訪問ありがとうございます。$よめ膳@YOMEカフェ

レシピ検索はこちらのページにまとめています。
日々の感謝をこめてプレゼント企画も色々実施中♪
良かったら覗いて下さい。→☆




$よめ膳@YOMEカフェ

豆パンが好きで時々無性に食べたくなります。
仕込み水は牛乳。ミルクの香るもっちり生地。
一緒にゴマもいれました。



よめ膳@YOMEカフェ
この陶器のパウンド型を見てたらそんなパンが似合うかな なんても思って。

香ばしいぷちぷち感と甘い豆の組み合わせが良いのです♪

マメゴマってなんだか、パンの名前じゃないみたい^^
そのまま、お豆と胡麻の食パンです。
$よめ膳@YOMEカフェ

まめ と ごま の切り口。
イラストに描くような山型食パンみたいな形に憧れています。
帽子をかぶったみたいな、食パンの切り口に。

道は長いなあ・・・。

***豆胡麻食パン 1台分



強力粉・・・230g
全粒粉・・・30g
三温糖(砂糖でもOK)・・・大さじ2・1/2
バター(室温に戻したもの)・・・20g
白神こだま天然酵母・・・10g
ぬるま湯・・・大さじ2
牛乳(人肌位に温めたもの)・・・150cc
塩・・・小さじ1/4

煮豆(市販のものでOK)・・・80g
白ごま・・・50g

*下準備*
・白神こだま天然酵母は、大さじ3のぬるま湯とあわせて10分おく。
・煮豆はしっかり水けを押さえておく。

1)強力粉(230gのうちの50g)、下準備した天然酵母、牛乳、三温糖、をボウルにあわせてざっと混ぜ、十分に混ざったら残りの強力粉、全粒粉、塩、バター、ごまを加え一塊りになるまでボウルの中で混ぜる。

2)叩いて、捏ねて、赤ちゃんのお肌のようにツヤツヤになったら、直径20㎝位に広げて、下準備した煮豆をやさしく揉みこむ。(煮豆はつぶれやすいのでパン生地で包む感じに混ぜ込みます。)
しっかりとお尻をとじてボウルにいれて、ふんわりラップをして40℃で20分一次発酵させる。(ちょこちょこ様子を見てください:1,5倍に膨らんだらOK)

3)上から優しく押さえつけ、ガス抜きをして3等分して丸めなおし、乾いた布巾をかぶせてベンチタイムを15分とる。

4)丸めなおして
10x15センチの長方形に広げ、
手のひらサイズに広げ
よめ膳@YOMEカフェ

手前から巻いて
よめ膳@YOMEカフェ

巻き終わりをしっかり綴じて
よめ膳@YOMEカフェ

半分に折る。
よめ膳@YOMEカフェ

$よめ膳@YOMEカフェ
折り曲げた部分が上になるように型に並べる。


2次発酵
40℃で10分位:1,2倍くらいに膨らんだらOK

5)190度に予熱を上げたオーブンで
25~30分焼く。

***続きは育児日記です。



かまくら祭り。

昨日は、お昼にちょこっとスカイツリーに挨拶したのち
(そういえば、初めてみましたー)


$よめ膳@YOMEカフェ

北へ来ました。
雪の残る山道。
$よめ膳@YOMEカフェ

湯西川温泉に到着です。

よめ膳@YOMEカフェ
宿のお部屋に、おこた。
うれしい。

“さむいですねえ”
“そおですねえ”

$よめ膳@YOMEカフェ
そして、おこたご飯♪

よめ膳@YOMEカフェ
そしてそして、夜のお散歩。
“かまくら祭り”を見に来たのです。
$よめ膳@YOMEカフェ


とりあえず・・・
$よめ膳@YOMEカフェ

並んだかまくら には
$よめ膳@YOMEカフェ



全部入ってみる二人。
$よめ膳@YOMEカフェ

そして
$よめ膳@YOMEカフェ

雪とろうそくの道を進んでいくと


よめ膳@YOMEカフェ
夜の雪の上に無数の灯り

$よめ膳@YOMEカフェ
この灯りも かまくら。


$よめ膳@YOMEカフェ
このかまくら、こんなに小さいのです。

なでなで する娘。

$よめ膳@YOMEカフェ
灯りはろうそく。
全て手作業で点灯されるのだそうです。

ゆらゆら 揺れる灯りが幻想的。

$よめ膳@YOMEカフェ
どこまでも続いています。

ふと空を見上げたら、かまくらの灯りに負けないくらい
満天の星も。

$よめ膳@YOMEカフェ
見入ってしまう。
かまくらの灯りに。
空の星に。
娘の顔に^^

なかなか帰れません。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック