よめ膳@YOMEカフェ


今日は朝からお出かけ予定なので
出先で食べられるようなパンを作りました。
片手でパクパク食べられる、ねじねじパン。

生地には胚芽も加えて香ばしく。
家族みんな大好きなバジルもいれました。
よめ膳@YOMEカフェ
ねじねじ楽しい♪

***バジルベーコンのねじねじパン。 8本分

強力粉・・・130g
薄力粉・・・30g
小麦胚芽・・・10g
水(ぬるま湯)・・・100cc

インスタントドライイースト・・・小さじ1
砂糖・・・大さじ1

塩・・・小さじ1/3
オリーブオイル・・大さじ1

ドライバジル・・・小さじ1
ガーリックパウダー・・・小さじ1/3

ベーコン 8枚

1)強力粉(130gのうちの50g)、イースト、砂糖、水(ぬるま湯 30度くらい)をボウルにあわせて木べらでよく混ぜる。十分に混ざったら残りの強力粉、薄力粉、小麦胚芽、塩、オリーブオイルを加え一塊りになるまでボウルの中で混ぜる。

2)叩いて、捏ねて、赤ちゃんのお肌のようにツヤツヤになったら、直径20センチの円形に広げバジルとガーリックパウダーを散らし、巾着を包むようにして混ぜ込む。
しっかりとお尻をとじてボウルにいれて、ふんわりラップをして40℃で20分一次発酵させる。(ちょこちょこ様子を見てください:1,5倍に膨らんだらOK)

3)上から優しく押さえつけ、ガス抜きをしてめなおし、10個に分割して硬く絞った濡れ布巾をかぶせてベンチタイムを10分とる。

4)成形する。
$よめ膳@YOMEカフェ

戸閉を上にして、面貌を当てて
ーコンの長さより、上下1センチづつ長いだえんけいに伸ばし、
ベーコンをのせて、(A)端から巻く。(B)

$よめ膳@YOMEカフェ
巻き終わりをしっかり綴じて(C)
上1センチを残してスケッパーで半分に切り(D)
$よめ膳@YOMEカフェ
くるくるねじって(E)
先の生地を重ねてしっかりとめる。(F)

ねじねじの形が落ち着くように、上から優しく抑える。

硬く絞ったぬれ布巾をかけて
40度の場所で15分2次発酵させる。
(1,2倍位に膨らんだらOK.夏場はもっと時間が短くても大丈夫です。
あまり発酵させてしまうと、パンのサクサク感がなくなってしまうので中尉~~。)

*焼く前に綴目がはがれたりしていたら(ベーコンの油脂ではがれやすいので・・・)
この時に綴じておきます。

220度に予熱を上げたオーブンで10分~12分焼く。

***続きは育児日記です。



よめ膳@YOMEカフェ




*くじゃく*

$よめ膳@YOMEカフェ

ずっと週末の天気予報は雨だったけど、
土曜の朝が来てみたら、曇り。
わーい!!


暑くもなく、適度に風もあって気持ちいい。
出かけた先は
$よめ膳@YOMEカフェ
動物園。

$よめ膳@YOMEカフェ
レッサーパンダ、かわいい^^
沢山のカメラを向けられていました。

しかし、お父さんと娘は

$よめ膳@YOMEカフェ
ワニとか、動物の骨のレプリカとか、


$よめ膳@YOMEカフェ
コンドルやライオンのお食事風景に夢中です。

以前よく通った動物園には
象さんとか、おさるさんとか、優しい動物がメインだったから???
猛獣系に魅了されていました。

$よめ膳@YOMEカフェ
”1個だけね”とお願いして
数ある、動物ガイドから選んだのは
ツキノワグマ。

”きのぼり、とくいなんだってー”

勉強になりますねえ^^

”おしえてもらおう!”

・・・それは無理だと思います。






$よめ膳@YOMEカフェ

あ!!!!!

$よめ膳@YOMEカフェ

白い孔雀さん、発見。
”きれーい”
”しろーい”
”かわいいー”
”ながーい”という娘。


”こんな所にいて、大丈夫?”というお父さん。


そして!!
$よめ膳@YOMEカフェ

羽を広げてくれました。
広げたあとは、360度クルクル孔雀さん自身でまわり
十分シャッターチャンスもありました。

嬉しい^^

今は孔雀の恋の季節。
園内を歩き回って、よく羽を広げてくれるのだそうです。
動物園のHPで見て、
雨が上がったら絶対絶対見に行きたい!と思っていたのです。
娘に見せたい。どんな顔をするだろう。というのも
大人になってからの動物園の楽しみの大きな一つだったりもします。



$よめ膳@YOMEカフェ
青い孔雀さんが羽を広げたところは残念ながら
見れなかったけど、

孔雀さんのお蔭で
娘のいい顔も沢山見れました。


$よめ膳@YOMEカフェ
はしゃぎ過ぎて、最後はおんぶ。

お父さん、お疲れ様でした。
楽しい土曜日をありがとう。
くじゃくさんもありがとう。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック