訪問ありがとうございます。$よめ膳@YOMEカフェ

レシピ検索はこちらのページにまとめています。
日々の感謝をこめてプレゼント企画も色々実施中♪
良かったら覗いて下さい。→☆





$よめ膳@YOMEカフェ


白花豆を沢山いれて、わらびもちを作りました♪
わらびもち自身には余り甘みをつけず、煮豆の甘さでいただきます。

$よめ膳@YOMEカフェ

わらび餅に煮豆を乗せるのではなく、
もち生地から”ぷるん”と出てくるのが楽しいのです。



昔、名古屋に住んでいた時に、
炎天下の中”わらび餅”屋さんが車でまわってくるのが夏の風物詩でした。
”いしやーきいもー♪と”同じメロディで
”わらびーもちー♪”って来てくれます。
あれ、また食べたいな。聞きたいな。

東京や神奈川では見かけたことないです。

***豆入りわらびもち。14x22x2㎝のバット1台分
=A=
わらびもち粉・・・100g
三温糖・・・大さじ1
水・・・600cc

白花豆(甘く炊いたもの)・・・150g
=B=
きなこ・・・大さじ2
三温糖・・・大さじ1

1)鍋に(できればテフロン加工で)Aをあわせてよく混ぜる。、わらびもち粉が溶けたら
中火にかけて、透明になるまでなべ底を静かにかきながら煮詰める。

*時折、ダマが出てきたりしても煮詰めるうちに滑らかに透明になります。
20分くらいかけてしっかり煮詰めます

2)白花豆を加えてザックリと混ぜ、さっと濡らしたバットに流しいれ
冷蔵庫で冷やし固める。

3)好みの大きさに切り分けあわせたBをふりかける。




***続きは育児日記です。





よく眠りました!!

昨日は午後から撮影。
午前中少し遊びに出かけ、
”午後はお仕事、おつきあいお願いします!”という気持ちで挑んだものの
娘を楽しませながら作業を進めるにはそれなりに気合が必要。

休日のお仕事、少し緊張して迎えました。

でも・・・

$よめ膳@YOMEカフェ

珍しく、お昼寝。

編集Kさんが来る前に、すやすや眠って
結局撮影が終わる5時過ぎまで寝てました。

4時間のガッツリお昼寝。

連日プールへ出かけたし、
帰省、お泊り保育も重なっていたから
長いお昼寝も納得。

その間に、しめしめ・・・と
作業させてもらいました。

もしかして、気を使ってくれた?と思うほどよく寝ていました。
どちらにしても ありがとう!!

お昼寝が終わったら
充電完了!

$よめ膳@YOMEカフェ

海の家に繰り出しました。

$よめ膳@YOMEカフェ
私:”かき氷、きたよー!”
ゆう:”はやいねえ!”


$よめ膳@YOMEカフェ
食べたらまた遊ぶ。


$よめ膳@YOMEカフェ
昨日は雲が厚くて日が沈むのは見えなかったけれど
やっぱりきれいな夕焼け。


$よめ膳@YOMEカフェ
おうちに帰って、ちょっとだけ花火。

お昼寝の後だったけれど
いつもより、少し遅いだけで9時には就寝。
やっぱり疲れていたんだなあ。

お疲れ様。
ありがとう。

久々のお昼寝の顔もありがとう。






コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック