この料理の名前・・・解りやすいのか、解りにくいのか・・・。

ちょこっと残った豚小間肉を生姜焼きにして、里芋と和えました。
里芋にはちょっとお味噌をあわせています。

里芋をつぶしてから混ぜるので、さつまいもの煮物より、ツリツル滑らなくて子供にも
食べやすいです。
里芋のねっとり甘い感じ、他のお芋では出来ないなあと
ちょこちょこつつきながら、飲みました。

献立はこんなでした。

鰤の照焼。
生姜焼き・里芋味噌和え。
春雨のきんぴら(楽ちんレシピ)

ワカメとお豆腐のお吸い物。
白いご飯。

***生姜焼き・里芋味噌和え。 4人分

里芋・・・正味500g
豚小間・・・200g
味噌・・・大さじ1


=A=
醤油・みりん・砂糖・・・各小さじ1
おろし生姜・・・小さじ1

1)里芋は皮をむいて洗い、茹でるか電子レンジに10分ほどかけて柔らかくしてつぶし、味噌をあわせる。
2)フライパンにサラダ油少々(分量外)を熱し豚小間を炒め、余分な脂を拭き取ってAを絡める。
3)1と2をあわせ、好みで青ネギの小口切りを散らす。

*お味噌のところへすこーしマヨネーズを足したり、
おろしにんにくを加えると、よりお酒のおつまみ風になります。

*これを丸めて衣をつけて里芋のコロッケにしてもおいしいです。


***ロッテさんの”363日のHappydays”カスタードケーキを使った簡単レシピ更新しています^^
今回はカスタードケーキを焼いています。さてどんな食感になるでしょう♪
良かったら覗いてください♪→☆


***続きは育児日記です。
***結局・・・。

昨日のシシケバブ(風)とお弁当を持ってどこへ行こうか~~と悩んでいたのだけど、


結局・・・ウチの屋上で食べました。

夏の暑さ対策のために黒幕と私とちょっと娘で、ウッドデッキを敷いています。
作業の途中に
”おなか、すいたー”と、娘。

1/4位敷いたところで、お弁当。

昨日は風がそよそよ。
労働の後の風と、ご飯と、ビール。
何よりの御馳走です♪



娘も、大きな口で、ケバブをもぐもぐ。

山の上からまたしても、トンビが狙っておりました。


大きなBBQセットを買おうかとか、
キャンプ用の椅子をもっと増やそうかとか、
ビニールプールを新調しようかとか・・・

GW,夏休みの予定を親の方が張り切って話し合い中。

裏山を見ながら
”ゆーちゃん、ずっと ここに いたいなあ。
おやま みて、 ふじさん みて、 うみ みて、
やっほーっていったりするの。

それが すきなんだー”

・・・そうか。よかった。よかった^^

”おとーさん、おうち を ありがとう。
おやま を ありがとう。ふじさんも、ありがとう。うみ も ありがとう”

・・・裏山や富士山や、海はウチのものではないけどね。

でも嬉しい言葉。
目頭抑える黒幕です。



おうち、ありがとうって私もちゃんと伝えていかなければ。
ストレートに表現する4歳に感謝と敬意。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック