなります。


2次発酵させる。

5)1,2倍くらいの大きさになったら、(写真右位まで)
$よめ膳@YOMEカフェ

190度のオーブンで8~12分焼く。



***続きは育児日記です。



姪っ子とユウ。

再び、姪っ子Sちゃんが遊びにきてくれました^^(初回、Sちゃんお泊り→☆)
私は終日撮影だったので、黒幕父さんと3人で海へ。
$よめ膳@YOMEカフェ

いってらしゃーーい!

以下、海の写真は黒幕撮影。

$よめ膳@YOMEカフェ
お父さんの操舵するヨットで、レッツゴー。

$よめ膳@YOMEカフェ
海から空へ伸びる帆はユウが撮った写真だそうです。
彼女たちが見上げた帆が見れたようで嬉しい。

$よめ膳@YOMEカフェ
気持ちよさそう♪
私も行きたかったなあー。

でもね。私も
$よめ膳@YOMEカフェ
昨日ご一緒させてもらったカメラマンさんは
宝島社の本の撮影でずーーっとお世話になってるNさん。

$よめ膳@YOMEカフェ
ユウが2歳の頃から知ってます。
この写真はユウが年中さん位の時かなー。
おかっぱ頭が懐かしい。

楽しい嬉しい撮影でした^^

$よめ膳@YOMEカフェ
海から帰って来た、ユウを見て
”大きくなったねえ!”と喜んでくれるNさん。

子供2人と”モモクロ”談義に花を咲かせて(?)居ました。
モモクロ話に年齢の垣根はありません♪


$よめ膳@YOMEカフェ
夜は花火。
夏休み、あと何回花火が出来るかな。

$よめ膳@YOMEカフェ
この後、山まで星を見に。
快晴だった晩は、降るほどの星が見えました。
満点の星よりも
夜空を見上げた、二人の顔をうっとり眺めたYOMEおばちゃんです♪



$よめ膳@YOMEカフェ
家に帰って何故か泳ぐ練習をする二人。
並んで寝たのに・・・

$よめ膳@YOMEカフェ
翌朝はこんな^^
何度見ても、子供の寝顔が並ぶ姿は幸せです。

$よめ膳@YOMEカフェ
朝は近所のパン屋さんで

$よめ膳@YOMEカフェ
のんびり朝ごはんを一緒に食べました。

$よめ膳@YOMEカフェ
帰るまでずっと仲良く遊ぶ二人。
互いに笑って、楽しそうに
頭を寄せて何をしているのかと思ったら

$よめ膳@YOMEカフェ
ビーズ入りシールを作ってくれていました♪

”おせわになりましたー”と言って。
Sちゃんありがとう!大切にするね。

また、いっぱい!遊びに来てね。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック