レシピはこちらです。HPへ。→(続きに書いています。HPへは後日UP☆)

ごくごく普通の筍ご飯です。春にはやっぱり定番から♪
先日、荻窪銀花さんの甘庵さんに、炊きたての筍を頂いて早速作りました。今はスーパーで真空パックのものがいつでも買えるけど、新鮮な筍は、香りも味も歯ごたえも全部贅沢な味わいです。

娘は不思議そうに木の芽をつまんで眺めてから、無心でほうばって居ました^^。美味しい筍の味、覚えてほしいなあ。

***パチンコ。
駅前のパチンコ屋サンには、沢山の花輪や、風船、お決まりのネオンがあって、2歳の娘は毎回気になる様子。”ここ、なあに?ゲーム?”って聞くので、”パチンコ屋さんって言うんだよ。”って返したら、”パチンコ屋さん、行きたい!”って目を輝かせるようになりました・・・☆(-_-メ)

YO:”ゆうゆう、パチンコ屋さんは大きくなったら、18歳になるまで入れないんだよ。”
ゆう:”大きくなったら、絶対パチンコ屋さん行こうね!絶対一緒にパチンコ屋さんに行こうね!”

気合入ってます・・・。いつか行こうね。約束は守るよ。YOME母ちゃん。

皆が素敵な週末を過ごしていますように。




***筍ご飯

筍・・・ 1本
油揚げ・・・1枚
米・・・3カップ
だし汁・・・3カップ
酒・・・大さじ2
塩・・・小さじ1
醤油・・・大さじ1
木の芽・・・適量

1)筍は、糠(ぬか)ひとつかみ、赤唐辛子を加えた水で1.5時間から2時間ゆでる。(根元に竹串を刺して、すっと入ればOK)

茹で汁につけたまま冷まし、皮を剥く。


2)1の筍を穂先はくし切り、根元の部分は食べやすい大きさに切る。

3)油揚げは3センチ長さくらいの細い千切りにする。

4)炊飯器、または鍋に、水、だし汁、酒、醤油を加え軽く混ぜ、2と3を米の上に乗せて、ご飯を炊く要領で炊く。
(鍋の場合。。。沸騰するまで強火→弱火に落として12分→強火にしてゆっくり10秒数える→ふたをしたまま10分、蒸らす)


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック