$よめ膳@YOMEカフェ
蕪をじっくり焼くと、甘くておいしい!
焼き蕪のおろし蕪和え→☆は冬の定番^^
昨日はごま油でじっくり焼き付けて、お醤油とみりんで薄目に味つけ。
香ばしくて甘い。蕪、おいしいなー。

昨日の夕ご飯は
$よめ膳@YOMEカフェ
頂いたツバスを昨日は照り焼きに。大根おろしと一緒で冬の味!
蕪のじっくりキンピラ。
小松菜、人参、三つ葉のお浸し。
めかぶ。

きのことお豆腐のお味噌汁
玄米ご飯。

***蕪のじっくりキンピラ。

蕪・・・大き目のもの4~5個
ごま油・・・大さじ1
醤油・みりん・・・大さじ1
蕪の葉・・・3個分

1)蕪は皮つきのまま大き目のくし切りにする。
2)フライパンにごま油を熱して蕪を中火でじっくり焼く。(あまり動かさずしっかり焼き色を付けるのがポイント)
3)蕪が透き通ってきたら、(竹串がすっと通る位。予熱でも火が入るのであまり柔らかくしなくても)お醤油とみりんをまわしかけ、蕪の葉を加え炒める。

お好みで七味唐辛子、または糸唐辛子を添える。

***続きは育児日記です。

よめ膳@YOMEカフェ





*運動会の後*

運動会が無事終わって、いつも通りの学校が始まっているユウ。
昨日もお友達と一緒に帰ってきて
引き続き、まだ運動会の練習をしていました。

笛を吹いて、よーいどん!
洗濯かごに 玉入れ。(玉は無いので、エアー玉入れ。)
準備体操も、応援も、踊りも
何度も繰り返しています。

”たのしかったよねー”
”がんばったよねー”
うっとり二人で振り返っています。

そっか。そっか。良かったねえ^^

”毎日、うんどうかい なら いいよね”
”6ねんせい に あえなくなっちゃうし、さみしいよね”

・・・楽しかったんだなあ。
キラキラお喋りしている姿を見て
充実していたのであろう、練習の日々を想います。

運動会はもちろん1年に1回
来年までありません。
そう考えると親の私もやっぱり寂しいような。

そういえば、文化祭とか体育祭とか、部活の試合とか。
本が出来た時、色んな人と取り組むお仕事の後。
頑張った後は、そんな気持ちになる。

寂しいのは頑張った証拠でもあるのかな。

寂しいような爽快感。
そして充実していたからこその、寂しさ。

いいな。
私も頑張ろ!

6歳二人の運動会の後の様子に
元気いっぱいもらっています。

ありがとう。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック