夏はお素麺ですよね~~。麺を茹でて冷水で洗っているうちに少し淵が透き通ってくると、おいしそうで、もう1束ゆでればよかったかな。なんてお腹がなります。今日はちょっと変わっためんつゆです。干し海老と干し貝柱をそれぞれ水4カップに漬けて一晩ゆっくりお出汁が出るのを待ちます。次の日、しょうゆ大さじ4、みりん大さじ1を加えて一煮立ち。濾してから冷たく冷やします。ものすご~~く海老で、ものすご~~く帆立です。海老は濃厚でうまみたっぷり。お酒の間やアトで出すと感動されちゃいます。帆立は優しい味。かつお出汁よりも柔らかい香りにほっとします。どちらも麺と一緒に飲み干せてしまうほど塩分は控えめですが、香りで素麺、つるつるいけちゃうんです~。技術は何にもいらないのに感動の香り。乾物ってすごい!! 干し海老は中華材料屋で売っているものを使います。間違っても”干し桜エビ”ではありません~。ウチで食べて感動してくれたHが家で桜海老で作って大失敗だったって。
レシピはこちらです。HPへ。→



こちらの過去記事へのトラックバック1件



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック