鱈をタラコで煮たのでたらたらこ。
味付けは塩のみです。

でも、鱈から、タラコから、油揚げから出るお出汁だけで、びっくりする位美味しい。
煮汁までしっかり飲み干し、”はー。”と声を揃える娘と私です。

26日からお仕事お休みの方も多いのでしょうか。
今年もお疲れ様でした^^

黒幕さんは、毎年30までお仕事なので、ウチはまだまだ平日モードです。二人の夕飯。
献立はこんな。


たらたらこ。
カボチャの蜂蜜で炊いたの。
ブロッコリーとシメジのゴマ和え。
先日少し残った牛のたたきを海苔とポン酢で和えたの。

キャベツのお味噌汁。
白いご飯。

いちご。

***たらたらこ。

生鱈・・・2切れ
たらこ・・・1/2腹
油揚げ・・・1枚
=A=
水・・・1カップ
酒・・・小さじ1

塩・・・少々

1)油揚げは短冊切り、鱈は一口大に切る。
2)鍋にAを合わせて煮立て、鱈を加えアクを引いたら油揚げを加える。
たらこをほぐして加え、塩で味を調える。

*お好みで生姜の千切りを添えても。
*大人なら柚子胡椒で調味してもおいしいです。

***下記事に、”ベネッセBonmerci!で、おもてなし料理”を書いています。
良かったら覗いてください^^

***続きは育児日記です。
***冬の星。

昨日は午前中から元気に公園で遊んだからか、めずらしくお昼寝を2時間くらいした娘です。
夕方に5時に気持ちよく目が覚めて、”おなかすいたー”と食卓に座りました。

早々にご飯を食べて6時からお買い物へ。

年末の夕方のスーパーは大正解。
空いてて、のんびりお正月のお買い物が出来ました。

6時とはいえ、もうウチの周りは真っ暗。
空を見上げると星がいっぱい見えました。

”すごーーい!すごーい! ひゃくばんぼし くらい あるーー!”と
娘は大興奮。

普段は夕方6時と言えば、ご飯食べて、お風呂に入れて、
バタバタと寝る準備をしてるから、こんな風に冬の夜空を見上げたことって
引っ越してからなかったなあ。

こんなに星が見えるのに。

ゆっくりお風呂に入って、布団の上でまた窓から見える星を二人でみました。

ゆう:”おかーさん、ながれぼしってみたことある?”
私:”あるよ^^”
ゆう:”なんさい の とき?”
私”初めて見たのはねえ、14歳の時。中学生の時”
ゆう:”いいなあ。いいなあ。ゆーちゃんも、じゅうよんさい に なったらみえる?”


14歳まで待たなくても見えると思うよ。
一緒に見れたら嬉しいなあ。


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック